Back to top
Share

Waiting for a result 検査結果待ち

yoko katz September 16, 2019 0 comments

All I can do now is to wait for a biopsy result to come out. Fingers crossed.

As in my previous post, I have finished diagnostic mammography. I felt stronger when a friend decided to come along and hang around at a waiting room with me. Oh, it was such a needed distraction! A radiologist could not confirm it from the mammography images. mmm. I was scheduled for a needle biopsy for another day, a bummer.

A couple of days later, my husband came along for the needle biopsy. Oh, I did not like that. I remembered doing it back in 2014, at the initial diagnostic. Each step was very hard to take then, it reminded me the same dark cold room, a warm blanket, and noise from a machine for the biopsy. I even know that they would put a small metal clip for a mark in my breast. This was my 3rd time. At least, I know all of what I expect. I am glad my husband came with me, more for my mental support.

Now I am waiting for the biopsy result. This will surely confirm what the lump is. I will write the result, but with my own timing, I cannot know how I will feel. Please be patient with me. I will update it. Please cross your fingers for me!

と言うわけで、祈るのみの 結果待ち状態になりました。

前回のブログにあるように、あれから、検査用のマモグラフィーを受けました。急遽、お友達が付き添いで来てくれることになって、待合室でも一人ぼっちじゃない。なんと心強いんだろう。そのうえ、爆笑をして思いっきり笑えたものなら、こんな境遇でも生き生きしている気になってうれしい。マモでは、どうやら 確実に白だと言い切れないということで、結局 針を腫瘍にさして、生体検診を後日することになる。

その後日、ハズバンドに付き添ってもらって、機械をさして生体検診。あーー、まさに嫌だ。2014年の宣告当初も、まったく同じことをしたし、手術前にも念のために 健側の胸にも検査をしているので、これは 3回目だ。全行程好きになれないけど、暗くて寒い部屋に、暖かいブランケット、そして、機械の音まで、「あぁ、こういう風だったわ」と思い出す。検査で取った部分に、小さなメタルチップを埋め込むのも、変わらない。家に帰って自分がどんな感じになるのかもよくわかっている。ハズバンドに来てもらって、本当に良かった。

今は、生体の結果が出るのを待つのみです。これで、確実に しこりが白か黒かがはっきりする。すぐに結果が書けないかもしれない。でも、ここまで来たら、ブログに結果を書くので、その間お願いできるなら、少し私のこと祈ってもらって、気長に次のブログを待っていてくださるとうれしいです。