wig reconstructed breast

I just came back from my bi-annual breast check up and no indication of breast cancer.  (I hope I will keep reporting this good news every 6 months.  If recurrence happens, it has it’s peak in 2 to 3 years after the diagnosis. )

Mammography from a month ago looked all clear.  But it indicated I had dense breast tissues.  Dense Breast Tissue, means less fatty tissue in breasts.  It is harder to detect breast cancer in mammography compared to no-dense breast tissue population.  It is in law that doctors need to inform patients about that today, in New York among other states.  (See this reference for more information about Dense Breasts)

Depending on doctors, further examination may be suggested.  In my case, I did ultrasound to make sure it was all clear, and it was.  I had to wait for 2 hours for a technician to find a spot for an add-on patient like me to get it.   There was a moment when the technician went back and forth at the same area for many times, that made me worried.  If she finds a spot, that must mean that totally new cancer started to grow, or the same cancer but the chemotherapy and targeted therapy did not work.  That would be awful.  But it was all clear!

The technician: “Are you doing OK?”  as she was doing the ultrasound exams.

I smiled and said: “After this whole thing I have done, this is nothing!  It is almost a good massage.”

乳がん検診 超音波検診 マモグラフィー ウィッグ

At a waiting room, a woman came out from a doctor’s office, sounded very upset.  She was talking very loud on a phone and everybody could hear what she had to say.  She was upset, because she had to do another surgery after 2 weeks of her original lumpectomy operation.  I totally understand she gets upset.  After I wake up from my mastectomy operation, unexpectedly doctor found cancer in a lymph node.  I could not take that unexpected outcome on the spot.  It took time for me to absorb that newly upsetting information.  She said at the worst case, she would end up a mastectomy.  I told her that I had no-choice mastectomy last year.

When I finished everything and was walking toward a parking lot, that lady approached me and she asked me how I was doing with the mastectomy.

She said:  “you look like you have 2 boobs.”

I lowered my dress to show her my new cleavage and she was impressed.

She asked: “can you go to beach in bathing suit?”  I replied “sure!”

After showing my newly reconstructed breast everywhere, mainly to doctors and technicians, what’s the heck to have one more peek-a-boo.  She was interested in seeing it.  So we went into a bathroom together and there I shared the look of my breasts.  She was impressed.

Partially, I wanted her to feel that mastectomy is NOT the end of the world.  I hope that she is scared a tiny bit less about it.  It is unfortunate to have breast cancer, but I appreciate the skills of doctors I have.

A photo from my family summer trip within US. 米国内で家族旅行をしたときの写真。トウモロコシ畑

A photo from my family summer trip within US. 米国内で家族旅行をしたときの写真。トウモロコシ畑

半年に一度の乳腺外科でのチェックアップから帰宅。今回、乳がんの再発も確認されず、異常なし。6か月おきにこの報告ができますように。再発の可能性が一番高くなるのは、乳がん発見から、2年から3年後が一番ピーク。

ひと月前ぐらいのマモグラフィー結果は、異状なし。ただ、胸の中身が詰まっている。つまり、脂肪分が少ない胸である。脂肪分が少なければ、マモグラフィーに移る胸は影が多くなり、乳がんの発見が遅れることが知られている。ニューヨークでは、中身の詰まっている胸の場合は、患者に知らせるのが法律で義務となっている。

胸の中身が詰まっているなら、ではどうするのか。お医者さんによるけれど、超音波検査をマモグラフィーと合わせて検査する。急きょ、超音波検診をすることになったので、係りの人が アポなしの人を入れてくれるのを忍耐強く待つこと2時間。検査途中、同じ場所で、何度も超音波機を往復させて確認しているので、心配になってくる。これは、ひょっとして 何か怪しげなところが見つかったのではないか。。。もしそうであれば、抗がん剤も効かず、分子標的治療も効いていない新しい乳がんが出てきたというとか。。。など、勝手な被害妄想が膨らむもので、ドキドキしてくる。終了後に、担当医の乳腺外科の先生が、問題ないことを確認してくれたので、とてもほっとした。

係りの人が:「大丈夫ですか?」と 声をかけてくれるので、

思わず私は笑顔で:「去年してきた一通りに比べたら、超音波検査は、マッサージのようなもので 大丈夫です。」

 

待合室にいる間に、診察室から出てきた女性が とても動揺している。電話で大声で話をしているので、内容も勝手に聞かされた。要するに 部分摘出後の結果で、癌細胞がまだ体に残っている可能性が高いと出たので、来週再手術をすることが決まったらしい。「もう このままいったら、最悪私は 全摘出になってしまって どうしよう。してくれるの。」って話してる。(聞いている私は、選択の余地もなく 全摘出。)

大きな手術が終わった直後に、予期していない結果を受け入れるのは難しい。私も、全摘出後に麻酔から起きたら、リンパの転移はほぼないとみてよいと言われていたにもかかわらず、リンパ転移があった事実を受け入れるのに時間がかかった。彼女の動揺も 分からなくもない気がする。そんな彼女に「私は、全摘出手術を去年しているのよ」と伝えてある。

すべての工程が終わって、私が帰宅するころ、彼女も帰宅となった。そんな彼女が私の胸を見ながら、

彼女:「あなたは先ほど 胸を全摘出したって言ってたけれど、ちゃんと胸がついているじゃない。」

と言うので、大サービスで、ワンピースを思いっきり下に引っ張って 胸の谷間をしっかり見せてあげる(笑)。

彼女:「その胸だったら、水着を着て ビーチにも思いっきり出かけられるわね。」って言う。

私:「なんなら、全摘出から再建しているこの胸 実際に見てみる?」

見せてくれるとうれしいというので、この見知らぬ女性と お手洗いに二人で入り込んで、おもむろに胸を見せてあげる。彼女が 再建の胸に感心していた。

「最悪 全摘出だ」と 表現した彼女だけれど、少し その 最悪度が軽くなってくれたらいいなと思う気持ちがあった。全摘出は、もちろん嫌だけれど、世界の終焉ではないのよと。そんなことを思って見せてあげる気持ちになった。乳がんになるのは、不幸だけれど、技術のあるお医者さんに感謝です。

今回無事 異常なし。あぁ よかった。

 

2 CommentsLeave a comment

  • この女性がyokoちゃんの大サービスによって 
    どれだけ全摘出への不安を解消できたことか!

    異常なし! 良かった、何よりでっす!

    ≫再発の可能性が一番高くなるのは、乳がん発見から、2年から3年後が一番ピーク。

    まだまだ気は抜けないね。遠くから祈っときます!

    • ふわっち。 大 大サービス だったよね。でも、実際に自分の目で見るのと インターネットにある再建の写真を見るのとでは 印象が かなり違うのよ。不安が ほんの少しでも 軽くなれば もうそれで 私の大サービスは 十分なお役目を果たしたと思えて、私が 納得いける。

      そうね、2年 3年後、ピークを抜けても、ゆる~く 再発の可能性が徐々に薄まっていく感じだよ。とにかく 今は 目標は2年なにもありませんように。半年ごとに なんか こんな風にドキドキしちゃうの 嫌だなぁ。もう 抗がん剤 本当 いやだもの。お祈り 気持ち、届いてる。いつも ふわっちの ふわっとタッチ でも どっしり着地な お祈り、ありがたくありがたく いただいております。

Leave a Reply