SHARE 乳がん卵巣がん サポートグループ 患者さんサポートグループ 話せる場所 必要 プログラムの写真 

I am so happy to see the photos from the photo shooting from 3 months ago came out great!  I am on SHARE breast and ovarian cancer support group organization’s website and it’s Fall 2016 brochure.  https://www.sharecancersupport.org/  Click and see, I am on the home page!

SHARE 乳がん卵巣がん サポートグループ 患者さんサポートグループ 話せる場所 必要 プログラムの写真 

It was a great idea to come to support meetings to meet other people who went or had been going through the same illness.  Without getting to know other people, loneliness was haunting me as if I was the only one who suffered from breast cancer.  Being surrounded by very supportive family and friends was fortunate, but they might not be able to share and understand all of the overwhelming emotions I had.  It was a big relief when I opened up my emotions and I received instant “I know what it is, I have been there.”  I was not the only one.  This survivors sisterhood was so much helpful.

If you are diagnosed with cancer, it can be very helpful to reach out your local support groups.  It was very helpful for me.

SHARE Cancer Support Group, Fall 2016 brochure: SHARE_Fall_Program_Guide_2016.  They have phone helpline and that might be a good start: 844-ASK-SHARE.

SHARE 乳がん卵巣がん サポートグループ 患者さんサポートグループ 話せる場所 必要 プログラムの写真 

Page 8 of the Brochure!  I am with another breast cancer survivor, Chiara.  She runs a blog called Beauty through the Beast.  She shows us that we can find positive things in our hardest time.  A very inspirational blog.  A very brave and beautiful person!

アメリカの乳がん・卵巣がんのサポートグループ:SHAREのウェブサイトに登場です!3か月前に撮影をしたもので、なかなか素敵に使われていて、うれしい。ウェブサイト と 2016年秋号の冊子にも使われてます。https://www.sharecancersupport.org/

 

癌と告知されて、ボロボロの時に、サポートグループに顔を出すのに勇気が要るのはわかります。恥ずかしいとか、人に会いたくないとかの思いもあるかもしれない。でも、サポートグループに顔を出すのを強くお勧めします!がん告知を受け、手術や抗がん剤を受けていると、どうしようもなく落ち込むことだってあります。家族やお友達の強力なサポートがあるかもしれない。けれど、同じ経験をした人から、「私も同じ思いをしてきたよ」と 自分の気持ちを フッーっと救ってもらえる瞬間に、自分一人じゃないんだと勇気がもらえるように思います。不安なことも 経験者から聞けるチャンスがあります。私はとても救われました。

もし、がん告知を受けて不安でいるなら、治療や再建方針に悩んでいるなら、ぜひ主治医の先生や病院にサポートグループを紹介してもらってください。

乳がん・卵巣がんのアメリカのSHAREサポートグループは、日本語のプログラムもあります。http://sharejp.org/

アメリカ 乳がん 卵巣がん サポートグループ

 

 

冊子の8ページ目に私、登場です SHARE_Fall_Program_Guide_2016.  一緒に写っているのは、チアラさん。彼女の勇気あるブログは、こちらまで勇気がもらえるブログです(英語)Beauty through the Beast。再建の胸まで載せてます。

SHARE 乳がん卵巣がん サポートグループ 患者さんサポートグループ 話せる場所 必要 プログラムの写真 

 

1 CommentLeave a comment

Leave a Reply