Today is my 4th year anniversary of my breast cancer diagnosis.  For how many more years, will I remember that day so vividly?  Probably for awhile!

4 years ago… I was blank at first.  Then, will I die soon?  What will happen to my son without me?  I felt so vulnerable, out of control, scary and sad… Then my thoughts went freeze again.   That thoughts cycled over and over again.   I remember that weekend, my son was invited to a birthday party that I took him to.  People were talking to me but my mind was not there (sorry).  Children were having so much fun with joyful scream.  People were singing happy birthday.  Everything looked so unreal to me.  I was there physically, but I was not there at the same time.It’s been 4 years since then!  Every 3 months, I see doctors for check-up.  I still takes a daily dose of Tamoxifen medication, probably for next 6 more years.  I have not been diagnosed with recurrence.  I don’t have to think about it all the time in my daily life.  But when I see my doctors, I kind of prepare myself what if my doctor tells me something I don’t want to hear.  So far not a bad news.

I have been more active ever since the cancer treatment was over.   “Curiosity has Possibilities” is my new motto ever since.   When I find something interesting, I take my curiosity seriously and try to fulfill it.  I appreciate my time and I am very active today.  I did not know that this day will ever come to me 4 years ago today.   Since 4 years ago, I worry less in general today, because most of things happen to me are not as serious as the cancer.   I am so grateful for my life.  It is a totally different world from my perspectives before the diagnosis.

This Spring 2018 semester, I worked with a fashion design student’s senior project on garments for breast cancer patients.  The student, Sidney, did a great work and I will make a report soon.

I am happy!  Big love, everyone!

キャッツ洋子 乳がん ようこ シンポジウム タモキシフェン ファッション

My last day of teaching for the Spring semester style. Hats by Yoko Katz. 今学期最後の授業に来ていった服。帽子は キャッツ洋子のデザインで、服に合わせて作ったもの。

4年前の今日、癌宣告を受けた告知日です。あと何年かしたら、4年前の今日の気持ちというのは色あせて忘れていくのでしょうか。当分は無理っぽい!

まず真っ先に、頭の中が真っ白になり。すぐに、「え?死んじゃうの?息子はどうするの?」と思い。自分の無力さや、どうにもならない自分の立場が恐ろしくて悲しくて。そしてまた、思考停止。そんな考えが ぐるぐる頭の中を回っていた。宣告から最初の週末には、息子のお友達の誕生日会に出かけて、アスレチック場にいた。きゃーきゃーとはしゃぐ子供たちの声と、一緒に話をしてくれた人たちのお話と、ハッピーバースデーの歌、すべては右から左に聞き流れていき。そこに体はあるのに、私はもぬけの殻でした。

そんなときから、4年!いまだに3か月に一度専門医のところでチェックアップ。毎日ホルモン剤を飲み続け、まだこれから6年間飲まないといけない。今のところ、再発とは言われていない。普段再発のことは考えない。けれども、さすがに専門医のところに行くときは、なんとなく頭の片隅に「再発」の文字が デデーンと寝っ転がっていたりする。今のところ、再発とは言われていないのでほっとしている。

癌治療が終わってからというのも、自分の人生のモットーを「好奇心には無数の可能性がある」というCuriosity has Possibilities に決めた。何か面白そうなことを感じたら、その好奇心を大切にして、なるべくその好奇心を満たすような行動をするようにしている。自分の時間が今ここにあることにすごく感謝しているので、出来る限りのことを思いっきりやっていきたい。4年前にこんな日が来るとは思いもよらなかった。4年前に比べて、私はあまり動揺しないし、うじうじ落ち込んだりしていない。癌に比べたら、そこまで深刻な問題ではないことが多いから。いまある人生の毎日にとても感謝をしている。宣告前の人生観とはやっぱりちょっと違う。

今学期2018年春学期は、ファッションデザインの学生と、乳がん患者さんのための服を作るプロジェクトをした。シドニーさんは、とても素敵なものを作ったので、ぜひここで紹介したいと思っている。

今の私は前にもまして 生き生きしていると思う!4年目の今日の私におめでとう。

Big Love!

2 CommentsLeave a comment

  • やっぱり洋子ちゃんは、笑顔が似合う。
    私が着ることのない(奇抜な)お洋服と靴とお帽子が、なんで似合うんだろう???
    来年の夏は、一緒にBBQしたいなぁ、、、、、私の漬けた梅酒とラッキョウで。

Leave a Reply