Back to top
Share

A big cynical timing 最高に皮肉なタイミング

yoko katz September 26, 2019 1 comment
乳がん 乳癌 キャッツ洋子 リラクジップ ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション

I am emotional, upset, unsure, panicky, and I cry here and there with my friends and colleagues, but I have been working on this big project for the last 5 years and it is almost ready, a very ironic timing ever. I have been wanting to help mastectomy post-operation patients with a special blouse, called Relaxip. I will be running a fundraising campaign in October, Breast Cancer Awareness Month, to lower the price of the product to serve more patients. Stay tuned! But how it came to this timing is so ironic and cynical. I cannot laugh about this how bizarre it is. 

The idea of Relaxip (Relax with Zip) came from my own mastectomy surgery experience in 2014, it’s been 5 years. My very first surgery ever was the mastectomy. The hospital discharged me after 2 days, while I was still in heavy pain killer. I still had to visit doctors offices for follow-ups, discussions for reconstruction, and for egg-retrieval blood tests. I was in excruciating pain to try to wear a shirt because I could not raise arms. Nobody explained to me thoroughly how restricted arm movements I would have, I felt so frustrated and started my panic attack. My mom, who had come to the USA to help us, saw me in pain and panic. She came back later with a shirt in hand, the birth of the specialized shirt. One can put it on without raising arms. My surgeon told me he has never seen one before and this would help people. …. …. Well well well… I started wondering about it.

Along the way, I met a student, Sidney, from my Fashion Economics class at Fashion Institute of Technology in Fall 2018. We worked on developing garments for breast cancer patients as for her thesis project for Technical Design degree in the following semester. The birth of the prototype.

Since then, FIT has featured our work on their website and magazine. Despite the article came out online near the holiday seasons, late December. It marked the most clicked article of the year.

Finally, in mid-September 2019, while I have been nervously waiting for test results to confirm my new lump status, the very first batch of our production we picked up. Finally, I can help other women who have to put through this horrible experience with the garment.

Well… Only 4 days after I picked up the production, I was diagnosed with a recurrence.

Checking the finishing of these garments.
Made in New York

The biggest irony; I might be the very first one to wear it. As if I prepared myself all these 5 years to help myself in the future. Who knew this would happen this way. Really crazy.

I am keeping myself super busy setting up this launch of this campaign (count down to already 5 days). I really want my dream come true and I hope you can help me for this cause. Stay tuned!

(The top of the page photo, credit: Dennis Cahlo Photography

Yes. ご想像の通りこの一週間、いろいろな感情が駆け巡り、ショックだし、不安だし、食欲ないし、寝不足だし、パニック気味だし、あちこちで友達や同僚の前で涙出てくるし、ズタズタだ。でもでも、私は今、猛烈に燃えていて、大きなプロジェクトを動かしている。みんなに協力してもらってでも、どうしても叶えたいプロジェクトなのである。このタイミングで乳がん再発と言われるのは、これ以上にないほどに強烈に皮肉な出来事だ。そのプロジェクトと言うのは、全摘出術後の腕が上がらないときに着られる服、Relaxip(リラクジップ)って言う名前。身体的にも精神的にもキツイ思いをしている患者さんに比較的値段を抑えてそして多くの人に届けられたらいいと動いているプロジェクトだ。

Relaxip(リラクジップ)は、RelaxしてZipperをあげれば服を着られるから Relaxipと命名した。もちろん、このアイディアは、自分が5年前の2014年、全摘出手術を経験した際に起源する。たった2日で退院を余儀なくされるアメリカの病院で、まだ強い痛み止めに頼りながら、肺呼吸が浅いまま(胸が痛くて息がしにくい)家に帰る。そして、乳腺外科、形成外科、卵子保存用の採血など、体の横から廃液を出すチューブを付けたまま、外出する機会がやたらと多い。そもそも、不本意にやらされているし、女性としての体のアイデンティティも壊される手術の上、腕が上がらないので服が着られないことが無性に腹立たしいし、悲しい。泣き散らす私に、日本から助けに来ていた母が服をもって現れる。「これ、着てみて。」 それは、普通のシャツを工夫したものだ。腕をあげなくても服が着れる。診察が終わり執刀医の前で服を着るときに、執刀医が驚く。「ようこ、これ、すごいよ。こういうの見たことがない。きっと役に立つ。」ふーーむ、なるほど~。

長い話を割愛して、2018年の4年後。ファッション工科大学で一人の生徒と出会う。シドニーだ。シドニーは、テクニカルデザイン学科の卒業テーマを探しているときに、私がサバイバーだと知る。そこから半年かけて、ほぼ毎週ミーティングをして、シドニーは3着の乳がん患者用の服を作る。その話は、2018年のクリスマスあたりに記事となり、ファッション工科大学のウェブサイトに掲載され、1・2週間の間に、瞬く間に、2018年に最もクリックされた記事になる。

それから1年半の2019年。とうとう先日9月中旬、製品となって出来上がってきた。その4日後、私は再発宣告を受ける。

乳がん 乳癌 キャッツ洋子 リラクジップ ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション
ニューヨーク市内で工場の人とやり取りをして作ってきた服。

このタイミングは、非常に皮肉だ。5年前の全摘出を経験した私が、世の中で私のような思いをする人のために作り上げてきて やっと世の中に出せるというこのタイミングに、5年後の私がひょっとしたら1番目のお客さんになるのかもしれない。まるで、5年前の私が ずっとこの時のために用意してきたように。こういうこと 起きていいのだろうか。まったくもって笑えない、いや この際笑い飛ばした方がいいのかもしれないようなタイミングだ。(状況的に、全然笑えないけど)

と言うわけで、9月、予定外にも、自分の検査がずっと続いている。でも、10月の乳がん月間に向けて ファンドレイジング(寄付)のキャンペーンをして、ぜひ成功させて、なるべく多くの人たちを助けたい。だから、みんなにも協力してもらえたらうれしい。後5日目指して、たぶん寝る間を惜しんでいろいろ組み立てて、キャンペーン間に合うように頑張ります。ここにも情報載せるので、ぜひお願いします!

1 comment

  1. Chiori

    キャンペーンの詳細情報お待ちしております。
    I am here for your campaign details !