抗がん剤治療 生理 

I am super excited to have my period back yesterday after the breast cancer treatments.   I was told that chemotherapy could damage my totally healthy ovaries and could strip away my period FOREVER (at the age 36).  I welcome back my period with joy today!

Finding out my breast cancer was only the beginning of a series of horror.

1. Do I lose the entire or partial breast?

My doctor removed the whole left breast tissue.  I knew this had to happen, I have breast cancer. Bye-bye, my left breast.

2. Can I keep my nipple?

My doctor removed the nipple.  The tumor was very close to the nipple.  Doctor convinced me the high risk recurrence of breast cancer if I leave the nipple for my case.  OK, I will let it go.  Bye-bye, my nipple.

3. Yes, I lose my hair due to chemotherapy.

Image of losing hair with chemotherapy has been known to me.  Once I found out about my breast cancer, I kind of spoke to myself that this would probably happen.  I had straight very long hair, down to my waist line. really long.  All of my doctors looked very sorry to let me know of the hair loss. OK, good-bye hair.  But only for now.  See you later.

4.  What?  More?   I may lose my period forever.  I may not be able to conceive a child any more.  What?

This was very shocking.  I never thought of it before.  Beside, I have only an issue in my breast, which had no pain to begin with, and not elsewhere.   Apparently, if one year long chemotherapy treatment is done, then active ovaries get damaged and lose 10 years amount of eggs.  At the age of 36, after chemotherapy, I may not have period forever.  But no scientific research is done to know the chance of having the period back.  No doctors know what would happen to my functions of ovaries.  I had no idea about that.  It was hard for me to say good bye, maybe temporary, or maybe forever.  I was not prepared to say forever good bye to my period at the age of 36.  Fingers were crossed after seeing my possibly very last period in my life in August 2014, right before the chemotherapy. Farewell, my period.

1-4 are my thoughts from a year ago when I found out about my breast cancer._____________

乳がん 生理 卵巣

Today: A week ago, I had seen my oncologist.  We were discussing about my period only to find out that there was nothing we could really do about it now.  Just wait and see.  It may never come back, or it may.  Nobody knows.

Interesting enough, she asked me how were my hot flushes (that I had because I was the same condition as menopause).  I realized that the hot flushes were almost gone for the past 3 to 4 weeks and it was much easier to deal with.  She told me “that can be a sign that your period is coming back.”  It appeared to be that less hot flushes meant my ovaries started to get back in business.  A week after that, ta-ta!, I have my period.

I shared my news with another breast cancer survivor.  She was telling me that this was almost a miracle!  She had never heard of it before (but some people get it back, that I knew, but she did not know) and was happy for me.

乳がん 生理 卵巣

Funny, I had to run with my spotted underwear in my hand to show my husband and share this great news!  (I have never done that before and I am embarrassed to write this.  But that is how much I was excited about it.)  Well, now I remember how annoying the period can be, but I am super happy.

Oh… now it make sense to me that I was being in a really really bad mood to my husband for the last one week or so and now I can blame on my period!  Dear my husband: I am sorry, but I love you!  (And please expect this bad mood cycle may start AGAIN…)

Coco Rocha’s Study of Pose #480 (My posing could be the same all the time, so I imitate different modeling poses with this book for a change.  The top picture is in #480 pose.)

乳がんの治療が始まって一年、昨日、私の生理が戻ってきたのが とてもうれしい。抗がん剤治療が、健康な卵巣を傷つけて、「今後一生 生理が来ないかもしれない」 とお医者さんに宣告されたのが去年の夏の36歳。だから、こんなに早く生理が戻ってきてくれたのが とてもうれしい。

乳がんだと分かってから、不安はともかくも、数々のショックと覚悟をしなくてはいけなかった。

1)乳房の一部摘出?全摘出?

私の左胸は全摘出と決まる。乳がんと分かってから、ひょっとしたら そうなるかもと 頭にあった覚悟。わかりました。左胸さん、今までありがとう、さようなら。

2)乳首は残しておける?

先生は、乳首も摘出しないといけないと。悪性腫瘍が乳首のそばに出来ているので、将来の再発の危険を下げるためにも、乳首を取るのが最善だと。わかりました。そういうこともあるでしょう。左の乳首さん、今までありがとう、さようなら。

3)はい。抗がん剤ですものね、髪の毛も抜けるでしょう。

抗がん剤で髪の毛が抜けると言うのは、よく知られていること。だから、治療に抗がん剤が入っている時点で、きっと髪の毛が抜けるのだと覚悟した。悪しくも、私は、ピカピカの黒髪ストレートヘアにして 腰付近まで 艶々に伸ばしていた。抜ける長さが 半端ない。8人あった どの先生も、長い髪の毛の私にとても言いにくそうだった。でも、乳がんだと分かった時から、そういうことがあるかもしれないと 覚悟をしていた。うん、髪の毛さん、バイバイ。また 今度会いましょう。

4)え?まだ 何か あるんですか?え?一生私の生理は戻ってこないかもしれない。もう子供は産めない可能性がある。なんだって?

乳がんと分かって この事実を知らされた時はショックだった。乳がんの治療が 健康な卵巣にどんな影響が出るかなんて、耳にしたことがない。乳がんも、しこりがあるだけで、痛くもかゆくもない、ましてや 体のほかのところは、健康だと思っている。どうやら、一年間抗がん剤を続けると、10年分の卵子が破壊されるらしい。女性は決められた数の卵子しかもって生まれていない。だから、壊されてしまえば、卵子は再生不可能となる。

ただし、この分野、なにせ 若年者の癌患者数が そもそも 少ないため、研究がなされていない。だから、どのお医者さんに聞いても、科学研究にもとずく立証がないので、「生理は 戻ってくるかもしれないし、戻ってこないかもしれない。」 統計のパーセント表示すら 提供してもらえない。まさしく、神のみぞ知る状態。だから、ひょっとしたら戻ってくるかもしれないけれど、ひょっとしたら、もうこれで最後の生理かもしれないと、去年の8月抗がん剤治療前、祈りながらに 卵巣さん、生理さんにさようならを告げた。

____________________

時間は現在に戻って、1週間前の月曜日、私は腫瘍内科の先生のところに 定期検査のために顔を出す。生理について、気になったので聞いてみたけれど、今となっては、何もすることはなく。待っているのみ。一生待っているだけで、待ち人来ず 状態になるかもしれない。でも、卵巣が急に動き出して、タモキシフェンの薬を飲んでいる最中に妊娠をすると胎児に悪影響が出ることは科学証明されているので、妊娠はしないでくださいね。教にでも卵巣がうごいているのかもしれない。一生動くことはないか、今にも動き出すか。誰も私の生理が再活動するかは、何もわかっちゃいない。

先生が、私の「ほてり」はどうですか?と質問をくれる。(閉経と同じ状態にあるので、更年期障害が出ている。)言われてみれば、ここ3・4週間、ほてりがないですね。季節が安定してきたからかと勝手に思っていた。先生は、「生理が近いサインかもしれませんよ。」とおっしゃる。どうやら、卵巣が再活動すれば、体中のホルモンレベルが以前に戻り、更年期障害が出なくなり、生理が近い ということらしい。それから一週間、タターン!生理が戻ってきた。

昨晩は、やった~!!!!と あまりにもうれしかったので、赤く染まった下着を片手に ハズバンドの元に駆けつけて、このうれしいニュースを分かち合う。(あくまで、こんなことをしたのは 初めてでございます。うふ。それくらい、うれしかった)。さて、生理が始まって、「あ~~ こういう風だった 生理中」と思い出す 陰鬱なことも多いけれど、でも 年齢であるべき機能が戻ってきたのは とっても嬉しい。

あ!!!だからだ! と生理になった今 思うことがあり。実は、この1週間 ハズバンドへのあたりがきつくて。自分でも抑えられない。ハズバンドが、「何を言っても 文句を言われるので 言葉をかけられない」と言うぐらい 私がピリピリ。 今となっては、生理のせいだよ。と 自分では納得。そうだった、そうだった こんな感じだった 生理のめんどくささ。Dear Husband ごめんね、そして I love you! いつもありがとう。でも、ひょっとしたら、この ピリピリ険悪な私 毎月やってきちゃうかも。

ココ ロシャ の Study of Pose #480 (ポーズがいつも同じになるので、ポーズに変化が出るように 今日は#480番のポーズをまねてみる。)

 

5 CommentsLeave a comment

  • 祝、月経!って書くと、小学生が初めて初潮が来たみたいね。。
    しかし、やっぱりようこちゃんは元が健康体なのと、食事など気を付けているからさらに、
    医者の予想をはるかに超える回復を見せるよね。

    お赤飯、炊いたら。

    ふふ。

    • Chioriちゃん

      祝、月経!だね。
      一度目は 恥ずかしさに赤面したけれど。
      「健康体の私がどうして癌になったのか」という 答えのない質問は 横においておいても。
      普段から 健康に気をつけているのは、病気になりにくいだけでなくて、回復力も 断然違うような気がするよ、うん。
      お赤飯 炊いても、家で食べる人が 私しかいなさそう。。。(笑)

  • BAAAAACK!おめでとう!やったね!赤飯だねこりゃ。大胆な柄の服が良く似合うね。

    治療1年で10年分影響があるかもって。。。体への負担の大きさを物語ってるね。命を燃やして「生き切ってる」感じだよ。

    YOKOちゃんに次ぎ会うときは、生理前がいいかな。「この三流イラストレーターが~!」って当てってもらいたいわww

    • ふわっち。

      コメント しにくかったでしょ(笑)。ありがとう!

      本当に、戻ってきてくれて うれしかったよ。
      やっぱり、赤飯 ものだね。

      あら、M なのね。じゃあ 生理直前に会いましょう。(って これ ものすごい 会話だと思わない?)

Leave a Reply