ニューヨーク 日本語 乳がん 卵巣がん サポートグループ

(In Japanese at the end.  日本語は英語の後にあります。)

I am on the face of the SHARE ovarian and breast cancer support group’s brochure for Winter (January – April program). I did not know how much it helped me to be able to talk to people who had been through breast cancer before me. I hope you will find a comfortable group to talk to. It is such a big relief to know that when I say a couple of words, there are people say “I know what you mean. YES, I have been there.”

Some programs offer online communications, in case you cannot make to the meetings phsically, there are ways to attend them. (Free)

Here is the PDF file of the brochure.

ニューヨークの乳がん・卵巣がん患者さん(や 身近にいる人)向けのプログラムの冊子の表紙に載せていただきました。2019年冬のプログラムで1月から4月までのもの。

治療に忙しくて、気が付かないかもしれませんが。私は、同病を経験した先輩方や、同じ時期に治療をしている方とお話をすると、すごく救われました。「治療の決断を迫られて困って。。。」と話し始めるものなら、「そうなの~。私もすごく悩んだから、とてもよくわかる。」と言ってもらえるのは、すごく救われました。

日本語プログラムも用意されている上、ニューヨークでない遠隔に住んでいる方も、Skypeで参加出来るようになりました。自分が、家族が、お友達が宣告を受けた場合など、ぜひ、ひとまず、日本語プログラムに連絡してみてください。(無料です。)みんなで、乗り越えていきましょうよ!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.