Today is National Mammography Day!  Check your to-do list now and make an appointment for your annual check up. (or ask your wife or girlfriend to do it)

 

  • About 1 in 8 U.S. women (about 12%) will develop invasive breast cancer over the course of her lifetime.
  • In 2014, an estimated 232,670 new cases of invasive breast cancer were expected to be diagnosed in women in the U.S.

(data source from BreastCancer.org)

  1. Mammograms can save your life.  It reduces your risk of dying from the disease by 25-30% or more!
  2. Don’t be afraid.  It is fast procedure (20 minutes).
  3. Get the best quality you can.  If you have dense breast or are under age 50, try to get a digital mammogram.
  4. Mammography is our most powerful breast cancer detection.
  5. An unusual result does not always mean you have breast cancer.

(I could not find the online version of the advertising I found on my local paper, I typed up some of the highlight!)

Where can you get a mammography?

  • National Cancer Institute (1-800-4-CANCER)
  • American Cancer Society (1-800-ACS-2345)

 

I never had my mammography until the time I discovered my cancer.  I was 36 years old.  I felt a lump on my breast and checked myself in for the very first mammography, “just to be safe.”  It was unfortunate that I had cancer, but I am glad I did it then because it was caught early.  It can be scary, but with today’s research and treatments, it is truly worth catching it early. 

I once had an opportunity to go for mammography when I was 32 years old.  My gynecologist told me it was a good idea to take a baseline.  I called up a facility, but they told me that it could trigger a false positive with young dense breasts.  It is probably true, but they should not have told me that I should have waited until age 40.  Since then, my mind is set so that I would do my first mammography at age 40 and “I do not worry about it until then.”

It is rare for women under age 40 to become breast cancer.  But that does not mean that they are cancer-free.  Somehow my mind set was that I don’t have to worry about it until age 40.  That was wrong.  That mind set let me ignored twice when I noticed my lump at the beginning.

The chances of me getting the breast cancer in the next 5 years with my per-diagnosed condition, it came out to be only 0.3%.  (Use this link for the calculation.) I have been and been known as health conscious as eating healthy and doing exercises.  But things can happen.   It is scary, but be open minded for me!

I found an informative article here for you to read more about screening.  It is recommended that women over 40 should do the mammography.  It is also important to know if you are a high-risk type (testing positive for BRCA 1 or 2, having dense breasts, having one or more first-degree relatives (mother, sister, or daughter) with breast cancer).   There are ways to do preventative approach and you should talk to your doctor about it.

So, let’s check your (or your wife’s or girlfriend’s) to do list and make an appointment for the mammography.   If you do, that means a lot to me!

10月第3金曜日は、アメリカでは 国民マモグラフィーの日になっています。さて、今すぐ 手帳の To-Doリストに記入して、マモグラフィーの予約を取りましょう!(妻、彼女などにもチェックです!)

10月は、乳がん月間。アメリカでは、クリントン政権の時に、毎年10月第3金曜日を国民マモグラフィーの日に決めて、啓発運動をしています。

  • 日本では14人に一人が乳がんになるといいます。(アメリカでは8人に1人です。)

地元の新聞に載っていた広告。マモグラフィーについての5つのこと。

  1. マモグラフィーが命を救う。マモグラフィーを受けることによって 早期発見により、25-30%の死亡率を減らします。
  2. マモグラフィーは20分程度かかる簡単なものです。
  3. 質のよいマモグラフィーを取ってください。(デジタルマモグラフィー というのもあるそうです。興味がある方は調べてみてください。)
  4. 乳がん発見にはマモグラフィーが最善な方法です。
  5. 何か発見されたとしても、すべてが癌だとは限りません。

今月の日本でも乳がん対策啓発運動が活発発になっています。こちらの運動も。

乳がん ピンクリボン

 

私は、36歳になるまでマモグラフィーをしたことが無かった。でも、自分でしこりを感じて、お医者さんに行って、一番最初のマモグラフィーをすることになり、それで乳がんを発見している。しこりが表面にあったからこそ、早期発見が可能となり、すぐに治療に移行している。でも、このしこりが 胸の奥のほうで成長しているのであれば、発見が遅くなったことだと思う。

一度は32歳の時に、婦人科の先生に、基となるマモグラフィーを取ることをお勧めします。と言われて予約を入れようとした。そこで、「若い人の胸は、密度が高いので、うまく取りにくく、間違った陽性と出てくる場合があるので 40歳になるまで取らなくても良いわよ。」と言われて予約を取らなかったことを思い出す。

そこで私はひとつの情報を手に入れてしまった。「40歳まで、乳がんを心配しなくて良い」のだと。確かに40歳以下で乳がんになる人の数は少ないには違いないが、ゼロではない。周囲に乳がんの人がいなかったし、ましてや 私の年で乳がんの人に出会ったことが無かった。だから、自分に最初のしこりを見つけた時に、実は、2度ほど無視をしている。乳がんだなんと これっぽっちも疑わなかった。だから、あれ?と思ったときも、生理に伴って胸の張りが違うのかな程度で無視をした。

乳がんと分かってから、自分が乳がんになるリスクを測るサイトがあったので、そこに 自分が乳がんと診断される前の情報を記入してみる。今後5年間で自分が乳がんになる確率は、なんと たったの0.3%だった。

自他共に認める健康的食生活を過ごしてきた。食べるものも気をつけてきたし、運動もしてきている。それでも、乳がんになるときはなる。ただ、宣告されたときのショックはひどいものだった。でも、それでも早期発見。確かに 自分が乳がんであるかどうかを確認しに行くのは怖いには違いないが、早期発見が命を救う。確かに言おう。治療のプロセスは長いし、コンチキショ~~~!気分も体調も今まで出最低だ(ネットなので、この辺の言葉遣いでとどめて置こう。)。でも、それでも このコンチキショ~を乗り越えれば、また普通の生活ができると信じている。

アメリカの乳がん治療は、癌になってから対処するという段階から、癌になる前から対処しようという方向に変化している。自分の乳がんに対するリスクがどれだけ高いか というのを理解して、ハイリスク個人には、薬や頻繁なスクリーニングで対応している。特に 親・子・姉妹 が 乳がんである人は、ハイリスクに当たる可能性が高いので、専門医に相談して欲しい。

私がこうして自分の乳がんを公にすると決めた一番の大きな理由は、私と同じ思いをする人をひとりでも減らすことにある。ぜひ、この機会に、マモグラフィーの予約を入れてくれるのであれば、とてもうれしい。

 

 

 

 

Leave a Reply