乳がん 抗がん剤治療 ウィッグ 食事

It has been 6 months since my last chemotherapy.  I have been craving food like crazy since then.  Constantly fulfilling my appetite as much as I could.  I am … finally content.

乳がん 抗がん剤治療 ウィッグ 食事

It was beyond my imagination how it was like to have food pleasure stripped away for 5 months.  When I lost taste of food I was devastated.  Eating became a task, rather than pleasure, and I needed to do it for life.  Cooking and eating was my love and that was taken away… it was not easy.

  • November 2014 (Before Thanksgiving) … Last Chemo.  As its’ side effects gradually were fading away, I started to eat again.
  • January 2015 … Breast reconstruction surgery.  Physically it was hard again.
  • May 2015 … Nipple reconstruction procedure.  Minor irritation.

As my strength was caching up, so did my appetite.  Finally it came to a point where more than half of my pants are too tight to fit in.  I craved food -all kinds, including a lot of snacks and cakes- until today, I finally can say I am content!!!

It is simply not economical to buy a whole new wardrobe, (it is great for the economy though, I must say), while there are so many of my favorite garments are in my closet.  I am in a mood of tightening my abs now.   Planned surgeries were all done, my physical strength is back, and the weather is great, too!

乳がん 抗がん剤治療 ウィッグ 食事

Nutritiously rich balanced meals (my past 4 day meals are uploaded) are the first step.  I would go as much seasonal organic as I can.

  • no snacking (I did a lot for the last half year!)
  • balanced meals (no restrictions on what I can and cannot eat, in terms of ingredients)
  • eat 3 meals, almost equal potions

最後の抗がん剤を打ってから、6か月になる。食欲がうなぎ上りで、身体が欲するがままに とにかく自分の食欲が満ちるまで 食べるに食べてみた。食事を美味しく食べることが とっても幸せなことだと感じながら。

5か月近くの間、食べ物を美味しく感じないということは、自分の想像を一瞬で軽く超えた。食べなくては生きられないから、生きるには食べないといけない。体を起こしているのがだるい中、全くおいしさに欠けるものを口の中に入れて咀嚼して、気持ち悪い中飲み込まなくてはいけない。食べる行為は義務となり、生きるために口に入れる。料理することと食べることが大好きだった私には、そうなってしまったことにショックで精神的にも撃沈する。初めての抗がん剤治療なので、こんな日々が毎日続くと、まるで永久に続くように錯覚し 再び沈没。大変だったなぁ と思う。

  • 2014年11月下旬… 最後の抗がん剤。それ以後、徐々に副作用が和らいでいくが、私が待ち望んでいればいるほど、じわじわとしか和らいでいかない。
  • 2015年1月… 乳房再建手術。再び 体が思うように動かないので、料理はできない。
  • 2015年5月… 乳首再建手術。今回は、そこまで構えるほどでもなかった。

最後の抗がん剤治療から、自分の身体に力が溢れてくると、食欲もいっぱい溢れてくる。食欲が溢れるから、力が湧いてくる。今日までの間に、とにかく自分の食欲を 思いっきり とことん徹底的に満たしてみる。スナック菓子から ケーキに至るまで、これでもか~ というぐらいに とにかく 食べまくってみる。そして、とうとう、「大満足!」と言える段階にたどり着けた。

同時に着いた場所と言えば、持っている服のズボンが 半分以上履けない場所にまで到達。お気に入りの服がいっぱいある中、これはこれは 不経済な。(私個人の財布に不経済なのであって、買い直すことは マクロ経済&世界経済規模では大いに歓迎するべきことではあるが。)大満足したところで、そろそろ 引き締めることに変更する。

栄養バランスが取れた食事に切り替える。 (今日は5日目。リンクは、私がこの4日で食べたもの。)ファーマーズマーケットも季節柄最高なので、なるべく季節を取り入れた オーガニックな食生活を心がける。

  • スナック類を食べない。
  • 栄養バランスを取るためにも たくさんの食材を食べる。
  • 3食 同じぐらいの量を食べる。
  • 各食 タンパク質 野菜たっぷり 炭水化物を食べる

6 CommentsLeave a comment

  • いいね~!戻ってきたね~!エネルギーを文章からも感じるわ♪
    その調子で頑張って!!

    • Kaoriさん

      思いっきり 食べまくったよ。
      特に ここ 数か月は ずっと食べてた。
      おかげで エネルギーが 有り余ってる感じです、はい。
      でも、元気になってきた証拠と言うことで!

  • サルエルパンツよく似合っている。トロトロっときれいに垂れている。

    お相撲さんの小錦パンツと私は名付けて、自慢だけどもう30年この季節にいつも出して履いている。イッセイミヤケのアジアだったかオリエントだったか、当時一世風靡したコレクションものだった。

    服もわたしといるうちに30年ものになってきたとつくづく思う。

    • かよこさん。うれしいわ、ありがとう。

      30年もの そういう服が手元にあるのは良いですネェ。私も そういうの 目指さなくっちゃ!こんど 見せて欲しい!

      小錦さんに 直接伝える勇気がないなっ。。。うぅぅーん。10年前には 見つからなかった型のパンツだけれど、ここ7年ぐらい またたくさんの人が着ているスタイルになりましたね。最近のファッション大学の生徒は、ウエストの高いあたりで 腰あたりがだぶっとした でも足首は きゅっと締まった 短めのジーパンをはいているのを目にするようになった 先学期。今度は これが 来るな~!と思ってる。 

Leave a Reply