Back to top
Share

Coping with Anxiety. 不安と向き合うには

yoko katz July 7, 2019 0 comments

Check this out! For cancer patients, this TED Talk has great contents! The three things Dr. Olivia Remes says help coping anxiety, I found help cancer patients who face a great deal of anxiety. (Photo during my cancer treatments) (日本語は後に)Three things are:

  • To feel that you have the control of your life
  • Forgive yourself
  • Find Purpose, feeling that you can contribute to someone

Without knowing all these academically or systematically, I eventually came to reach all three. It took me a while to get there. These are the three answers I reached as my conclusions on how to do and what to do.


1. I let fashion to help me gaining control in my situation.

2. I started to learn “let go.” I looked for answers on why I had to have this cancer, but there was no answer there. I could let go. It was OK. (just an example)

3. Since many of patients asked me how to do the turban styling, I started to take “fashion for cancer patients” my purpose. Changing the images of cancer patients has become my purpose.

Feeling anxiety during cancer treatment is ironically perfectly normal. Think of these three things while you are waiting for your turn, or laying in bed. The last one does not have to be big, listen to her examples, it could be something you can do.


このTED Talkのトピックは 癌患者さんにとって非常に良い。不安の研究をしているロメス博士が、不安な状況にあるのなら、3つのことを心掛けるといいという。(あいにく 日本語訳が見つからない)

  1. 自分の人生を自分がコントロールしていると感じること
  2. 自分を許すこと
  3. 人生に目的を持つこと(自分の経験を伝えることだけでもいいし、ここに書いてある記事を 今度癌患者さんの人に出会ったら伝えるだけでもいい と言うようなことがTED Talkで話されています。大きなことでなくていい)

私は、自分の治療中の不安と苦しみの中、結果的に この3つには、たどり着き、それぞれの私なりの策を見つけた。この3つはすごく助かった。方法論として知らなくても、時間をかけて見つけていった気がする。今は、方法論として、こうして 3つだと言われると、もう少し 早くたどり着いたような気がするから、現在治療中の方には参考にしてほしい。

1.自分でコントロールできるものを見つける:   私には、ファッションは自分でコントロール出来た。

2.自分を許す:   どうして自分が癌になったのかと原因をとことん探したのだが、明白な答えがない理不尽なことも人には起こるもので、癌になってしまった自分を許した。そして、それからは、多くのものを手放しても それでもいいのだよと自分を許せるようになった。(怒りからの解放で楽でした。結構最近になるまで、Let Go 手放しを簡単にできたので、怒りがなくてそれはそれでとても良かった。)

3.目的を見つける:   ターバンスタイルをどうやってするのかとよく聞かれたので、スタイリングをレクチャーする抗がん剤の待合室。もっと 癌患者さんの普段の生活の質向上のために、全体的に 癌患者さんたちのイメージアップをファッションで計れるのではないかと思い。今もなお 癌患者さんたちの普段のファッションを大事にするイメージを届けている。

病院の待合室で、ベッドの中で、点滴中に、この3つを考えてみよう、長い目で見て不安が必ず和らぐのは、私は経験済み。お試しあれ。

Post a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *