乳がん ヘアラップ ターバン ファッション

In a 3 hours lecture, I walk around classroom, visiting students here and there.  I give students worksheet, sometimes an individual work, or a group work.  I catch some troubled students early to set their understanding straight before they get really in trouble at the end.

“Any questions?” I walk around.  One female student said,

“Yes, I have a question.  Can I take a picture of you?”

I never had a Kodak moment request from a student in a class.  That was unexpected, but it was a pleasure posing and being photographed in the middle of class.  Besides, since I started to run this blog, I am posing to a camera all the time anyway.  I have a message to the world that fashion can help heal breast cancer, and other cancer, treatments process.  I started to feel needing to take my images for that.  I am getting used to be photographed by now.  Fun it was.

I am under cancer treatments.  Cancer treatments take a long time.  It can haunt me for the rest of my life in a way because the risk of recurrence is higher than average.  It is a hard road psychologically.  Many good ways of destruction from the cancer treatments are very helpful to go through this road.  Fashion can be a part of it.  My today’s outfit, I was happy to receive such a comment.  I am a cancer patient, but healthy people thought I looked great.  My family, friends and people who care about me find it easier to be with me when I feel happier.  They are happy for me.  I want to care about those who care about me even during cancer treatments as well in my own way.  Even those who do not know my cancer condition finds my styling fun.  That is exactly the message what I want to deliver to the world.

乳がん ヘアラップ ターバン ファッション乳がん ヘアラップ ターバン ファッション乳がん ヘアラップ ターバン ファッション

A colleague wonders how I do the head wrapping and we decided to do some lesson next week.  That will be fun.

[1 day after the 10th targeted therapy treatment]  Not much self-concerned about my breasts during a lecture.  Not as much tingling sensation in my fingers and toes (after the nerve damage from the chemotherapy.)  This is a big relief, since I was told that it could be permanent.  Only when those parts become very cold, then I get the sensation.   Diarrhea as usual from the targeted therapy treatment.  I feel slightly nauseous, but after the chemotherapy, this is relatively very minor one.  

3時間の講義中、私は生徒の机の間を歩き回る。論理の説明をしたら、実戦で問題を解いてもらう。個人で解く問題と、グループを作ってもらって、ディスカッションをしながら解く問題を用意している。こうしておくと、早々に理解に苦しんでいる生徒に、考えの修正を加えながら授業を進めていく。私のお気に入りの授業スタイルである。生徒が、ボーっとしていたり、携帯をいじっている暇がない。

「何か質問はありますか?」と聞きながら 歩き回る。一人の女子生徒が

「質問があります。写真を撮ってもいいですか?」

講義の真っ最中と言えば、真っ最中。そんな時に、写真撮影をしてもいいかと聞かれたのは初めて。癌治療中の患者でありながら、カッコイイ!とかオシャレ!と周囲に思わせてしまう。患者自身も、気分が良い。私ががん治療中だと知っていて、心配してくれている人たちは、そんな私を見てほっとする。治療中だと知らない人は、たんにおしゃれだと思う。とても良いことづくめだ。癌治療は長く続くし、こういう切り替えをしながら、心のケアもできると思う。心がポジティブだと、治りがよいという研究結果もあるようだ。

今回は、写真撮影にそんなに時間もかからないだろうから、いいわよ~ と。ブログのおかげで、自分でポーズを決めて写真を撮り始めているから、カメラの前で ちゃっかりポーズを決めるのも 少し慣れてきた。恥ずかしくて 昔はできなかった。でも、今は、「乳がん治療中で、髪の毛が無くなってもファッションで 少しでも明るく生活できる方法があるよ」と、私には、世の中に伝えたいメッセージが出来た。伝えるのに、どうしても自分の写真を撮らざる得なくなったもの。ささっと ちゃっかりポーズを決めて 写真撮影おしまい。可笑しかった。

同僚(健康な方)が、どうやって頭に巻くのか 今度レッスンしてほしい。ということで、来週あたり レッスンをしようねと盛り上がる。楽しみにしている。

[10回目分子標的治療後、一日目]  講義中に、自分のおっぱいが気になって仕方がなかったのは、先週までで。今週は、割と意識しないで過ごせるようになった。指先と足先の しびれがだんだんおさまってきている。(抗がん剤治療で、末梢神経にダメージが出てきたので、しびれている。)先生から、永久にしびれが残る人もいると聞いていたから、軽くなってきて かなりほっとしている。部位がとても寒くなるとしびれてくる。春や夏が待ち遠しい。分子標的治療後は、いつも少し下痢になってしまう。少し気持ち悪さもあるけれど、抗がん剤を経験していると、比較で、気持ち悪さはほとんど気にならないぐらいだ。

4 CommentsLeave a comment

  • ほんと、素敵よ~!
    気持ちの落着きと合わせて、自信と美しさでますます輝いてる✨
    FIT生徒の美の追求心をくすぐるわね♪
    前向きで真摯な姿、ステキ!
    がんばって~!

    • Kaoriさん

      治療が長く続くから、こんなふうに こつこつ 小さなところで 心をあっためてるよ。
      周囲の人から心配の掛け声ばかりもらうより、ポジティブメッセージをいっぱいもらうと こちらもウキウキしてくるの。
      かおりさんからの ポジティブメッセージもいただきっ、ありがとう! 

  • 洋子〜
    久しぶりにブログを覗いてます!
    エネルギッシュなファッションにさすが洋子と感動しています(^.^)

    病気と闘っているけど、
    ますます美しくなっている洋子の写真に、魅入っていたよ〜!

    日本から応援してるよー

    • ちひろ。
      メッセージでつながれて うれしいよ。
      大学時代、ちひろのおうちで私はVogueの雑誌かなにかみて、雑誌メークしたの。そのまま外に出たのはいいんだけれど、すごい 東京で浮いたの思い出した!

Leave a Reply