乳がん コールドキャップ 

Keeping hair during chemotherapy, we have an option called a “cold cap.”  If I had more time to find out about this, I might have had this for me.  I knew about this, but I just did not have time to consider and arrange this.

I was listening to National Public Radio today and there was a topic on cancer and the cold cap (click to listen to it).  It was an interview of a women who was diagnosed with cancer about a year ago.  She tried the cold cap and kept her hair during the chemotherapy.   I also discovered my cancer 10 month ago and I lost hair.  I am still dealing with my hair issue.  mmm.

The cold cap is a blow freezing temperature hair/head wrap, -the least fashionable look head wrap ever, I have to say :-)!  A patient starts to put it on one or half an hour before a chemotherapy session.  Every 30 minutes, she changes the wrapping to a new cold one during and even until a couple of hours after the chemotherapy.  That can prevent hair from falling off.

I did some quick research online now, but I did not come across any scientific studies out there to reveal the actual mechanism of how it worked.  Somehow making the scalp veins super cold let patients to keep her hair. (The video has a doctor’s opinion how it works.)

Well, in fact, I knew about the cold cap before chemotherapy and because of the following 4 reasons, I decided not to do the cold cap.

1) The most horrifying side effect of the chemo was that 1 year of chemo would kill 10 years amount of eggs reserve.  I always wanted to have the second child, but some doctors were telling me that I might become early menopause.  No more child.  Learning about my cancer was hard, but this information was as shocking as the cancer.  I have heard a lot of hair loss due to chemotherapy, but nobody was discussing about the horrifying chemo side effect.  This made hair-loss easy.  No big deal, it will come back.  (Eggs, once you are done, that is it.)

2) I did not have time to deal with that at the time of diagnoses and before the chemotherapy.  Toward my cancer removal surgery, I had to meet four types of special doctors: a breast surgeon, an oncologist, a reconstruction surgeon, and an egg preservation doctor.  From the day of diagnosis until my surgery, I had about 40 days.  During that days, I saw those doctors.  Often, I had to wait for a week to a couple of weeks for the first appointment.  Except the egg preservation doctor, I saw 2 to 3 doctors for each specialty to get the second and the third opinions.   Meanwhile, I had to do further testing to finalize the surgery plan.

A week after the mastectomy, I started my egg retrieval procedure.  Everyday hormone shot, frequent blood tests, and doctor’s visit.  While I was still wracked from the surgery, I had to go to the doctor’s office in the city.

Meanwhile, I had to change my original oncologist.  I had to find a new one.  A whole another process to determine my chemotherapy plan.  By the time I was set with a chemo plan, it was due for the chemo to start.  It is recommended to start chemotherapy about 4 to 6 weeks after the surgery.

3) It was going to be out of pocket expense.  It would cost about $2000-2500 to keep my hair.  -I did not know the price then, I knew it was expensive and I immediately thought I could buy so many wigs, and I took this as fashion challenges.  Fashion should serve to help people, not just an accessory for rich or healthy.

4) All of my doctors were simply “oh, hair will come back.”  It sounded not serious to consider about.

So, before my surgery, when a neighbor friend told me that she had heard about it, I thought of it briefly and I hardly had a time to seriously look into it.  When this friend had heard about it, it had to be arranged to ship from Mexico and it was not available in US.  I was not sure how I would arrange that.   Another uncertainty was I assumed or heard it was not for 100%.  (If you are considering, please check this fact.  I am not sure.  The video said it sounded 100%)

I did not choose it.  I let it go.  But especially the video link above is motivational.  If somebody else did a little bit more research for me while I was in the midst of the crazy scheduling and life threatening decision making, I may have considered it a little more seriously.   Not all the hospitals offer the cold cap, as it requires a special freezer.  You can check the list of US hospitals here.

Cold cap is great.  Fashion head wrapping is great.  But I would like to (and I will) do some activities to raise money for researches on cancer treatments without chemotherapy.  Chemo’s side effects suck!

抗がん剤治療中に、髪の毛が抜けないようにする救世帽子:コールドキャップ なるものがある。

今日は、公共ラジオを聴いていたら、コールドキャップの話をしていた。(英語ですが こちらで聞ける。全部 文字に起こしてあるので、読みながら聞くと 英語の勉強になると思います。)癌宣告を1年前に受けて、コールドキャップを使っていたので、髪の毛が残っているという女性のインタビューである。それを聞いている私は癌宣告を10か月前に受けて、コールドキャップを使わなかったので、髪の毛が抜け落ちた女性である。うーーむ。

コールドキャップとは、零下30度の帽子を抗がん剤治療が始まる1時間から30分前に着け始め、抗がん剤治療中の点滴が落ちている間、終わってからの数時間 この帽子を30分おきに付け替えて、頭皮を常にマイナス30度の帽子でくるんでおくものである。これをすると、あら不思議、髪の毛が抜けない人が多いのだそうです。(上の ビデオをご覧ください。これまた英語ですが、ここに登場してくる女性は、抗がん剤治療をしているのに、髪の毛が80%ぐらい残っているそうです。コールドキャップをするほとんどの人に髪の毛が残るそうです。)

オンラインで、少し調べてみたけれど、どうもまだ科学的立証まではたどり着けていなくて、どうやらうまく働くらしいという実数で広まってきているような様子。ビデオでは、頭皮に血流を流さなくするので、抗がん剤の薬の効き目が薄くなるのだろうと、お医者さんも 断言を避けていた。

その節、私が抗がん剤治療をすると分かった時に、コールドキャップの存在を耳にして、以下の4つの理由から、私はコールドキャップをしないで治療することになった。

1)抗がん剤治療の副作用で、髪の毛が抜けるよりも、私にとって もっと恐ろしい副作用があると学んだからだ。卵巣が抗がん剤でダメージを受けて、排卵をもうしなくなるかもしれない。乳がん宣告と共に、生理が後1回あるかないかで、閉経を迎えるのかもしれないと学んだときのショックは 乳がん宣告と同じぐらい強烈だった。二人目の子供がほしかったから。抗がん剤の副作用で髪の毛が落ちるとよく耳にしてきたが、卵巣がダメージを受けて もう子供が産めない体になるかもしれないと言うのは、誰からも聞いたことがなかった。この副作用のことで頭がいっぱいだったので、また生えてくる髪の毛の副作用が、相対的に すごくちっぽけに見えた。

2)癌宣告から、抗がん剤を始める日までの目まぐるしさで、それどころではなかった。乳腺外科、整形外科、抗がん剤治療専門医、卵子保存専門医とミーティング。各種テストを受け、私も自分で知識をつけていく。各専門医のセカンドオピニオンを聞くのに また時間がかかる。

全摘出手術1週間後、卵子保存のための先生のオフィースに出向き、卵子保存の治療を始める。ホルモン注射と、2日に一度ぐらいの血液検査をし、手術から3週間後に再び手術台に乗って卵子保存。

抗がん剤専門医と治療プランを決めていき、形成の先生と手術後の経過のチェックアップを何度もする。抗がん剤は、手術後4週間から6週間で始められるのが目標と言われている。あっという間に、抗がん剤を始める時期となる。

3)自腹となる。どうやら、全体で20万円から25万円(1ドル100円計算)で、髪の毛が保存できる。(が、その当時、私はいくらかかるか 調べないといけなかって、時間がなくて、そこまで調べられなかった。)私は、忙しかったのもあり、まあ いいや、いくらかかるか よくわからないし、高そうだから、ファッションチャレンジとして 何とかやりくりしてやろうじゃないか と心が決まった。

4)お医者さんたちが、「あぁ 髪の毛はすぐにまた生えてくるから」と 癌治療に比べて、髪の毛の問題は比較的小さい感じの印象で話をしていた。卵巣のショックもあって、私にとって相対的に軽いショックだったから、いいかと思えた。形成で、一生付き合っていく 再建の胸の方にもっと時間をかけて調べ物をしていたので、髪の毛の優先順位がかなり低かった。

 

乳がんだと分かって、手術前に、私の住んでいる地元の友達から、コールドキャップのことを初めて聞いた。ただ、本当に時間がなくて、調べることが多すぎて、決めなくてはいけないことが多すぎた。髪の毛は、まあいいや、生えてくるから。と。その友達も又聞きで、メキシコから取り寄せるだとか、自分でアレンジをかなりしないといけない印象を受けた。

でもビデオリンクで、髪の毛が抜けずに済んだ人を目にすると、誰かが調べてくれていたり、前から知識があったのなら、もう一つ、同時進行で コールドキャップのアレンジをしたのかもしれないな なんて 思えた。ヨーロッパでは、もう少し認知度が高いような話だが、アメリカでも ここ数年徐々にニュースになってきているのかもしれない。アメリカでオファーされている病院のリストは こちら。

コールドキャップも良いけれど。ファッションターバンも良いけれど。私は 抗がん剤治療に代わる癌治療の分野に資金を寄付できるような活動をして、髪の毛が抜ける副作用が無くなる新方法の研究開発に資金寄付できるような活動をしなくてはいけないな。と思っている。

4 CommentsLeave a comment

  • When my partner had to make this decision, what to do about hair. She did it boldly.
    She said, lets do it. And I th ink it was a way of taking control. Hair was going on her terms.
    So we put a chair in the bathtub and I took a clippers thing she had already bought and we shaved her head.
    we did it with humor, ok maybe dark humo,r, but still with a lightness that was genuine somehow. And she looked cool.
    We were ok with it. She was ok with iit, then.

  • 確かに、状況からすると、プライオリティーは低かったのは納得。
    本当に忙しかったもんね。キモまでの間。
    この帽子の話も出てこなかったくらいだもんね、話聞いてても。
    なんか仕組みがまだ解明されていないとかいわれると考えちゃうよね、真剣に「なんで髪の毛が抜けないのか」ってね。気になる〜。
    でもやっぱし血流かしら。

    これから抗がん剤とは全く違うアプローチの癌治療が出てくるのをやっぱり期待するよね。いろんな治療方法が患者側から選べて、それを医学的に後押ししてくれるような、一人一人にあったら治療が進められる世の中になるといいなぁ。

    • Chioriちゃん

      本当、話を ずっと聞いてもらってる。ありがとう。
      今検索すると すぐに出てくるような情報ですら、当時は そんな時間すら作れなかった。

      これからの治療、本当に そういう世の中になりますように。だね。

      • Chioriちゃん

        あら、大丈夫?
        あれから また 癌研究の最新セミナーを聞きに出かけたけど。かなり 勉強してあったので 最新と言われているところは カバーしてあるわぁ~ って 感じでした!
        よかったよかった。
        早く寝ます。

Leave a Reply