Back to top
Share

“The Same Day” 「同じ一日」

Yoko Katz October 20, 2019 0 comments

Despite my hardship of passing days these days, my schedule is practically the same. I teach, meet friends, spend some time with my family, and the only addition is to go to doctors’ offices. Physically, I feel perfectly normal, with no pain at all. I wish that this bad news were in my nightmare that I would wake up soon. I really really really hope so. (JP: 日本語は英語の後で)

(I have received so many massages, I have been reading every one of them. I am sorry I had not been able to respond to each one of them. All means a lot to me more than ever today. Thank you so much. I hope to get back to each one of them, I will try. Thank you thank you thank you. )

After numerous photo shooting, I started smiling a lot!
いっぱい写真撮ってたら、そのうち笑顔になってきた。

In June, my friend and I had bought concert tickets for Sunday, October 6. It was the same weekend that I was told I had cancer spread to the bones. I went to see the show. On the way, she shared with me a beautiful saying that she had heard from an elderly lady when she was working as a social worker awhile ago. Details of this story I am writing here are vague, but the point is clear.

My friend was visiting her regular client one day, an elderly lady who always looked happy and peaceful. This lady pointed her at another elderly lady, who looked always sad and miserable. The happy elderly lady said, “it is a day, whether you try to spend happy or feel sad all the time. I chose to spend a day happy.”

It kept me thinking and I try to cling to it. It requires some forces to do, but it is a good way to pass a day.[ 2 days later, Tuesday, October 8 ] I would pass this day and how can I put a smile back on me. I decided to wear a hat that I made in my very first millinery course as an assignment: an experimental hat. I shaped an actual shell into the hat. For the last 4 years, I had no nerve to wear it outside of the classroom. I decided to spend the day dressed up in this very unique hat to make the entire outfit. It was fun. I got a lot of compliments in public and at school. It made a whole fun day. Behind the scene, I had slept for only 2 hours, then came to school to teach two 3-hour courses. I really felt sh*tty and I felt miserable and crying here and there with colleagues. 

Another good friend wanted to see me on campus after my teaching, knowing she is a great photographer, I asked her to bring a camera to take pictures of me.

I felt so sh*tty but it was important to document this.

あんまり気分は乗らないんだけど。

I started having fun after numerous photo shootings.

段々 調子に乗ってきている(笑)

People passing by were telling me how cool I looked and how they liked the hat!

写真を撮っていると 横を通っていく人が、かっこいいだの 素敵な帽子だの いろいろ言うから にっこにこになってきた(笑)

Yes, I had to pass a day feeling drowning inside, but I did it in my way to bring a smile back on my face as well as to other people who saw me that day. I saw a lot of people smiled at me and some even took pictures of me.  It is the same day I had to pass.  I did it well that day. (the silk ocean blouse is also my handmade!)

By the way, at the concert: A French chanson jazz singer, Zaz, the encore song was “La Vie en Rose.” A song about falling in love, but I could not comprehend or remember the lyric well enough in French (if one understands the lyric well, it is a song about a fall in love). All the message was in the title for me, which I translated as “the life is beautiful.” I never have cried so hard at a concert. Hearing “the life is beautiful” a couple of days after the cancer spread, it knocked me down.

なかなか過ぎない苦しい時間を過ごしてはいるけれど、今のところ、医者・病院のアポが増えたぐらいで、あとのスケジュールはそのままこなしている。授業をして(心はズタズタなのに、普通の顔して冗談言いながらも授業する)、友達にあって、家族との時間がある。体は いたって普通で、痛くもかゆくもない。だから 自分が癌だなんて信じられないし、いやな夢だから早く覚めてほしいと思い続けている。[ 10月8日日曜日 ] 6月の初旬に買ったコンサートチケットがあったので、再発宣告のあった週末、友達とコンサートに出かける。会場に向かっている間に、私たちはいろいろなことを話した。その中で、友達がシェアしてくれた言葉が印象的だった。彼女はソーシャルワーカー(社会福祉士と訳すのかな)で、お年寄りの方を訪ねていくのが仕事の一部であった。そこで、とある おばあちゃんが彼女に残してくれた言葉が素敵だったよと言う話。自分の経験ではないので、ちょっと間違えているかもしれないけど、大筋はこうだ。

そのおばあちゃんは、いつもニコニコしていて幸せそうに過ごしている。そのおばあちゃんは、別のおばあちゃんのことを「ほら、残念なのよ、彼女はいつも悲しそうにして一日を過ごしているの。」と言ったそうだ。続けて、「一日は、同じ時間。せっかく過ごすんだから、私はハッピーに過ごしたい」とおばあさんは、私のお友達に言ったそうだ。

ふむふむ、そこから考える私。人生で一番きつい事実を知ってしまった今の私には まだ(心の)傷口が開いたまま痛々しい。治療プランが出てくるまで、何とか時間をやり過ごさないといけない。[ 2日後の、10月8日火曜日 ] どのみち、今日の一日を過ごさないといけないわけだから、わたしらしくなるべくハッピーに過ごせるようにしたい。4年前に一番最初の帽子のクラスの課題で作った帽子の一つ。課題は、『実験的な帽子を作りなさい。』実は、勇気がなくて、一度も着たことがない帽子があった。ばかげているほど大きな貝殻を型取った帽子だ。えーーーい、これでコーディネートしてしまえ。その場合のコツは、もう 堂々と歩きまくることが重要。大学に行くまでも、大学内でも、いろいろな人から声をかけられ、写真も撮られた。この笑顔の裏には、2時間しか寝られなかったうえに、3時間授業を2コマこなした後で 頭の中キンキンに張りつまっている。今の自分の状況が信じられないし、最低にみじめだし、にげだしたい。

わたしに会いたいと授業後に会いに来てくれたお友達 が 写真がうまいので、カメラを持ってきてもらう。最初固かった私の表情も、段々ノリノリになってくるし、道端でポーズ取っていると、すっごい素敵!!と 通りすがりに声をかけてくれる人たちがいて、照れ笑い。同じ一日を過ごすなら、少し頑張ってでも、こうやってあれたらいいかなと思った一日だった。(ちなみに、海柄のシルクプリントのシャツも私が作ってる!)そのあと、彼女と話をしてまた泣く。

P.S.日曜日のコンサート。フランスのジャズシャンソン歌手 Zazを聞きに行ってきた。アンコール曲の選択が、「La Vie en Rose バラ色の人生」。青春時代にめちゃくちゃ勉強したフランス語、でも歌詞なんてすっかり聞き取れないし、忘れちゃってるし。でも、染みる染みる。ステージ4宣告を受けた直後に コンサートで懐かしのメロディーで 人生はバラ色だ と 歌われた私。歌を聞いて、あそこまで泣いたのは初めてだった, 号泣。(後で調べると、恋に落ちた歌らしいんだけどね。)

たくさんたくさん メッセージをいただいていて、すごく感謝です。全部読んでいます。ただ、お返事が全然間に合っていない状態で、ごめんなさい。でも、一つ一つのメッセージ、今の私には 最高に心の支えです。この難しいときに、なんと声を掛けたらいいのかと悩んでいると思うところを 勇気を出して 声をいっぱいかけてくれて、本当に感謝しています。あ り が と う!!!!!!!!!!

Post a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *