A Lifestyle Blog with Breast Cancer

Fashion can help us heal this process!

In May, 2014 at an age of 36, I was diagnosed with breast cancer; Estrogen Positive, Progesterone Positive and HER 2 +++ with Micro-metastatic on 1 lymph node (Stage 1B).  I am a Japanese, living in NY area with my husband and a son.  Left mastectomy is done.  November, 2014: I completed Doxetaxel & Carboplatin 6 chemo cycles in every 3 weeks.   Herceptin and Parjetatarget therapy IV injections every 3 weeks are over in July 2015.   The 2nd stage reconstruction surgery is completed on January 13, 2015.  Nipple and areola construction has completed in December 2015.  Hormone therapy will be for 5 years until November 2019.

2014年5月、36歳、乳がん告知。エストロゲン・プロジェストロンホルモン & HER2 &リンパ1つに微小の転移あり。(Stage 1 B)  左胸全摘出。同時再建開始し、2015年1月13日乳房再建の2度目の手術終了。2015年12月乳首と乳輪の再生工程終了。ドクセタクセル&カーボプラチン抗がん剤6サイクルを2014年11月に終了。ハーセプチンとパージェタの点滴治療は2015年7月終了。口径ホルモン治療2014年11月から5年間。ブログエントリーは、英語の後に 日本語記述してます(内容は、英語も日本語も同じ)。

Coping with Anxiety. 不安と向き合うには

Check this out! For cancer patients, this TED Talk has great contents! The three things Dr. Olivia Remes says help coping anxiety, I found help cancer patients who face a great deal of anxiety. (Photo during my cancer treatments) (日本語は後に)Three things are:

  • To feel that you have the control of your life
  • Forgive yourself
  • Find Purpose, feeling that you can contribute to someone

Without knowing all these academically or systematically, I eventually came to reach all three. It took me a while to get there. These are the three answers I reached as my conclusions on how to do and what to do.


1. I let fashion to help me gaining control in my situation.

2. I started to learn “let go.” I looked for answers on why I had to have this cancer, but there was no answer there. I could let go. It was OK. (just an example)

3. Since many of patients asked me how to do the turban styling, I started to take “fashion for cancer patients” my purpose. Changing the images of cancer patients has become my purpose.

Feeling anxiety during cancer treatment is ironically perfectly normal. Think of these three things while you are waiting for your turn, or laying in bed. The last one does not have to be big, listen to her examples, it could be something you can do.


このTED Talkのトピックは 癌患者さんにとって非常に良い。不安の研究をしているロメス博士が、不安な状況にあるのなら、3つのことを心掛けるといいという。(あいにく 日本語訳が見つからない)

  1. 自分の人生を自分がコントロールしていると感じること
  2. 自分を許すこと
  3. 人生に目的を持つこと(自分の経験を伝えることだけでもいいし、ここに書いてある記事を 今度癌患者さんの人に出会ったら伝えるだけでもいい と言うようなことがTED Talkで話されています。大きなことでなくていい)

私は、自分の治療中の不安と苦しみの中、結果的に この3つには、たどり着き、それぞれの私なりの策を見つけた。この3つはすごく助かった。方法論として知らなくても、時間をかけて見つけていった気がする。今は、方法論として、こうして 3つだと言われると、もう少し 早くたどり着いたような気がするから、現在治療中の方には参考にしてほしい。

1.自分でコントロールできるものを見つける:   私には、ファッションは自分でコントロール出来た。

2.自分を許す:   どうして自分が癌になったのかと原因をとことん探したのだが、明白な答えがない理不尽なことも人には起こるもので、癌になってしまった自分を許した。そして、それからは、多くのものを手放しても それでもいいのだよと自分を許せるようになった。(怒りからの解放で楽でした。結構最近になるまで、Let Go 手放しを簡単にできたので、怒りがなくてそれはそれでとても良かった。)

3.目的を見つける:   ターバンスタイルをどうやってするのかとよく聞かれたので、スタイリングをレクチャーする抗がん剤の待合室。もっと 癌患者さんの普段の生活の質向上のために、全体的に 癌患者さんたちのイメージアップをファッションで計れるのではないかと思い。今もなお 癌患者さんたちの普段のファッションを大事にするイメージを届けている。

病院の待合室で、ベッドの中で、点滴中に、この3つを考えてみよう、長い目で見て不安が必ず和らぐのは、私は経験済み。お試しあれ。

SHARE program 乳癌卵巣がん患者さん向けの冊子

ニューヨーク 日本語 乳がん 卵巣がん サポートグループ

(In Japanese at the end.  日本語は英語の後にあります。)

I am on the face of the SHARE ovarian and breast cancer support group’s brochure for Winter (January – April program). I did not know how much it helped me to be able to talk to people who had been through breast cancer before me. I hope you will find a comfortable group to talk to. It is such a big relief to know that when I say a couple of words, there are people say “I know what you mean. YES, I have been there.”

Some programs offer online communications, in case you cannot make to the meetings phsically, there are ways to attend them. (Free)

Here is the PDF file of the brochure.

ニューヨークの乳がん・卵巣がん患者さん(や 身近にいる人)向けのプログラムの冊子の表紙に載せていただきました。2019年冬のプログラムで1月から4月までのもの。

治療に忙しくて、気が付かないかもしれませんが。私は、同病を経験した先輩方や、同じ時期に治療をしている方とお話をすると、すごく救われました。「治療の決断を迫られて困って。。。」と話し始めるものなら、「そうなの~。私もすごく悩んだから、とてもよくわかる。」と言ってもらえるのは、すごく救われました。

日本語プログラムも用意されている上、ニューヨークでない遠隔に住んでいる方も、Skypeで参加出来るようになりました。自分が、家族が、お友達が宣告を受けた場合など、ぜひ、ひとまず、日本語プログラムに連絡してみてください。(無料です。)みんなで、乗り越えていきましょうよ!

Cancer, Hats, and “To Live” 癌と帽子と「生きる」

I am really excited that my hats are on a musical stage, “Ikiru” in Tokyo, Japan since October 8, 2018, until October 28.  This made-in-Japan musical is called “To Live,” (or “Ikiru,” in Japanese) and it is based on the Akira Kurosawa’s same title movie from 1952.  It really means a lot to me to be a part of that movie story.

Read More

(JP language event) “Hair-loss with chemo” 「抗がん剤で髪が抜けたら」でお話します

キャッツ洋子 乳がん ようこ シンポジウム タモキシフェン ファッション

(Sorry, only this event is in Japanese but) I will be speaking at an event at 6pm on June 11, 2018 at SHARE breast and ovarian cancer Japanese support group in NY.  The program invites a medical researcher to discuss mechanism of hair loss during chemotherapy.  I will be demonstrating turban wrapping.

イベントでお話します。ニューヨークの乳癌・卵巣がんの日本語サポートプログラムSHAREにて、6月11日6時から、抗がん剤治療での髪が抜けるメカニズムの話があります。メモリアルスローンキャタリングの癌治療研究をしている田中先生のお話を中心にして、私は髪の毛が抜けたら、ターバンで素敵に変身できますよ というデモンストレーションをします。お会い出来たらうれしいです。

Read More

After Surgery, Back to Work! 術後、お仕事復活

乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション 子宮筋腫

After 2 weeks of the recovery time, I went back to work.  During these recovery days, I had basically no social life, no make-up and no hair-do.  Some friends pop-up to check up on me, and that cheered me up!  But otherwise, I was getting a low self-esteem over time.  So, dressing up brought back my good energy!  I really needed that effect from the styling.

 

Read More