乳がん 白 ウィッグ かつら 

As my natural hair is black, I noticed that it would be more difficult to wear light color wigs later without showing my real hair underneath.  Especially some sideburns will show.  I should enjoy now as much as possible.

I did not think it would be this much of fun changing wigs all the time.  But it is, believe me.  I hope some other cancer patients will try my way of coping with cancer, too.  Nothing to be afraid of being found out that you are changing wigs all the time.  I am surviving cancer treatments.  It is not easy.  But… what is wrong with showing the world that you have to fight and you choose to fight this way?

None of my wigs are made of real hair, but some of them look real.  Each wig is about $25 up to $75.  (Many patients buy real human hair wigs that costs $400 and up.  Some insurance company pays for it.  Mine was not.  American Cancer Society can refer you to receive one complementary wig from some local locations, if your insurance does not cover it.  I did not take the opportunity.  I left it for somebody in need.)

I thought I would be worried of accidental wig falls while teaching or walking streets.  That would be super embarrassing, just imagine.  But it is pretty secure that even I bend down to pick up something from ground and shake my head, it won’t come off.  Strong wind, no problem.  I remember, when my real hair was falling down, there was a day that I thought my hair would be “Gone with the Wind” without any grace and elegance.  My wig is way much secure.

だんだん地毛が伸びてきている。問題(?)は、明るいウィッグを着けたときに、地毛が見え始めてきちゃうことだ。特に もみあげあたりが 明るいウィッグの間から 黒い毛が見えるのが残念。(地毛が生えてきて もちろん うれしいんだけれどね。)

こんなに簡単に、ウィッグを付け替えできることが楽しいとは思わなかった。でも、この癌になってしまった事実は諦めても、この環境で楽しむべく努力はした。もちろん、すごく気持ち悪い日もあったけれど、すごく楽しいことをしたと思う。癌患者さんで、このようにウィッグで楽しんでくれる人が出てくることを望んでいる。

本物の髪の毛で一つウィッグを作ると 5万円とか ウン十万円とかする。私が持っているウィッグは、全部偽物の髪の毛だ。でも、最近のファッションウィッグは、すごく性質が良いので、触っても 偽物だと分からないものもある。価格も5000円から1万円で手に入る。セールの時もある。私のカラフルなお遊びウィッグなんて、アメリカで3000円ぐらいで購入したものだ。ウン十万円出す覚悟があるならば、私のように いくつもウィッグを買って付け替えてもいい。他の人に、ばれて何が悪い。私は一生懸命に この状況を生きようとしている。この時ほど、髪型や色を簡単に変えられるときはないぞ!と思って。私なんて、明るい髪の毛の色にしたことがほとんどないので、金髪Yokoも たまにはいいかなと。

ウィッグを着けないといけないと分かった時に、どこかにひっかけて ウィッグが取れてしまって 癌患者特有のツルツル頭が出てきたら 吉本のようには絶対に笑われないとは思っても、嫌だろうなと心配していた。すごく嫌だろうなと。ところが、このウィッグ、普通の生活をしている限り、万が一落ちてしまうということはない。あったとしても、可能性は少ない。床に落ちたものを拾って、頭を横に振ったとしても、落ちないしずれない。強い風が吹いたとしても、問題ない。

強い風と言えば、抗癌剤を始めて私の地毛が 猛烈に抜け始めたときに、強風の日があって、その時に、ここで髪の毛がどんどん飛んでいったら それこそ、文字通り「風と共に去りぬ」(マーガレット ミッチェル著で映画にもなっている)だなと 思ったものだ。髪が風に飛ばされていけば、エレガンスさは全くないけど。私の持っているウィッグは、とてもしっかり頭にくっついている。

 

6 CommentsLeave a comment

Leave a Reply