29 days after my last chemotherapy.  It is probably natural that I face intrusive thoughts today, after going through 4-5 months of tough chemotherapy.  “Mindfulness” is one of the best approaches so far to deal with my emotion.   (The picture was one of the stretches Kaori told me how, it helped blood circulation on my legs.)

Ms. Kaori Stram is a friend of mine and she introduced me to mindfulness.  Given her background of psychotherapy and yoga practice, it is very natural that her focus is on mindfulness today.  But I had no idea exactly, what mindfulness was.  Our kids went to the same pre-school years ago and we were friends.  I setup my facebook account to reach out my friends during my tough time.  She learned about me and we were reconnected.  It started very casually, she introduced me to this new area, mindfulness.

Mindfulness is a meditation and a practice to make me aware of as-is conditions or presence of body and mind about/around me.  While continuous guided deep breathing, Kaori guides my thoughts what to notice.  The focuses can be such as “you may notice that you have mild nausea or you may not have it today.  Let it be.  Let’s do breathing again.  Inhale…. exhale….”  Meanwhile, my mind can go off to different things such as “what happens to my silicone implant choice that I have to make decisions,” or “I have to prepare for my next class” then she brings me back to focus on the presence.

As I was googling Mindfulness for this blog entry, I found there was a CBS reporter, Anderson Cooper’s report of his experience about Mindfulness, which broadcasted last Sunday on 60 minutes.   As it says, companies or classrooms use this to make people focus better.

Under distressed situation like mine, this practice gives me a way to find peace in mind.  I found breast cancer and depression research area has been done and still developing (for example, you can find it in this journal article by Fann et al. 2008.  It is good to know that I am not alone.  The mindfulness practice may be available at your local area or hospitals, give a try, it really helps.

Kaori Stram  http://www.kaoristram.com/

http://www.kaoristram.com/

http://www.kaoristram.com/

抗がん剤治療終了後 29日目。4-5か月と続いた抗がん剤治療をして、体が少しずつ良くなるけれど、まだ治療は次から次へと移行して休むことを知らない。つらい治療を全部終えたとしても、再発の危険性がゼロになるわけでもないし、まだ年齢が若い分、(平均寿命で考えて)将来が長く不安な時間もそれだけこれから先 解放されずに続くと思うと、とにかく目の前のことをこなすしかない。精神面がつらくなるのも仕方がない。そんな状態の私が マインドフルネス という言葉に出会う。(写真は、ストレッチをしているところ)

ストラムかおりさんは、私の友人で、マインドフルネスというコンセプトを紹介してくれた人である。心理療法士であり、ヨガのインストラクターをしてきた彼女が マインドフルネス の方向に進んでいっているのは すごく自然の事に思う。

マインドフルネス と 最初に聞いて、私は、「私のマインド(心や頭)は 常にいっぱい(フル)よ!」どうして マインドフルネスが必要なの?と よくコンセプトを理解していなかった。マインドフルネスとは、瞑想の一つであり、心の視点を 自分の現在状態に置き もっともシンプルに理解して受け止めることにある。かおりさんのガイドにより呼吸に集中させる。そのガイドの声が、「今お腹においている手が、今日は軽いなと感じるのかもしれません、重いなと感じるのかもしれません。その手がそこにあるなと感じるだけで結構です。もしくは、あまり感じないのかもしれません。」そして、また 呼吸に集中させる。そうしているうちに、また私の頭の中は、「もうまた来週抗がん剤治療だな」と 思う時がある。するとまた 声がかかって、「ゆっくり呼吸をしましょう」と 呼吸している自分を見つめるように 私の心や頭を 今現在の呼吸や ありのままの現在の自分がいる時間に戻してくれる。

このブログを書くにあたって、グーグルで検索してみたら、つい先月に 日本のNHKでも取り上げられた 新しい分野として紹介されて注目され始めているようだ。アメリカでは4日前の日曜日、60Minutesという番組で、有名なリポーターの クーパー アンダーソンさんがCBSの番組で ちょうどレポートしていたばかりのものだ。アメリカの政治家も参加していた。Googleの企業が 企業ごと マインドフルネスに取り組んでいるのをレポートしている。企業や教室で生徒たちにすることによって、人々の集中力が増えるという話である。そして、医療の現場でも アメリカで取り入れられている今日である。

私のような、不安やストレスを感じている人にとって、心に平和をもたらすことができる方法の一つとして、マインドフルネスはとても有効である。乳がんとウツ の関連研究論文がいくつも見つかった。私一人だけではないと わかるだけでも少しほっとする。マインドフルネス というアプローチ、もし見つけたら ぜひ体感してほしい。何度かクラスを取ると、自分で瞑想の仕方が少しでもわかってくると思う。癌治療中の人にはもちろん、そうでなく 普段のこの忙しい生活の中で 心に少しでも安心感が来ると、それだけ Quality of life 生活の質の向上につながる。

ちょうど かおりさんは、2014年12月19日金曜日10時から12時まで、今回は 陰ヨガ(静かに1ポーズ5分かけるタイプのヨガ)をする セッションをするようです。サウンドヒーリングのシター演奏と一緒にいかがでしょう。定員があるので お早目に。

ストラムかおり さん   http://www.kaoristram.com/jp/

http://www.kaoristram.com/jp/

http://www.kaoristram.com/jp/

 

 

10 CommentsLeave a comment

  • ヨーコさん
    こんなに素敵に紹介して頂き嬉しいわ♪
    60Minutesは私もたまたまライブで見られて、興奮しました!
    明日も一緒にプラクティスしましょう!
    少しずつでも、心に平和な瞬間が宿って、どんどん大きくしていくために。
    体験をシェアしてくれてどうもありがとう!

    • Kaori

      そのままの自分を見つめる時間 という意味の瞑想。
      今までに知らなかったコンセプトで とても 素敵なSkill 技です。
      身に着けることができるなら、焦りが理由での失敗や怒りも減ることは すごくよく理解できる。
      集中力を高めて 決断をする前に使えるのもわかる。

      不安などが原因で引きおこるパニックや ウツ気味になりそうな心や体に 
      自らが体さえあれば 対応できるこの方法は、知っておくに越したことがない技だと感じました。
      そして 今の私には、必要な技です。
      火事になりそうなときに、火を消す方法を知っているようなのと同じぐらい必要なことだと 思うわよ。

      多くの人が助かると思うの。どんどん 広まりますように。
      ありがとう!

      • 私もまだまだ学びの途中だけれど、自分の体験として、とても役に立つことを他の人にもシェアする機会を与えられることが今の喜びです。私が信じていること、情熱を感じているものを一緒に体験してくれて、そしてそれを「いい!」と言ってもらえることが、何よりもうれしいです!
        さらには、それをさらに大きな輪に広げてくれようとしてくれて本当にありがとう!
        自分の心身もまだまだ回復途中なのに、人のことまで一生懸命に考えてくれる、そんな洋子さんのやさしさをしみじみと感じてるわ。
        なによりも、そのオープンな姿勢が今後の色々なポジティブな可能性を感じさせてくれる!
        一緒にがんばりましょう~!

        かおり

  • よーこ、かおりさんとお知り合いなのね。実は私、彼女にはお会いしたことないのだけれど、ずっと気になっていて、いつかクラスを受けたいな、ってずっと思っているの。

    フルタイムで仕事する私には、スケジュール的に難しいけれど、是非機会があったら受けたいです。

    もう学校はお休みだよね。ゆっくりしてね。

    • そうなのね!
      日本の休日の時とかのスケジュールに合わせて わが家のスペースで かおりさんに来てもらえたら できそうかもね。
      Emiさんも 合わせられたら 最高~。

      うん お休み。ちょっと 一息 ってな時間だ~。休む~~~

    • Amandaさん
      はじめまして。
      ぜひ、都合が合うときにでも、今度シェアさせて下さい!
      お目にかかれる日を心待ちにしています!
      かおり

  • なるほど、マインドフルネスね。なんかよさそう^^
    やっぱり心をいかに健全にバランスよく保てるか。ってかんじなのかな。

    人間だから人生、山あり谷ありはしょうがない。
    最近思ったよ。心に不安や不平、不満、弱音とか陰の気は、悪魔のエサにちょうどいいって(笑)悪魔に心身乗っ取られないようにしなくちゃって。最後の最後の味方は「自分」だからさ。

    質問!
    いま冬じゃん。めちゃ寒いじゃん。
    日本の家だと、エアコンとかストーブとか、こたつとかで暖をとるけど、そっちはどんな風にみんな暖をとるの?やっぱ暖炉とかあるの?

    • ふわっち

      どうやら 自分のマインドを 一つの事(自分の体の一部なり、呼吸)でいっぱい(フル)にするから マインドフルネスって いうようだよ。
      そうそう!体が 治っていくのも大切だけれど、心もきちんとサポートしてバランスとらないとって感じがするよ。

      味方は 自分のほかに お友達という天使を連れて 悪魔と戦うぞ~!

      わかるわかる その質問。
      なんと、家全部、建物全部暖房が入ります。(最高気温が氷点下の日が続いたりするので、一部暖房だけだと 家も寒いところが凍って よくないことが起こりそう。。。水道管が割れて、水漏れとか。)
      最近は、少なくなってきたようだけれど、学校など 私が 高校生の時留学したアメリカの高校は、冬の間 生徒は室内は 半そででないといられないぐらい 暖かかい日もあったのよ。
      だから、お手洗いや シャワーも 部屋が 適度に暖かい。
      コタツ文化がないよ。

      コタツにみかん いい組み合わせ!!!恋しいわ

  • ヨーコさんの、私の頭はいつでもフルよ。
    私も、全く同じ状況だわ(笑)
    現在に意識をもっていくこと、マインドフルネス、興味あるな〜。

    • かおり

      NYに来たら かおりさん(同じ名前) にセッションしてもらおうか!
      いいよ とっても!そう、 フル なんだけれど、めいっぱい いろいろなことで フル。シンプルなフルにしよう。

Leave a Reply