キャッツ洋子 5年目宣告 5years since diagnosis breast cancer 乳がん

Today, I marked 5-year since my breast cancer diagnosis! Amazing! (日本語は後に)

5 years ago: It started a weekend-long wait for a call to confirm the lump I had was benign. Instead, this call on Monday told me: “all the three tissue parts came out to be cancer. The next step for you is to find a breast surgeon.” My mind froze and my husband next to me went into tears.

The pathologist: “do you have any questions?”

Me: “How do I find the breast surgeon.” (Considering it was my first mammography at the age of 36, I had no regular visit to breast specialists)

… some explanations about it… then…

Me: “How bad is the cancer?”

The pathologist: “I am just a pathologist. You will have to discuss with your breast surgeon about that.”

This phone conversation left me spinning in a big black hole, I only thought of the worse case scenarios. The previously thought benign little lump, I felt suddenly gigantic and it was eating me alive inside. The google searches show “5-year survival rate.” What does that mean? Why only for 5 years? My son will be 13 years old, in middle school, maybe my son will be mom-less then. I cannot be there.

It was the dark, dark, darkest 5 days until I finally could talk to a breast surgeon to find out more about my diagnosis. It turned out Stage 1 and I started to pull my thoughts once again with the right information rather than being left in a wilderness without any light.

Today: I am so thankful to my family, friends, colleagues, specialists, and even strangers that I spoke about my cancer for encouragements and supports.

Through my hardship, I decided to be active in fashion for cancer patients. Because that area was kept as some sort of taboo and patients’ images existed were deemed. I kept teaching during very harsh chimo treatments in fashion. Some women keep their jobs for out of needs or keeping them going. This cancer pushed me to be even furthermore creative in styling.

I learned to enjoy the current moments, rather than spending time on constant scheduling for the future or being anxious about the future.

What a peaceful morning I had this morning. So thankful. I found my son and my dog are cuddling each other in their own ways. Messy floor with his soccer items, but seemingly this is just one of the ordinary days, but it was not a sure thing for me to have. I feel blessed. I love them both so much (and my husband who does not like to be in a picture online.)

キャッツ洋子 5年目宣告 5years since diagnosis breast cancer 乳がん

My type of cancer, especially having hormone type, does not reduce the recurrence chance after 5 years, not like other cancers. So, I will be kept in the close watch by my breast surgeon and oncologist, every 6 months. I will keep taking a daily Tamoxifen medication.

本日、癌宣告から5年目の祈念日!やった~!

5年前の今日は月曜日。:胸のしこりを良性だと確信するための電話を待っている週末。月曜日の朝一番に受け取った電話は、

「3か所の検査結果、すべて癌です。なので、乳腺外科の先生を探してください。」と言われ、頭から神経から真っ白になる私と、その横で泣き崩れるハズバンド。質問はあるかと言われ、乳腺外科医の探し方を教えてもらう。そして、癌がどれくらい進行しているのか聞いても、「私はX線検査技師なので、検査結果の詳しい内容は、乳腺外科の先生から聞いてください。」

受話器を置くと同時に、精神が深いブラックホールへの永久落下を始める。小さく感じたしこりが、巨大なしこりに感じ、しこりが内側から私を生きたまま食べ始める。グーグルで調べても、「5年生存率」。5年ってなんだよ、5年って。息子が13歳で中学生か。中学生で母親がいなくなるのは忍びないことだよ。中学の卒業式には出られないのかな。

乳腺外科医の先生と話をするまでの5日間、深い深い闇の中をウジ虫のように這いずり回った。先生にあって結果を聞くのがどれほど恐ろしいことだったか。私は最悪の結果まで考えた5日間を過ごしたから、聞きたくないような でも 聞かないといけない結果を むしろ前のめりになって聞いた。結果ステージ1。今後いろいろな検査で詳しい治療が決まってくるからと言うことだが、情報は力なり。少し立ち直った気がした。(そもそも、この宣告の方法には今も憤りを感じている。)真っ暗なブラックホールの中を這いずり回っていたところに、なんか抜け出す方法がありそうな道を教えてもらえた気がする。ブラックホールを出るまでには、まだそれから時間がかかったけど。

本日:家族、友達、同僚、医療関係の方々、サポートグループ、まったく見ず知らずの人との乳がんの会話。すごく勇気づけられ、サポートをたくさん受け、今日まで来ました。一人一人に恩を返しきれませんが、新たに乳がんになる人たちに伝えていきたいし、その人たちの力になれるようにすごく参考にして 行動しています。ありがとうございます。

治療中から始めた、「癌患者さんへのファッション」の活動を続けています。暗く、タブーだった癌患者さんのためのファッション、イメージを変えていきます。医療発展も進み、治療中もお仕事をしている人たちがいます。単にお出かけだけでもいいのですが、お仕事しないといけない人や、お仕事をすることを生きがいとして取り入れる人、多くの癌患者さんが治療中 外に出る機会があって、なるべく「普通」であるように 社会も受け入れる形ができ、そんな機会をファッションでサポートできれば最高です。乳がん治療中、ファッションを考えるのに、頭のてっぺんから、つま先までのトータルスタイリングをするようになりました。

「今を生きる」と言うことが上手になりました。昔は今の時間を使って、未来のスケジュールや未来がうまくなるようにフォーカスを当てていたように思います。今していること 今あるものやことを思いっきり楽しむ、感謝する、そういう感覚で生きています。そんな毎日が積み重なったら、すごく素晴らしい人生だったと言えるような気がしてます。

今朝。息子のサッカーの脱ぎっぱなしのものの中で、13歳の中学生になった息子と柴犬の星がなにやらくっついていました。本当に、ごくありきたりな一日の一瞬だと思うけど、その一瞬 今日の一瞬を見ることができなかったかもしれないと描いた後での人生は、そんな 普通の瞬間が温かくって幸せだと思うんです。

5年と言っても、特にホルモン系の乳がんは、再発率はこれから生きている間 あまり、再発率は減らず、現医療ではずっと横ばい。5年だからと言っても気が抜けず、6か月に一度はお医者さん通いと、毎日タモキシフェンというお薬を飲んでいます。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.