乳癌 キャッツ洋子 体重 抗がん剤 Chemotherapy chemo タモキシフェン タモ 抗がん剤

I somehow gained weight about 15 lb more than the most stable weight for many years before cancer.  Recently, I had an opportunity to talk to other survivors of my age.  All three of us discovered that each individual gained about 15 lb.  We are all about 2 years after our last chemo.

We all take Tamoxifen, daily medication.  Tamoxifen itself is known to have weight-loss side effect.  Why did we gain this much?

研究 乳癌 キャッツ洋子 抗がん剤治療後 

The answer was inconclusive.  I have only read the abstract of this journal, issued this year.  The researchers examined past research and tried to answer to the question in the article title.  The results were some patients lose, stable, and gain weight before-diagnose and during 1 to 5 years thereafter, especially after chemotherapy.  Inconclusive and they suggest future study is needed in this area.

The only thing that many academic research journals say is that overweight or gaining weight increases a chance of recurrence or decreases the quality of life after chemo.

OK, OK, I cannot blame on Tamoxifen for the weight gain…  It happened that all three of us gained.  I could not generalize the theory of Tamoxifen weight gain.  Then, what can I blame on (LOL)?  Or more positively, how can I work on it?  Do I want to work on it?

  1. Maybe… I am getting to be the age where people start gain weight because of lower metabolism, around age 40ish.
  2. My psychological attitude has changed about eating for sure.  As a fashionista, it is much economical when one can stay in the same body weight for a long time.  One can invest on clothing, a very nice piece and enjoy it for years.  For a long time, I tried to stay in the same shape.  Today, I am not overweight, but I cannot fit into my favorite dresses, and especially pants, anymore.   My main attitude is to “be happy now.”  Enjoying eating makes me very happy, this became more important than before, after spending some experiences that eating was obligation to sustain life.

Do I really mean to lose weight to fit into my favorite garments?  Or will I just let go because it is my age and buy new garments?   I still cannot let go my unfitting garments, just yet.  What do you suggest?

(Photo is from January 2016.  My friend, Ai Hayashi, from elementary school gave me a hat that she made, Ninguru hat designer, selling in Japan.  I could not like my after-chemo hair and she gave it to me so that I feel more confident!  It worked and thank you, Ai!  People liked my styling with the hat and I received many compliments in NYC!)

抗がん剤終了後、約2年。相変わらず、意識しなければますます体重は増加傾向にあり。癌宣告前の動きやすい体重から6~7キロオーバー気味で、思春期の頃と変わらない体重に。先日、年の近い乳がんサバイバーで、治療も同じような時期にしていた人たちと3人で、増えていく体重にそれぞれが悩みを抱えているのを発見。みんな6~7キロオーバーだと困っている。

私たちは、全員、ホルモン系のお薬:タモキシフェン口径を毎日飲んでいる。それに違いない!と思えば、実は、タモキシフェンの副作用でいわれるのが体重減少。じゃあ、一体なんでまたそんなに体重が増えていくのか。研究 乳癌 キャッツ洋子 抗がん剤治療後 

アメリカの乳がん研究の学術論文で今年7月発表されたもののタイトルは、「初期乳がん患者の、抗がん剤後の治療における体重増加:その原因はなに?」。まさしく私の知りたいところ。

要約しか読まなかったが、要するに、「そもそも増加するとは限らない。もっと研究が必要な分野」という結論。なんだ。。。結局わからないままか。この論文は、過去の38の研究をまとめたもので、その研究によれば、減る人もいれば、変わらない人もいて、増える人もいる。その度合いも 研究によってばらばら。結論がない という論文。これが最新研究なのなら仕方がない。

ただ、多くの研究から言えることは、体重が肥満である人、もしくは、治療後に体重が増加している人は、再発のリスクが そうでない人に比べて高く、生活の質(Quality of Life)が下がる。というわけで、何とかしなければ(とは 思っている)。

実際に私の体重は増加している。ただ、どうやら タモキシフェンという薬のせいだ!と胸を張って言えないらしい。なんで太ってしまったんだろう。このままでいいのだろうか。

 

  1. とはいえ、私ももうアラフォーど真ん中。そろそろ中年太りと開き直ってもいいんじゃないか。
  2. 抗がん剤治療をしてからというもの、私の人生観が変わってしまった。昔は、体重を一定に保てば、高めの服にお金を出しても長く着れるので経済効果抜群。と、なるべく同じ体系でいようと試みていた。今となっては、優先順位に狂いが生じ、「今を生きなくっちゃ!」と おいしいね!といって食べていることに喜びを感じる。抗がん剤治療中、食べることが義務になったからね。。。苦痛だった。

本当に私は、今まで持っている大好きな服が着こなせるように体重が落としたいんだろうか。もしくは、年齢もあるし~、世界観も変わったし~ と開き直って、クローゼットの中身を新装するべきか。私のクローゼットの中には、まだまだ 昔の履けない服がハンガーにいっぱいかかっている。ここが正念場で、頑張って体系を戻すか。さて どうする。どうしよう。どう思う?

(写真は、1月の。Ninguruの帽子作家の林愛ちゃんは、私の小学校の同級生。日本に帰国した際に、当時悩んでいた 抗がん剤治療後のどうにもならない髪型の私に救いの手を伸べて、帽子を作ってくれました。ニングルの帽子に合わせてスタイリングして教えに行った時の写真。マンハッタンで、大好評で多くの人に声をかけてもらって 気分の上がったスタイリングとなりました。)

 

 

Leave a Reply