My treatments planI wanted to share my treatment time line for a reference.  (Please read “important” at the bottom, if you are diagnosed breast cancer.)  As many of breast cancer cases, I did not feel a pain or sick at all.  I felt perfectly healthy, in fact, I thought I was one of the most healthiest, or the most health conscious person around me.  One major different thing about the cancer from other illness is that removing cancer with surgery is only the very first step (note: some cancer requires chemotherapy before surgery).  Many other treatments to follow in breast cancer.  When I found about about the length of the treatment I had to have, I was daunted to face that fact.  Previously, I never had surgery, I did not take any medications regularly, and I even did not take any vitamins because I self-studied nutrition and my meals provided me balanced vitamins and minerals.

Day 11:  Almost normal.  I took a long nap in the afternoon.  I also did another bike ride!

[physically] I can feel a mild body ache from yesterday’s exercise.  I need some exercise.  Mild nausea, but I did not take medication.  I wake up feeling normal, but gradually my nausea reminds me that I am under chemotherapy treatment, (this is an improvement.)  I had head ache and took Advil.  My pimples are healing.  I don’t digest food well, food comes out from me recognizable (I tried not to be very descriptive).

[emotionally] Very steady.  I can predict the next cycles.  Not knowing what will happen to me was a big fear.  Next cycle, I might be a little better to handle the cycle emotionally.

My treatments planJapanese

こちらが私の治療プランです。(乳がん患者の方は、参考にする程度にしてください。各自の乳がんの種類と進度具合 その時代によっても異なります。)乳がん患者の方で、痛みもかゆみも何も感じない という方は多くいますが、私もその一人です。自分では、とても健康的だと思っていました。ランニングやスイミングで運動を心がけてしてきているし、食事も栄養を勉強して、食事の取りかたやバランスに気を付けた食事をほぼ95%自炊で生活してきました。人一倍、健康に気を付けてきていし、私の周囲に誰一人この年齢で乳がんになった方がいなかったので、自分が乳がんだというのを宣告される日まで微塵も疑っていませんでした。

癌治療がほかの病気と違うところは、手術は単に第一歩でしかなく、治療完了に至るまで、私のプランは11年かかります(乳がんの種類によっては、手術の前に抗がん剤治療が始まるものもあります。)。私は、手術もしたことがなければ、薬を飲み続けたこともなく、ビタミン剤すらいらない食生活をしてきていましたので、このプランを突き付けられたときは、時間の長さに、プランを飲み込むまでに唖然とした時間を過ごし、ふさぎ込み、たくさん泣きました。同時に、8歳の息子には、できるだけ日常生活を過ごさせてあげないといけないとの気負いもありました。乳がん宣告された方に、参考になればよいです。

Day 11: ほぼ日常生活に差しさわりがなくなってきている。昼寝を1時間半。夕方 1時間 ゆっくりと自転車で運動。

[体調] 昨日の運動が効いているのか、体が少し筋肉痛。少し気持ち悪い感がある。起きた瞬間は、すっかり何ともなかったのに、すぐに気持ち悪さを感じて、抗がん剤治療中だと思いだした(進歩!)。頭痛がしたので薬を飲んだ。吹き出物が 落ち着いてきたのは、昨日から積極的に野菜を食べているからかな。ところが、消化しきれないのか、食べ物がわかるほど そのまま出てくる(書いてごめんなさい)。

[心理] 安定。次の抗がん剤治療のクールで どんなことになるのか 予測がつくので、次回のほうが心理的に多少楽に抜けられるといいなと思う。

Leave a Reply