乳がん ターバン 腕 制限 再建 シリコン

It was exactly a month after my reconstruction surgery that I had an appointment at the reconstruction surgeon’s office.  I don’t have any more arm movements restrictions after a month of not be able to lift them no higher than my shoulders.  I am set free!

I don’t get comfortable being photographed in naked breasts, but that is something a relatively minor burden that I had to go through, to keep before and after photos for a record at the office.  As I was posing for the photos, a nothing fancy posing for sure, my surgeon said;

“This is my best reconstruction job ever.”

I was thrilled to hear that.  He is not a specialist for breast reconstruction.  He does so many areas of reconstructions.  But I really think he did a great job on me.

We discussed of my nipple and areola reconstruction plan.  It will come in May.  It can be done as minimum time as 6 weeks after the surgery.  But I have a surgery cut right across on my middle of the breast about 3 inches.  He wants it to be healed better as to use a part of the skin area for my nipple.  I am looking forward to it with a little bit of anxiety.

Heal in heels

As for my arm movements, all the restriction is lifted!  I am free!!!!  But as I did not move my shoulder for a month, I feel tense and stiff.  Especially my left where lymph nods were removed.  I was curious to find out any limitations I might have in a long run.  Basically, I can do anything, including push-ups and rock climbing, anything!  Although, I was never be an upper body building type, but if somebody tells me I can never do forever, I would miss chances to do them.  I don’t miss doing them.

No more sports bra, but now more of a wired bra for support.  I will need to go out to buy some new ones for my new boobs!

kid son

My son joined me trying to capture my jumping moments with many photo shootings.  He was about to go to bed. タイミングよく 腕を上げて フリーダムを味わっている写真を撮ろうと苦労していたら、寝る直前の息子が割り込んできて 二人で ジャンプして タイミングの悪さに大爆笑連発。

I forgot to ask if I could sleep on my stomach.  I used to regularly sleep on my stomach.  The very first thing that I had to adjust was to sleep on my back since the initial cancer-removal surgery in May.  I still miss that a lot.  It sounds like a very small thing when it is available for you as an option, but once it is not permitted to do, it suddenly becomes very stressful.

My reconstruction outcome was better than what I hoped for.  However, this was just one good, and big good, step.  I always face some chance that the implants can rupture.  It is also said that manufactures guarantee for up to 10 years.   I was told not to expect them to last for my life time.  That means, I might have to do additional replacement surgery in my, hopefully a long, life time.  Even with the mastectomy, next three years are the highest chance for recurrence and after the three years, chances are getting lower but never be zero.  The recurrence can show up at the left breast or even at different body parts like brain, lung, and so on.  It is terrifying.

At the doctor’s office, four woman with hair really liked the way I wrapped my head.  They were on the wrap topic for awhile.  That was interesting and I was very happy about that.

As I was walking toward my car in their parking, I was briefly wondering and giggling, whether the doctor tells the “this is my best job ever” comment to all of his patient.  Each patient would never know!  Well, what matters the most is that I love my boobs and thank you, doctor!

ちょうどひと月前に乳房再建をして、本日診察の日。とうとう 肩より上に腕を上げちゃいけない という規制がなくなり、晴れて 万歳ができるようになりました!とうとう自由だ~。(金曜日に診察で、日曜日に写真を撮ってみた。)

上半身素っ裸で、写真を撮られるのは、治療の一環とはいえ嫌なものである。そんな屈辱にも耐えながら 術前 術経過中 と 記録を残していかないといけない。もちろん、モデル張りのポーズはしずに、ごくごくつまらなく立ち尽くす。そこで、改めて私の胸を眺めておいて先生が一言、

「私が再建した胸で、一番出来が良い胸だ。」

と伝えてくれる。うん、聞いてうれしいではないか。でも、とにかくとてもきれいな胸が完成していると私も思うから、聞いていて、そうだろうと思う。

今後の、乳首と乳輪の再建の話をする。5月に予定が立ちそうである。手術から最低6週間開けると聞いていたけれど、私の手術後は、8センチほど胸の ど真ん中に 「一」文字に手術跡があり、痛々しい。その一部を使って 乳首を作るので、傷ができるだけ治っていたほうが良いようだ。だから 5月まで待つことになった。少しの不安とともに、とても楽しみにしている。

腕の動作禁止令も解除され、晴れて私は自由!でも、一か月まるまる 肩を動かさないようにしていたので、肩のあたりが固まっている気がする。特にわきの下のリンパ切除をしている左腕は、動きが悪いし、痛い。体は徐々に動かしていくとして、長い目で見て 何かしてはいけない禁止動作があるか聞いてみると、これまた 何にもないという。腕立て伏せも、ロッククライミングも なんでもありだと。いや、そもそも、そういうことは ほぼしない生活だったんだけれど、誰かから「してはいけない」と禁止されていることが精神的に窮屈に思う。自由に動かして良いって!

スポーツブラから、普通のワイヤーブラに変更して サポートを重視するようにとのこと。新しいおっぱいに、新しいブラでも買いに行きたいな!

うつ伏せになって寝ていいのかと聞くのを忘れた。私は、ほぼ毎日うつ伏せに寝ていた。だから 乳がん摘出手術をした5月の日から、全くうつ伏せで寝ていない。すごく寝たいと思うけれど、寝てきていない。別にうつ伏せで寝なくてもいいじゃないかと思うかもしれないけれど、急に寝ちゃダメ制限が精神的に窮屈なのだ。

今回の乳房再建は、自分で思い描いていたよりも良くできたぐらいだ。でも、これは 私がたくさん踏み出している乳がんバトルの たった一歩でしかない。再建がうまくいったからと言っても、シリコンが破けてしまう可能性はゼロではない。シリコン製造会社は、10年保証しますとあるが、それ以降は保証していない。だから、長生きが可能であるならば、ひょっとしたら シリコンの入れ替え手術をしないといけないかもしれない。数年に一度、閉所恐怖症の私には怖いMRIもやらないといけない。全摘出したからと言って、再発の可能性を無くしたわけではない。取り残しがある乳房組織から再発するかもしれないし、転移して 脳や肺、ほかの臓器から乳がん組織が見つかる可能性だってある。最初の3年間が、最も再発率が高く、それ以降徐々に少なくなっていくが、ゼロになるわけではない。本当に怖いと思っている。

再建の先生のオフィースで、4人の髪の毛のある女性たちが、私のターバン姿が とってもおしゃれで それは どうやってやるのか?と 聞いてくれた。とっても嬉しい。

帰りに 駐車場で車に向かって歩きながら ふと、まさか 先生 先生の患者さん全員に「これが 私の最高の出来だ」とリップサービスしてないわよね。と思ったら 可笑しかった。たぶん、そうじゃないはず。でも いいの、なんであれ、自分の新しいおっぱい大好きで 先生に感謝しているんだから!ばんざ~い!

 

                           

2 CommentsLeave a comment

  • こんなに自由なポージング。今までなかった写真なだけに、躍動感ハンパない!
    祝、腕上げ。
    息子ちゃんの後ろ姿もぐー

    • Chioroちゃん

      そうなの 祝 腕上げ!!
      ありがとう。
      だんだん モデルのポージングに幅が出てくる!?

      息子ちゃん パジャマの上下がばらばらですがっ。一緒に 楽しかったよ。

Leave a Reply