乳がん 再建 乳房再建 回復 サイズ

I am super excited to inform the whole world that I love my new boobs!  I had my reconstruction surgery on Tuesday and my breast were carefully and tightly wrapped with gauze and a compression torso wrap.

I felt like I was a little girl waiting for Christmas morning so that I could finally unwrap gifts.  I know my new breasts were wrapped.  I was told not to unwrap them.  I had been so anxious to see how those look.  I know those are attached to me, but I could not see them until today’s post-operation doctor’s visit.

My husband drove me to the doctor’s office at 11 AM.  At a parking lot, I prepared myself for the upcoming my first sight of my new breasts.  I just finished my surgery 3 days ago and they can be swallow and bruised in blue, red, yellow or maybe even black-green.  Those will eventually settle down.  I should not expect to see the final appearance of them today, they will still need some time to settle down.  I was prepared and crossed my fingers they would look good.

The office was quite.  Soon after we entered an examination room, my doctor came in.  I sat upright position and he unwrapped me.  As doctor was taking some gauze off from me, he looked so excited and quietly said “perfect.”  He told me that he should write down how exactly he had done it for his future cases.

Meanwhile, I was looking down at my new boobs.  Not only I have my both breasts, but those look very natural and symmetrical!  I asked for a hand mirror and it also looked fabulous from the front.  Thank you so much, Doctor!  They are just so beautiful.  I was super happy!!!  I thanked my doctor for this job and told him how happy I was.  He smiled and told me that these moments were the best part of his job.

When I first met him, I had an impression that he was a very serious person.  I could not help but to giggle from time to time thinking that measuring my every parts of my breasts carefully was very unrealistic and silly.  Nobody has done that before and I never thought of that.  He looked up at me and asked what was so funny.  He knew I was a breast cancer patient and he treated me very seriously.  That was just the right approach and I respect that so much.  The first time I heard him making a joke was with my husband two days after my 1st step reconstruction/mastectomy operation over my hospital bed.  He is a sincere person.

He did a great job on me.  This time, he was tapping his own shoulder and saying himself a good job.  I was already happy but that gesture of him made me even bigger smile, too.

Thank you so much for those boobs, my doctor!!!

[3 days after my 2nd step reconstruction surgery]  I can move my arms up to as high as my shoulder height, but no heavy lifting.  As I lie down in one position for too long, all over my body aches a lot.  My last pain medication was in this morning.  I don’t need it any more.  I still have to do my nipple and areola reconstruction.  I still don’t know what may happen to these implants in a long-run.  It is not worry free.  But for now, my reconstruction surgery went so well.  It has been really awhile since I smiled from the bottom of my heart!  I am so happy!!!

今日は、世界中に叫んで聞かせたい最高にハッピーなニュースあり。「私、自分の新しいおっぱい 大好き!」 ぷぷぷ。

火曜日に手術を受けて、私の胸は、ガーゼとストラップでしっかり巻かれていた。今朝の気分は、クリスマスの日が来るのを待ち遠しく待っている子供に戻った気分。胸の包みは自分で取ってはいけないと言われているけど、24時間ずっと私にくっついてきて、「ちょっと見てみたいなぁ~」という気持にさせる。でも、見てはいけない。今日の形成の先生とのアポイントの日が来るのをほんのちょっとの不安と共に楽しみにしていた。

ハズバンドが朝11時に送ってくれる。自分の新しいおっぱいと対面するのに ハズバンドに話をしながら 自分の心の準備をする。たった3日前に手術を終えたばかり。腫れているだろうし、赤、青、黄 もしくは 緑色のアザがあるかもしれない。今日 どんな状態を見たとしても、今後落ち着いてもっとよくなるはずだ。うん、大丈夫、心の準備は出来た。

先生のオフィースには 前にいた一人の患者を除いて 他の患者は誰もいなかった。ハズバンドと二人で個室に入ると すぐに先生がいらっしゃる。私は寝台に座り、先生が巻いてあるのを取ってくださる。先生がガーゼを少しずつはがしながら、先生の顔が見る見る満足顔になっていき、先生が静かにひとこと 「うん、パーフェクト」とうなずく。「今後のためにも、どうやってやったかを忘れないように書いておかなくちゃ」と付け加えた。

私はその間、自分の新しい胸を上から見下げている。単に両方ふくらみがあるでしょっ と言うだけでなく、とても自然なカーブな上、きれいな左右対称。きれい!正面からが見たかったから、先生に手鏡をもらって前から見てみる。すごく きれい。先生、ありがとう!!!とってもとってもきれいです。本当にありがとう。心から すっごく幸せ!先生に感謝してて、すごくHappyだと伝える。先生も、こういう瞬間が この仕事の一番の醍醐味だとおっしゃる。

ところで、私がこの先生と出会った最初の印象で、今もほとんど変わらないと思うところがある。それは、根がとてもまじめな人なのである。一番最初のミーティングに、先生は、ものさしで私の胸の一部始終を細かに測っていった。そんなことは、生まれてこの方されたことが無いので、思わず、くすくすと私は笑い始めてしまった。ありえない非現実的なその場面がどうしてもおかしくなってしまったのだ。そんな私を先生は見上げて、何がおかしいのか?と聞く。先生は、私が乳がん患者だと知っていて、冗談ひとつ言わないで、まじめに付き合ってくれた。何度もミーティングをしてきて、先生に何度も会っているけれど、先生が冗談を言ったのは、一番最初の手術(全摘出&即再建第一弾)後2日目の病院のベッドで寝ている私を挟んで、ハズバンド(これまた 根がまじめ)と二人で冗談を言ったのが最初だった。とても誠実な人柄が魅力な先生だ。

すごい良い腕の先生。そして、今回は、そんなまじめなキャラな先生が、自分の肩を自分でたたいて、Good Job!と自分で褒め称えている。ぷぷぷ、先生 心底満足している感じが伝わる。もうすでに とっても幸せニコニコ顔の私が、そんな先生を見て、笑顔がくしゃくしゃになった瞬間があった。

先生、ステキなおっぱいを作ってくれてどうもありがとう!!!先生に決めて よかった。

[2ステップ乳房再建・2ステップ目手術完了後3日目] 手は肩までなら上げられる。重たいものは持ってはいけない。例えあがったとしても 喜んで万歳を間違ってもしてはいけない(気分は とっても万歳~で走り回りたい。)長いこと横になって寝ていたので、体中 とくに背中が バキバキで痛い。朝に痛み止めを飲んだきり飲まなくても何とか気にせずに生活できる。まだ今後、乳首と乳輪の再建が残っているし。シリコンがうまく入ったからといって、全く今後問題が起きないと保障されたわけではないことは、分かってはいるものの。本当に久しぶりに 心の底から 笑顔が止まらない。私はすっごくハッピーです!!!

 

 

 

6 CommentsLeave a comment

Leave a Reply