乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション

It is any survivor’s nightmare to find a new lump from a previously treated area, and it appeared on mine last Wednesday, August 28, 2019. My heart jumped and I stopped breathing. No, this cannot be real. Unfortunately, only my son was available as his school had not started yet and he was the only one I could talk to confirm it. I hesitated at first… But I needed someone to tell me if there was something. He said there was something. I called my doctor’s office to get the first available appointment: in 10 days.

I don’t want anyone reading this in speculation and feeling anxious for me, so here is what my doctor thinks: according to my doctor, it seems fat necrosis and no recurrence. I will hear more confirmation later, with possible more checkings.

So, back to 10 days ago, the Wednesday, I have just started teaching for the fall semester. I am greeting new sets of students, and focusing on the lectures. My commutes and driving, I listened to audiobooks. I filled myself with checking off my to-do list. I kept myself busy, and be mindful of what I needed to do. Otherwise, anxiety and pessimistic ideas filled me up, and I felt I could not breathe.

I woke up middle of the night, I don’t even know if it was a dream or my imagination. I thought I was losing my vision and I somehow thought I was dying. I woke my husband up. I needed to say good-bye. I was still breathing. I could see him leaving for a bathroom. I was OK.

My husband pointed out to me that I had an implant for reconstruction. It was possible that the implant had ruptured. I felt the idea was disturbing, but it would be better than recurrence. At this point, anything other than recurrence was not bad.

Finally, the 10 days has passed. I could not sleep well, I was all hyped-up. My husband changed his schedule so that he could come along. We did not know what to say in a car, it was a quiet ride. I saw all the familiar faces at my breast surgeon’s office. It did not really give me comfort this time. I did not know how to answer to “how are you?”

The doctor came to my exam room and shook my hand as he greeted me. I was almost crying at that point. He jumped on the topic, “where is it?” He examines carefully. He thinks it can be fat necrosis. He sent me to ultrasound.

It was a long wait for my turn. As their device touched and pushed down my lump, it hart me. But I really needed to know what it is. After a little more wait, he showed up and told me, it looked like fat necrosis. But a radiologist needs to come to confirm my opinion on Monday. The doctor said, possibly, I will need to do MRI, nonetheless, I will be in his close watch. I can breathe comfortably again as the news was not the worst-case scenario that I prepared myself to hear.

乳がん治療側の胸にしこりを発見するのは、サバイバーであれば誰でも一番恐れていることに違いない。2019年8月28日水曜日朝、そのしこりを私は見つけてしまう。心臓が止まって、息を呑む。「うそ。。。だよね。。。」

家にいるのは、あいにくまだ夏休み中である息子だけ。でも、このしこりを確認せずにはいられない。夢であってほしい。息子に確認するのは気の毒かなとも思ったけれど、ある意味、家族全員私の乳がんのサバイバー。確かに、息子にも何かそこにしこりを確認できるという。すぐに乳腺外科に連絡して、一番最初に取れる予約を入れてもらう。10日後の金曜日。長い。

(不安に思う人もいると思うので、少し結果を書けば、ひとまず様子見で、再発ではなさそう。です。)

しこりを見つけたとき、まだ、大学が始まったばかりで、新しいクラスの生徒たちに挨拶から始めているぐらいフレッシュだ。講義に集中してその場をしのぐ。大学に通う間、運転をしている間など、とにかく暇な時間は悪夢な時間になるので、オーディオブック(本を音声で読んでくれるやつ)を聞きながら、物語に集中。To-Doリストで、とにかくやらないといけないことをこなしていく時間を過ごす。とにかく、今目の前にあることを一生懸命して、自分の心を、この5年の後悔でもなく、これから来るかもしれない 嫌な治療のことを考える時間を与えない。そうでもしないと、不安と、最悪なことを考えるアイディアばかりで息苦しい。涙だって出てくる。

真夜中に起きる。寝られなくて寝ぼけているのか、本当に夢なのか。私は本気で「最期の一息をしている」と感じて、ハズバンドに手を伸ばす。助けてと言いたいのか、今までありがとうと言いたいのか。そのあとお手洗いに立ったハズバンドを見て、あ、まだ息をしている。まだ大丈夫。

ハズバンドが言うには、再建をした側の胸だから、再建のシリコンがはみ出てきちゃったんじゃないの?ってのも考えられるよ。って言うんだ。けど、私の胸は、皮膚の下には、胸の筋肉が盛り上がっていて、その筋肉の下にシリコンが入っている。だから、胸の表面にしこりを感じるのは、シリコンではないような。でも、この際、シリコンが筋肉の間をぐじゃぐじゃ通ってはみ出てきたとしても、気持ち悪いけど、乳がん再発よりはよっぽどましだ。再発以外にも このしこりの理由があるのかもしれない。

さて、10日が経つ。よく眠れないし、なんかアドレナリンが出ていて興奮・緊張状態。その間も、普通に授業や大学行事をこなす。金曜日の診察の日。ハズバンドが予定を変えてくれて、一緒に病院に行く。道中の車の中では、何も話すことを思いつかない。乳腺外科では、良く知った顔の人たちが迎えてくれる。別にだからと言って、ほっとするわけではない。「How are you?」に応えるべく返事がみつからない。

担当医の先生が、診察室に来て挨拶を交わす。その時点で、私は泣きそうだ。先生はすぐに今日の要点に入ってくれて、「それで、どこなの?」先生の顔を見れない。先生はたぶん、いつものように真剣な面持ちで触診する。そして、一言、「たぶん、壊死した脂肪分だと思う。超音波検査をしましょう。」

超音波検診の待合室で、結構待たされたが、私の番が来る。超音波検査技師の人が、しこりのあたりを機械でぐりぐりすると痛いなあと思う。今日は、とにかく、これがなんであるかをきちんと見て、少しでも情報をもって家に帰りたい。検査が終わって、私たちしかいない待合室で待っていると、先生が現れて、「やっぱり、どうやら壊死した脂肪分だと思う。月曜日にレントゲン技師の先生が来て、一緒に確認をするから、まずは今日はここまで。時間が経てば、体に吸収されていくこともある。ひょっとしたら、MRIをするかもしれないし、とにかく今後はそのしこりをしっかり見ていこう。」

ハズバンドに来てもらっていてよかった。先生から話を聞いても、緊張感を緩められなかったけれど、普段は悲観的なハズバンドが、今回は、「あーー ひとまず、よかったねぇ。ホッとした。」と言う。あ、そうなんだ、ほっとして良いんだ。と言う感じで、緊張が解けて、先生の言葉を飲み込むまでに結構時間がかかった。ひとまず、適度に普通の週末を過ごすことができてよかった。今は月曜日の連絡待ち。

2 CommentsLeave a comment

  • あー!ホッとした!10日は長かったけど、
    でも早いうちにこうやって解決できるのは良かった。

    • 元々 統計的に乳がんになる確率(それを計算するソフトがあるんだけど)が 1%満たないのに 乳がんになって。ものすごい低い可能性でも なるものはなるんだから、再発の可能性は20%ぐらいだと思ったんだけど(もうちょっと 低いかな)、可能性としては、もう 絶対そうに違いないと。下手に統計学なんて 勉強するもんじゃない(笑)と 少し冗談もかませれるぐらいに気分が戻ってきてる。よかった。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.