乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション 子宮筋腫 手術

I had MRI and a pre-surgery test done today.  This to confirm that I don’t have any other concerns and the fibroid is fibroid and nothing else before surgery.

From my breast cancer experiences, I knew, I could not stand MRI.  I requested sedative medication and I almost forgot to pick it up yesterday from a local pharmacy.

After all, it was not too bad.  I was very relaxed.  They asked me some music selections that is connected to Pandora.  In the middle of the procedure, the technician told me that she did not know about Stacey Kent, a Jazz vocalist, of my favorite and she would listen to her more.  Another one asked if I know a good Japanese restaurant that I recommend.  I had to think about it while I was in MRI.  All those distractions were welcome!

Knowing that people are monitoring me all the time during the MRI made it easier to do.  NYC subway, when it stops, sometimes announcement comes so much later, that is more scary for me.  A bell was in my hand, if I needed anything.  A lot of strange mixture of sounds.  I almost felt like I was sent to Mars in a capsule.

They injected me Glucagon shot at the beginning.  At the end, they put some contrast agent through IV.

Just thinking that I put different chemicals make me dizzy.

Later, I stopped by a pre-surgical nurse office for questionnaire and blood test.

I left home at 7 AM and came back at 2:30 PM.  I could not help but to take a nap.  Now after 1 AM, I cannot go back to bed!

乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション 子宮筋腫 手術

本日、MRIと術前検査終了。本当に筋腫が筋腫であり、他の腫瘍ではないことを確かめるためのもの。

乳がん治療の時に、MRIは苦手だと経験したので、何か ボーっとなる薬を出してもらう。前日に薬局に取りに行くのを忘れそうになって、一瞬心配になったけど、まだ薬局が開いていて間に合った。

MRI、大丈夫だった。リラックスできた。第一、器械動かす人がすぐそばにいて、手に呼び鈴を握らせてくれていて、いつでも呼べば飛んでくるとのこと (思わず確認してしまった)。私の好きな音楽のリクエストを聞いてくれて、無料サイトのパンドラに入力して、ガンガンに耳元にかけてくれる。途中、テクニシャンの方が、初めて聞いたけれど、すごく素敵だったから、この人の曲私もこれから聞くわ~って言ってくれる。NY出身のジャズボーカリストの ステイシー・ケントを選択。入る直前に、別の人が、「マンハッタンの日本料理屋さんでおすすめ知らない?」っていうから、いったんは答えたものの、その後もMRIの中で どこがいいかなと 考えている。こういう 気分を逸らしてくれるのは最高でした。

MRIよりも、マンハッタンは、いきなり止まって動かなくなるエレベーターや、ずっと止まって動かない地下鉄で どうなっているんだと考えている方がよっぽど私苦手だわ。という結論になる。MRI、いろいろな雑音が聞こえてきて、カプセルに入れられて水星にでも飛ばされているような気分でした。

グルカゴンという注射を打たれたし、最後は、造影剤の投入もあり。考えると体が気持ち悪い。

その後、ナースのオフィースで 質問用紙にこたえて、血液検査をして終了。

朝7時に家を出て帰ってきたら 午後2時半。なんだか 疲れてしまって、思いっきり昼寝をしたら、今夜中の1時半、目がガンガンに開いて寝られない。

 

 

 

 

Leave a Reply