坊主頭 ターバン 乳がん ファッション スタイル ファッショナブル 頭 問題

Spring semester has started at college and I am back on my teaching schedule.  My very first teaching was supposed to be on Tuesday, but an expected huge blizzard cancelled it the day before on Monday.

Tuesday cancellation was much appreciated.  I still have my doctor’s order on my arms movements.  I am not supposed to raise my arms no higher than my shoulder height.  That is a problem in teaching and I was concerned about that.  A blackboard is set high so that students at the back room can see well.  One more day for resting was just what I needed now.  I obviously hoped, (and I am sorry for my students), that Wednesday class also would be cancelled, then one additional week of healing until next Tuesday.  Well, that did not happen.

It became the very first day that I went for teaching without a wig or a wrap.  I left just as is in the picture above.  I was planning to have a wig to go with, but as I was styling my outfit, my husband found it was put well without anything.  WOW, I was not thinking of that.  Am I ready for my super very short hair style ready to go?  I only had about 5 minutes to wonder about that.  I had to catch a train.  Well, there it is.

In fall, there were times that I was thinking of teaching without a wig/wrap, but my head did not go completely bald.  Probably less than 50 pieces of hair were still there, but of cause very short as my husband trimmed my hair very short when it was coming off a lot.  I had to shave with a shaving blade before I could go out bald.  Meanwhile, the season became very cold for going out bald.  I’ve never got around to it.

It looks good, I don’t find it strange if I come across a person walking down a street like this.  But I found that did not represent my personal character well.  I felt a huge gap between my character and the style.  It was probably only my perception that bothered me.  Somehow, this associated with a rock n roll bad girl.  It was not a part of me so far in my life, that this was a new fashion area that I have never engaged myself in, just yet.

It turned out very convenient in the first teaching classes.  I had two classes today (3 hours each).  Each class has a completely new set of students from the previous semesters.  All are new to meet.  I knew that I would come to class in different wigs or wraps every week.  Different hair styles will raise some questions to students.  I can probably pull it off by letting students to consider the head styling as a part of my entire fashion styling.  Students may not have to wonder a bit of my my hair issues for the semester.  They might think I am doing it for pure pleasure.  That was also OK.

Coming to classroom with the super very short hair, it started out very normal.  Except, it might leave an impression that this professor looks tough to crack down in grading.  That is not a bad start.  But knowing that for coming weeks, I will show up with different wigs, that made me want to reveal what was going through now.  This hair style, then made sense to students for today and for upcoming wig styles.  All solved.  Besides, most of my students are very young ladies.  I feel obliged to be a young cancer awareness ambassador for young people as well.  I did not have anybody around who had breast cancer as young as in their 30’s.  I ignored my lump twice before I actually checked myself in.

スカーフ 乳がん 乳房再建 手術

Great that I belong to a social sciences department, there are other professors such as psychology.  I stopped by at my colleague’s room and sought an opinion on this.  He did not find particularly concerned about revealing it as long as I am comfortable with it.  His personal opinion was to let it out as my approach was inspiring.  That made me ready to march into a classroom.  I had an impression that students received me being a cancer patient and still under recovery and treatments very well.  I am ready to rock n roll for the semester!

[15 days after my reconstruction surgery]  Doctor’s order for not lifting anything heavier than 30lb (that is quite heavy already).  Restriction to raise my arms no higher than my shoulder height.  Occasionally, I feel very sharp pain go through my breasts, 3 to 4 times a day.  Psychologically, I am up and down.  This morning (on Thursday, January 29) was down.  2 nights ago, I was down.  Mainly anxiety.  I know that I am still healing from the surgery, but my mind is ready to move on.  But my body is not ready yet.  I want to run around like a dog or swim like a dolphin.  I feel stuck.  I am anxious if there is ever a time that I don’t have to think about my boobs (probably it comes, but I just want to talk to somebody who went through this so share my feeling).  Today, I am thinking about my boobs ALL THE TIME.

大学の春学期がとうとう今週から始まり、私の授業スケジュールが始まった。火曜日が、今学期最初の授業となるはずだったのに、大雪対策で月曜日に早々、火曜日の授業がキャンセルとなっていた。

火曜日がキャンセルになったのは、非常にありがたい。私はまだお医者さんから 腕を肩以上あげてはいけないと規制がかかっている。肩以上に腕を上げないと 黒板を使って、グラフを描く私の授業には 非常に厄介な規制である。後ろの生徒に見えるように、黒板が高く設置してあるところもあるし、そうなれば、ますます 黒板の下の方だけを使って授業をしないといけない。週末ぐらいから、なんとなく どうしようかなと悩んでいたところだった。だから、火曜日にキャンセルとなり、回復に一日使える日が増えたのは ありがたかった。歴史的な大雪になるかもしれないとの予想だったので、水曜日も休みになってくれれば助かるなぁ(おっと 生徒の皆さんごめんなさい)と 勝手に思っていたけれども、水曜日が授業初日となった。

実は、水曜日に ウィッグやターバンを付けずに初めて授業をしてみることになった。写真そのままで授業をした。ウィッグも含めたスタイリングを考えていたのに、出かける直前の私を見たハズバンドが、「そのまま出かけてもいいんじゃないの?」 と言うので、鏡で見てみた。おっ~~っと そんなことは 考えてもいなかったし、後5分もしないうちに出かけないと電車に間に合わない。どうするどうする。このまま出かければ、スーパー ベリー ショートな髪型スタイルだが、大丈夫か。どうしよう。。。えぇ~~い、そのまま出てしまえ。(とても寒いので、帽子はかぶって出かけた。)

先学期に実は、何度か ウィッグやターバンなしで授業をしに行こうかと思ったことがあった。髪の毛がないもない、つるっつるっ状態で。ところが、実のところ、近くで見ると分かるのだが、50本ほど抜けずに 髪の毛が残っていたのである。事前に、坊主頭にハズバンドに丸めてもらったので すごく短いのだが、ポツンポツンと 毛が残っていた。「きれいに剃り落したら、出かけるわ、また今度。」と言っているうちに、秋が深まり 寒くなり、坊主頭で出かけるチャンスが無くなってしまった。

スーパーベリーショート も ないことはないかな とは 客観的に思う。道でこういう人が歩いていても、あ、すごい 潔い短い髪型しているのね、程度で済みそうだ。ただ、問題は 自分で自分の性格と外見が不一致していると思っている点である。(同一性障害の人はこれに近い気持ちなのかなぁ。)外見と性格の不一致は、私の中の先入観に問題がある。どうも、このスーパーベリーショートは、やさしさが取り去られて、ロックをこよなく愛する ハードコアな感じが漂ってしまう。なかなか その分野は今まで遠かったので、新たなファッション分野で 挑戦状が自分のもとに届いたような気がしている。これからの 新たな開拓地なのかもしれない。

思い悩んではいたものの、最初のクラスにこの髪形で出かけたのは、正解だった。一コマ3時間授業を 水曜日は2コマ持っている。各クラスには まったく新しい生徒たちがそろい、初めて顔を合わす。

今後、自分が毎週まったく違うウィッグをかぶって 授業をするのはよくわかっている。学期の途中で、生徒は 何かおかしいと疑問に思うだろうか。それとも、まさか私ががん患者だとは思えないので、先生は まったく喜び勇んでウィッグを付けているスタイルをして 楽しんでいるんだと思うんだろうか。授業よりも、ファッションに重きを置いているとすら思うのかしら。

最初の日にこの髪形で出かけて、普通に授業を始めた。過去10年してきたことと同じように 今までと同じように。ただ、いつもと違うことは、きっと私は初めて 「おっと~ この先生 すごくタフな感じがして 成績や提出期限に厳しそう」という 印象を与えることに成功したかもしれない。それは、悪くない。ただ、今後私は ウィッグを付けたりターバンスタイルで 授業をするはずである。やっぱりそう思うと、生徒に説明してしまえば、今のスーパーベリーショートの髪型の意味も生徒が理解できるし、今後もウィッグ姿に 理解を示してくれると信じている。もう一つ 大きなことを言うならば、大半の生徒が女性である私のクラスで、生徒に 若年性乳がんの存在を知ってもらって、本人に若い時から気にしてもらうといい啓蒙活動の一つかなとも 思っている。私自身、周囲に30代で乳がんになった人を知らなかったので、2度ほど しこりがあるのを気が付いて無視している経験があるから余計に。

自分が所属している部署は、都合がよいことに社会科学学科で、その中に心理学の先生たちがいる。授業前に心理学専門の同僚の部屋に顔を出して、生徒に自分が乳がん治療中だというのを説明するべきか しないべきかと 相談に出向いた。私さえ良ければ、生徒に説明をして問題が全然ないと言ってくれた。彼の個人的意見となれば、私がこうして 治療中も授業をし続けていることが とてもよい刺激になるので、ぜひ説明するべきだ。とまでも付け加えてくれた。うん、私の心理的にすべて 整った。そして、私は生徒にきちんと説明をした。さあ、今学期 のりのりロックンロールで突っ走るっきゃないぞ。

[乳房再建手術から15日後] まだお医者さんから 13キロ以上のものは持ち上げないようにと言われている。肩以上に腕を上げてはいけないとの制約もある。一日に、3度から4度、ピッシィッ っと激痛が胸を走り抜ける。ここ数日、体がだんだん動けるようになってきたら、心理的に もう動きたくてたまらなくなる。犬のように駆け回りたいし、イルカのように泳ぎまくりたい。そうなってくると起こることは、精神的に アップの時とダウンの時を繰り返す。治りつつある最中とは もちろんわかってはいるものの、気持ちが先走って、このままずっと 治りつつある たまにすごく痛くて、傷口が痛々しい状態が続き、おっぱいのことが24時間気になる日が永遠に続くようにすらなる。おっぱいのことを考えない一日が 将来やってくるんだろうか。やっぱり、どうもがいても、不安は不安で仕方がない。それくらい私は 四六時中 自分のおっぱいのことを考えている。これが 単に快楽的なエロい妄想でニタニタ 四六時中できているのだったら どんなに幸せなことか とまで 思う。(最後のは、ネットには書かないほうがいいね きっと ぷぷぷ。でも そう思う。)

4 CommentsLeave a comment

  • So happy to see you back at work doing what you love and so strong!! You rock and are an inspiration to us in your community and I am sure to your students and colleagues!! YOU GO GIRL!! xo

  • 元がいいからさ~。
    髪型も関係なくかわいいじゃん~^^

    授業がはじまったかあ。生徒に威圧w
    治療も日常もこなして・・・すげーなーおい。

    ぼくも四六時中考えちゃったじゃないか~ww

    • ふわっち。
      実は、写真を撮る方で育ってきて、撮られなれていないため自分撮りを研究中。
      今日は、かっこいい感じで 行ってみました。
      女々しいのが似合わない気がして。

      いつも 押しの弱い日本の 若い(若く見られる)先生なので、威圧的なのは すごくイメージが変わったわよ。おらおら~~。

      あら、四六時中 おっぱい~いっぱい~。ありがとっ、って 私のおっぱい?妄想おっぱい? 

Leave a Reply