A Lifestyle Blog with Breast Cancer

Fashion can help us heal this process!

In May, 2014 at an age of 36, I was diagnosed with breast cancer; Estrogen Positive, Progesterone Positive and HER 2 +++ with Micro-metastatic on 1 lymph node (Stage 1B).  I am a Japanese, living in NY area with my husband and a son.  Left mastectomy is done.  November, 2014: I completed Doxetaxel & Carboplatin 6 chemo cycles in every 3 weeks.   Herceptin and Parjetatarget therapy IV injections every 3 weeks are over in July 2015.   The 2nd stage reconstruction surgery is completed on January 13, 2015.  Nipple and areola construction has completed in December 2015.  Hormone therapy will be for 5 years until November 2019.

2014年5月、36歳、乳がん告知。エストロゲン・プロジェストロンホルモン & HER2 &リンパ1つに微小の転移あり。(Stage 1 B)  左胸全摘出。同時再建開始し、2015年1月13日乳房再建の2度目の手術終了。2015年12月乳首と乳輪の再生工程終了。ドクセタクセル&カーボプラチン抗がん剤6サイクルを2014年11月に終了。ハーセプチンとパージェタの点滴治療は2015年7月終了。口径ホルモン治療2014年11月から5年間。ブログエントリーは、英語の後に 日本語記述してます(内容は、英語も日本語も同じ)。

Inconclusive 不確定

乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ 再発のしこり発見か

Update on my new lump of Fall 2019. The picture is my way back from work today, and I found a beautiful silver lining on the cloud.

Breast surgeon’s office called me as it promised, the result was inconclusive. My doctor would like to have more information. I am scheduled to do diagnostic mammography soon.

Among many messages, a survivor friend told me her story. It is very similar to mine and her lump was fat necrosis! It was nice to know that I was not alone in this situation. Thank you for sharing it with me, it means a lot to me. (I hope this blog works a similar way to someone one day.)

At this point, it is actually better to be tested thoroughly. It was not all clear, but I take it as a good thing to do. Thank you for all the messages, sending me positive vibes and prayers.

2019年秋の新しい しこり騒動。

9月9日月曜日の朝、授業中に電話が鳴って話せなかったので、あとからかけなおし。結果は、不確定。お医者さんとレントゲン技師の方は、もっと情報をしっかり集めたいとのこと。次のステップは、しこりの検査に集中したマモグラフィーだそうです。

いただいたメッセージの中に、乳がんサバイバーの方が体験を伝えてくれました。なんと、いろいろと話が似ていて、治療後しこりを見つけ真っ青になりましたが、結果彼女のは脂肪の壊死したものだったようです。同じ境遇を切り抜けた人を知っていることは、とても心強いです。体験をシェアしてもらえてありがたいです。ありがとう。(そして、このブログも いつか誰かの役に立つと信じて記録に残します。)

現段階では、間違った判断を下してもらって後悔するより、とにかく検査をして、確実のものにしてもらった方がいい。あまりネガティブにとらえても仕方がないので、良い方にとらえながら なるべく普通の日常を過ごせられたらいいです。同じように心配してくれたり、祈ってくれたり、なんでもいいから かまってくれたり いろいろメッセージなどわざわざくれた方々 声がかけにくかったけど心配してくださった方ありがとうございます!一人で戦っていることが一番つらいように思うので、応援メッセージに励まされて、次の検査に行ってきます。

今日の学校の帰り道には、ハドソン川に沈む夕日の雲の周りの光がきれい。これを英語の隠喩で、雲にはそれぞれSilver Liningがある、という表現があって 私の境遇を表現している。日本語に訳しにくい気がするんだけど、なんか 難しい境遇にあるときにも希望の光をそこに見つける と言うときに英語で使われる。なんか 今の境遇にピッタリで、お空からのメッセージにも感じる。

Coping with Anxiety. 不安と向き合うには

Check this out! For cancer patients, this TED Talk has great contents! The three things Dr. Olivia Remes says help coping anxiety, I found help cancer patients who face a great deal of anxiety. (Photo during my cancer treatments) (日本語は後に)Three things are:

  • To feel that you have the control of your life
  • Forgive yourself
  • Find Purpose, feeling that you can contribute to someone
Read More

Awareness of Survivorship 癌サバイバーたちの存在

Coming Soon! It is good to know that there are many cancer survivors out there! (日本語は英語の後に)

Recently, I joined a cancer survivorship book project that Marquina Iliev-Piselli has been working on. She had been collecting 40 women’s cancer survivorship stories, and (guess what!?) my story made it to the very last addition to the stories.

Read More

SHARE program 乳癌卵巣がん患者さん向けの冊子

ニューヨーク 日本語 乳がん 卵巣がん サポートグループ

(In Japanese at the end.  日本語は英語の後にあります。)

I am on the face of the SHARE ovarian and breast cancer support group’s brochure for Winter (January – April program). I did not know how much it helped me to be able to talk to people who had been through breast cancer before me. I hope you will find a comfortable group to talk to. It is such a big relief to know that when I say a couple of words, there are people say “I know what you mean. YES, I have been there.”

Read More

Cancer, Hats, and “To Live” 癌と帽子と「生きる」

I am really excited that my hats are on a musical stage, “Ikiru” in Tokyo, Japan since October 8, 2018, until October 28.  This made-in-Japan musical is called “To Live,” (or “Ikiru,” in Japanese) and it is based on the Akira Kurosawa’s same title movie from 1952.  It really means a lot to me to be a part of that movie story.

Read More

(JP language event) “Hair-loss with chemo” 「抗がん剤で髪が抜けたら」でお話します

キャッツ洋子 乳がん ようこ シンポジウム タモキシフェン ファッション

(Sorry, only this event is in Japanese but) I will be speaking at an event at 6pm on June 11, 2018 at SHARE breast and ovarian cancer Japanese support group in NY.  The program invites a medical researcher to discuss mechanism of hair loss during chemotherapy.  I will be demonstrating turban wrapping.

イベントでお話します。ニューヨークの乳癌・卵巣がんの日本語サポートプログラムSHAREにて、6月11日6時から、抗がん剤治療での髪が抜けるメカニズムの話があります。メモリアルスローンキャタリングの癌治療研究をしている田中先生のお話を中心にして、私は髪の毛が抜けたら、ターバンで素敵に変身できますよ というデモンストレーションをします。お会い出来たらうれしいです。

Read More