Author - Yoko Katz

Coping with Anxiety. 不安と向き合うには

Check this out! For cancer patients, this TED Talk has great contents! The three things Dr. Olivia Remes says help coping anxiety, I found help cancer patients who face a great deal of anxiety. (Photo during my cancer treatments) (日本語は後に)Three things are:

  • To feel that you have the control of your life
  • Forgive yourself
  • Find Purpose, feeling that you can contribute to someone

Without knowing all these academically or systematically, I eventually came to reach all three. It took me a while to get there. These are the three answers I reached as my conclusions on how to do and what to do.


1. I let fashion to help me gaining control in my situation.

2. I started to learn “let go.” I looked for answers on why I had to have this cancer, but there was no answer there. I could let go. It was OK. (just an example)

3. Since many of patients asked me how to do the turban styling, I started to take “fashion for cancer patients” my purpose. Changing the images of cancer patients has become my purpose.

Feeling anxiety during cancer treatment is ironically perfectly normal. Think of these three things while you are waiting for your turn, or laying in bed. The last one does not have to be big, listen to her examples, it could be something you can do.


このTED Talkのトピックは 癌患者さんにとって非常に良い。不安の研究をしているロメス博士が、不安な状況にあるのなら、3つのことを心掛けるといいという。(あいにく 日本語訳が見つからない)

  1. 自分の人生を自分がコントロールしていると感じること
  2. 自分を許すこと
  3. 人生に目的を持つこと(自分の経験を伝えることだけでもいいし、ここに書いてある記事を 今度癌患者さんの人に出会ったら伝えるだけでもいい と言うようなことがTED Talkで話されています。大きなことでなくていい)

私は、自分の治療中の不安と苦しみの中、結果的に この3つには、たどり着き、それぞれの私なりの策を見つけた。この3つはすごく助かった。方法論として知らなくても、時間をかけて見つけていった気がする。今は、方法論として、こうして 3つだと言われると、もう少し 早くたどり着いたような気がするから、現在治療中の方には参考にしてほしい。

1.自分でコントロールできるものを見つける:   私には、ファッションは自分でコントロール出来た。

2.自分を許す:   どうして自分が癌になったのかと原因をとことん探したのだが、明白な答えがない理不尽なことも人には起こるもので、癌になってしまった自分を許した。そして、それからは、多くのものを手放しても それでもいいのだよと自分を許せるようになった。(怒りからの解放で楽でした。結構最近になるまで、Let Go 手放しを簡単にできたので、怒りがなくてそれはそれでとても良かった。)

3.目的を見つける:   ターバンスタイルをどうやってするのかとよく聞かれたので、スタイリングをレクチャーする抗がん剤の待合室。もっと 癌患者さんの普段の生活の質向上のために、全体的に 癌患者さんたちのイメージアップをファッションで計れるのではないかと思い。今もなお 癌患者さんたちの普段のファッションを大事にするイメージを届けている。

病院の待合室で、ベッドの中で、点滴中に、この3つを考えてみよう、長い目で見て不安が必ず和らぐのは、私は経験済み。お試しあれ。

Awareness of Survivorship 癌サバイバーたちの存在

Coming Soon! It is good to know that there are many cancer survivors out there! (日本語は英語の後に)

Recently, I joined a cancer survivorship book project that Marquina Iliev-Piselli has been working on. She had been collecting 40 women’s cancer survivorship stories, and (guess what!?) my story made it to the very last addition to the stories.

Marquina succeeded Kickstarter, raising over $20,000, and the book: ‘TOUGH: Women Who Survived Cancer’ is underway! Yay!

Photo Credit by Dennis Cahlo, and the image from Marquina’s facebook.
All of us in the picture, we are all survivors!

My cancer diagnosis made my world upside-down, and I felt the world left me behind. I was terrified and felt so alone in this whole world. Especially cancer hits you at a younger age when it is not as common. You don’t have friends who have been through terrifying experiences before you.

I did not know survivors before I become a cancer patient. Once I started to outspeak about my cancer, I started to see survivors, as if I suddenly acquired a new kind of eye-glasses. There are actually many more than you think, there are quite a lot. It is a personal decision whether to be open or not and for different reasons, you don’t discover:

  • keep it secret
  • keep cancer behind completely in the past, don’t want to talk about it
  • did not have a chance to bring a cancer topic up
  • not a party topic
  • too personal to talk to you
  • cancer did not define the survivor
  • etc…

I am sure many other reasons not to be open about it. Nonetheless, we don’t talk about it and we may not realize there are so many survivors out there. I know many of my colleagues, friends, and family members who are survivors. I discover them as I am open about this, people come forward.

The US community is a lot more open about it, relative to the Japanese one. I hope Japan will change it and society will be compassionate toward cancer patients and survivorship.

This book will give lights to women’s survivorship, with full of uplifting stories. It will come in a couple of months! Stay tuned!

癌サバイバーが存在する。これを知っておくのは大事なことだ。上の写真でジャンプしている私たち 全員サバイバーである。

実はここ半年、ニューヨークで、マルキナさんがまとめている一冊の本のプロジェクトにかかわっている。マルキナさんは、40人の女性の癌サバイバーのお話を一冊の本にまとめている。なんと!私が彼女と出会ったのは、彼女が40人目の最後のお話を探している時である。

癌宣告を受けると同時に、通常の日常を諦め、日々変化していく世界から切り離されているように感じる。すごく孤独で恐怖な時間だ。特に年齢が若いほど、その孤独感は大きい。友達で同じ経験した人を見つけられないからだ。そして、年上の人たちと、癌のサバイバーの話をすることがないことも要因の一つだ。

今回、こういう孤独な思いをしなくても良いように、マルキナさんが クラウドファンディングで約200万円を集め、とうとう 「タフなサバイバーの女たち」と言う本が出てくることになった。

私が宣告を受けた瞬間、知っている人で頭をよぎったのは、芸能人で癌になって亡くなった そういう話ばかり。癌宣告を受けた瞬間に、もし、あの人の顔も この人の顔も 元気で今もやっている人たちを知っていたら、どれだけ心強かっただろうか。

今となってわかるのは、実は、世の中には非常に多くの癌サバイバーの人が(ほぼ)普通の生活に戻っているということだ。(病院通いが多少増えたり、薬を飲んだりはしているかもしれない。)自分が乳がんであると大きく公表するようになってからと言うもの、すごい数の人たちが私にカミングアウトをしたし、今もカミングアウトをしてくれる。

特に日本の社会は、癌患者さんに対する差別も非常に多く存在していて、宣告を受けたことをひたすら隠し通さないといけない人もいる。孤独である上に、治療をしながら、あたかも普通であるかのようにふるまうことを強要される社会が待っている。

わたしを知っている人は、癌宣告以前の私の食生活がどれだけ健康的だったかを知っているし、以前にも書いているので割愛するとして。若くして、健康生活であって、遺伝系の癌でなくても、癌になる。 2人に1人が癌になる社会。電車に乗っている人の半分が癌になる。自分が癌になる確率が非常に高いわけだと考えて、明日は我が身かもしれない癌患者さんに対する差別をなくすべきだ。

実は、癌サバイバーであるがこそ、生きることを楽しんでいる人たちがいる。そういう人たちの勇気ある40ものお話が、一冊の本になるのはうれしい。あたかも会話しているかのようにまとめたいという意図でまとめてあるので、(英語でも)割と読みやすいはず。この夏の終わり、秋にかけて 楽しみです。お楽しみに。

5-Year Mark on Breast Cancer! 祝・癌宣告から5年

キャッツ洋子 5年目宣告 5years since diagnosis breast cancer 乳がん

Today, I marked 5-year since my breast cancer diagnosis! Amazing! (日本語は後に)

5 years ago: It started a weekend-long wait for a call to confirm the lump I had was benign. Instead, this call on Monday told me: “all the three tissue parts came out to be cancer. The next step for you is to find a breast surgeon.” My mind froze and my husband next to me went into tears.

The pathologist: “do you have any questions?”

Me: “How do I find the breast surgeon.” (Considering it was my first mammography at the age of 36, I had no regular visit to breast specialists)

… some explanations about it… then…

Me: “How bad is the cancer?”

The pathologist: “I am just a pathologist. You will have to discuss with your breast surgeon about that.”

This phone conversation left me spinning in a big black hole, I only thought of the worse case scenarios. The previously thought benign little lump, I felt suddenly gigantic and it was eating me alive inside. The google searches show “5-year survival rate.” What does that mean? Why only for 5 years? My son will be 13 years old, in middle school, maybe my son will be mom-less then. I cannot be there.

It was the dark, dark, darkest 5 days until I finally could talk to a breast surgeon to find out more about my diagnosis. It turned out Stage 1 and I started to pull my thoughts once again with the right information rather than being left in a wilderness without any light.

Today: I am so thankful to my family, friends, colleagues, specialists, and even strangers that I spoke about my cancer for encouragements and supports.

Through my hardship, I decided to be active in fashion for cancer patients. Because that area was kept as some sort of taboo and patients’ images existed were deemed. I kept teaching during very harsh chimo treatments in fashion. Some women keep their jobs for out of needs or keeping them going. This cancer pushed me to be even furthermore creative in styling.

I learned to enjoy the current moments, rather than spending time on constant scheduling for the future or being anxious about the future.

What a peaceful morning I had this morning. So thankful. I found my son and my dog are cuddling each other in their own ways. Messy floor with his soccer items, but seemingly this is just one of the ordinary days, but it was not a sure thing for me to have. I feel blessed. I love them both so much (and my husband who does not like to be in a picture online.)

キャッツ洋子 5年目宣告 5years since diagnosis breast cancer 乳がん

My type of cancer, especially having hormone type, does not reduce the recurrence chance after 5 years, not like other cancers. So, I will be kept in the close watch by my breast surgeon and oncologist, every 6 months. I will keep taking a daily Tamoxifen medication.

本日、癌宣告から5年目の祈念日!やった~!

5年前の今日は月曜日。:胸のしこりを良性だと確信するための電話を待っている週末。月曜日の朝一番に受け取った電話は、

「3か所の検査結果、すべて癌です。なので、乳腺外科の先生を探してください。」と言われ、頭から神経から真っ白になる私と、その横で泣き崩れるハズバンド。質問はあるかと言われ、乳腺外科医の探し方を教えてもらう。そして、癌がどれくらい進行しているのか聞いても、「私はX線検査技師なので、検査結果の詳しい内容は、乳腺外科の先生から聞いてください。」

受話器を置くと同時に、精神が深いブラックホールへの永久落下を始める。小さく感じたしこりが、巨大なしこりに感じ、しこりが内側から私を生きたまま食べ始める。グーグルで調べても、「5年生存率」。5年ってなんだよ、5年って。息子が13歳で中学生か。中学生で母親がいなくなるのは忍びないことだよ。中学の卒業式には出られないのかな。

乳腺外科医の先生と話をするまでの5日間、深い深い闇の中をウジ虫のように這いずり回った。先生にあって結果を聞くのがどれほど恐ろしいことだったか。私は最悪の結果まで考えた5日間を過ごしたから、聞きたくないような でも 聞かないといけない結果を むしろ前のめりになって聞いた。結果ステージ1。今後いろいろな検査で詳しい治療が決まってくるからと言うことだが、情報は力なり。少し立ち直った気がした。(そもそも、この宣告の方法には今も憤りを感じている。)真っ暗なブラックホールの中を這いずり回っていたところに、なんか抜け出す方法がありそうな道を教えてもらえた気がする。ブラックホールを出るまでには、まだそれから時間がかかったけど。

本日:家族、友達、同僚、医療関係の方々、サポートグループ、まったく見ず知らずの人との乳がんの会話。すごく勇気づけられ、サポートをたくさん受け、今日まで来ました。一人一人に恩を返しきれませんが、新たに乳がんになる人たちに伝えていきたいし、その人たちの力になれるようにすごく参考にして 行動しています。ありがとうございます。

治療中から始めた、「癌患者さんへのファッション」の活動を続けています。暗く、タブーだった癌患者さんのためのファッション、イメージを変えていきます。医療発展も進み、治療中もお仕事をしている人たちがいます。単にお出かけだけでもいいのですが、お仕事しないといけない人や、お仕事をすることを生きがいとして取り入れる人、多くの癌患者さんが治療中 外に出る機会があって、なるべく「普通」であるように 社会も受け入れる形ができ、そんな機会をファッションでサポートできれば最高です。乳がん治療中、ファッションを考えるのに、頭のてっぺんから、つま先までのトータルスタイリングをするようになりました。

「今を生きる」と言うことが上手になりました。昔は今の時間を使って、未来のスケジュールや未来がうまくなるようにフォーカスを当てていたように思います。今していること 今あるものやことを思いっきり楽しむ、感謝する、そういう感覚で生きています。そんな毎日が積み重なったら、すごく素晴らしい人生だったと言えるような気がしてます。

今朝。息子のサッカーの脱ぎっぱなしのものの中で、13歳の中学生になった息子と柴犬の星がなにやらくっついていました。本当に、ごくありきたりな一日の一瞬だと思うけど、その一瞬 今日の一瞬を見ることができなかったかもしれないと描いた後での人生は、そんな 普通の瞬間が温かくって幸せだと思うんです。

5年と言っても、特にホルモン系の乳がんは、再発率はこれから生きている間 あまり、再発率は減らず、現医療ではずっと横ばい。5年だからと言っても気が抜けず、6か月に一度はお医者さん通いと、毎日タモキシフェンというお薬を飲んでいます。

SHARE program 乳癌卵巣がん患者さん向けの冊子

ニューヨーク 日本語 乳がん 卵巣がん サポートグループ

(In Japanese at the end.  日本語は英語の後にあります。)

I am on the face of the SHARE ovarian and breast cancer support group’s brochure for Winter (January – April program). I did not know how much it helped me to be able to talk to people who had been through breast cancer before me. I hope you will find a comfortable group to talk to. It is such a big relief to know that when I say a couple of words, there are people say “I know what you mean. YES, I have been there.”

Some programs offer online communications, in case you cannot make to the meetings phsically, there are ways to attend them. (Free)

Here is the PDF file of the brochure.

ニューヨークの乳がん・卵巣がん患者さん(や 身近にいる人)向けのプログラムの冊子の表紙に載せていただきました。2019年冬のプログラムで1月から4月までのもの。

治療に忙しくて、気が付かないかもしれませんが。私は、同病を経験した先輩方や、同じ時期に治療をしている方とお話をすると、すごく救われました。「治療の決断を迫られて困って。。。」と話し始めるものなら、「そうなの~。私もすごく悩んだから、とてもよくわかる。」と言ってもらえるのは、すごく救われました。

日本語プログラムも用意されている上、ニューヨークでない遠隔に住んでいる方も、Skypeで参加出来るようになりました。自分が、家族が、お友達が宣告を受けた場合など、ぜひ、ひとまず、日本語プログラムに連絡してみてください。(無料です。)みんなで、乗り越えていきましょうよ!

Cancer, Hats, and “To Live” 癌と帽子と「生きる」

I am really excited that my hats are on a musical stage, “Ikiru” in Tokyo, Japan since October 8, 2018, until October 28.  This made-in-Japan musical is called “To Live,” (or “Ikiru,” in Japanese) and it is based on the Akira Kurosawa’s same title movie from 1952.  It really means a lot to me to be a part of that movie story.

Read More

(JP language event) “Hair-loss with chemo” 「抗がん剤で髪が抜けたら」でお話します

キャッツ洋子 乳がん ようこ シンポジウム タモキシフェン ファッション

(Sorry, only this event is in Japanese but) I will be speaking at an event at 6pm on June 11, 2018 at SHARE breast and ovarian cancer Japanese support group in NY.  The program invites a medical researcher to discuss mechanism of hair loss during chemotherapy.  I will be demonstrating turban wrapping.

イベントでお話します。ニューヨークの乳癌・卵巣がんの日本語サポートプログラムSHAREにて、6月11日6時から、抗がん剤治療での髪が抜けるメカニズムの話があります。メモリアルスローンキャタリングの癌治療研究をしている田中先生のお話を中心にして、私は髪の毛が抜けたら、ターバンで素敵に変身できますよ というデモンストレーションをします。お会い出来たらうれしいです。

Read More