Day 27 after my last chemotherapy.  I checked myself in for echocardiogram.  Target therapy of Herceptin and Perjeta, some patients develop heart problems with them.  According to a nurse I spoke to when I had the treatment a week ago, if any heart issue came up with the treatments, it should be temporary.  Soon after the therapy is over, the issue will go away.  My heart will be monitored every a couple of months.

Echocardiogram, is a ultrasound based scanning to see tissue and movements inside my body, but it was painful.  I have experienced ultrasound with pre-cancer-removal breast exam and with my pregnancy.  The scanning itself is usually painless but one can feel pressure here and there.  But my left breast, right above my heart, there sits an expander.  It has been inflated with saline water gradually since my surgery.  My skin and muscle have been made very tense to stretch them for the upcoming surgery in January.  Because of the expander, some angles were very difficult to scan and a nurse was trying to get necessary images by pressing a machine against a border of my breast and expander pretty hard.  She was apologetic, but she had to make her job done.

I realized my anxiety became very high when I was left alone in the exam room.  I don’t associate these moments to a bright cheerful story any more.  As long as I had something to do, I was OK, such as changing into a gown.  Once it is done, I have nothing specific I have to do, just waiting for somebody to come to serve me, I am alone and anxiously waiting for my turn in a room.  “Breathing, breathing…”  I calmed myself with a breathing practice.  When the nurse came in, she asked if I wanted to have a blanket.  I did not need it.  I felt very hot. (my psychological temperature.)

Before the echo, I had a lunch with my friend in the city.  The last time I saw her was before the diagnosis and I was so happy to catch up with her.  She really liked the way I put my wig and hat together and she was happy to see me managing my boldness situation.

[Day 27 after my last chemotherapy]  My hair is really coming back!  I love it.  Toes and fingertips have tingling sensation.  Legs are sore.  Not much of burping.   Nausea is very little.  Taste buds are almost back to normal.

最後の抗がん剤治療後27日目。心臓超音波検査をする。分子標的治療で使っている ハーセプチンとパージェタは、副作用が少ないとされている。ところが、気になる副作用の一つに心臓に問題が起こる人がいるという研究結果がある。問題が起きたとしても、分子標的治療が終われば、その心臓の問題もなくなるものらしい。数か月に一度、私の心臓は超音波検査で異常がないか検査がある。

心臓超音波検査とは、エコーであり、経験した人はご存知の通り、検査そのものに痛みは伴わないのが普通である。私は、乳がん手術前の検査で、エコー検査をしているし、妊娠した時にエコーでお腹の子の様子を確認した経験がある。ところが、今回、私の左胸には、エクスパンダーという風船のようなものが入っていて、1月の手術に向けて、皮膚と筋肉を伸ばすためにも 食塩水を追加したばかりで パツンパツンある。それが、心臓の真上に鎮座しているものだから、エコーがなかなかすんなりいかない。看護士さんは、申し訳なさそうに謝りながら、ぐいぐいと胸筋とエクスパンダーの境目にエコーの先をぐいぐい押しつけて 仕事を済ませた。これが 痛い痛い。結果は、専門家の方が見ないとわからないようだが、また一つ終了。ふー。一歩一歩 一日一日です。

ところで、今までなかったことだが、病室でやることなくポツンと座っていると不安レベルが上がってくるのがよく分かった。服から検査用ガウンに着替えるという、するべきことがある間は良いのだが、それが終われば座っていて、来るべき私の順番を待っている。この時間がよくない。天井は狭いは、カーテン越しに何も見えない。それに ここ何か月も、似たような時間を過ごしているけれども、痛い思いか、いやな結果ばかり出てきているので、経験上 心が拒否してる。深呼吸 深呼吸 と 呼吸法を取り入れて時間が過ぎるのを待つ。看護士さんが来てくれた時に、毛布は必要かと聞いてくれたけれど、部屋中とても暑苦しい気がして必要なかった。(たぶん、温度は暑くなかったんだと思う。暑く感じただけで。)

エコーの前に、お友達とランチをする。癌だと分かってからは、お互いの都合もあって電話連絡のみで、今回久し振りに顔が見れてうれしかった。ほぼ白髪のウィッグに その上に帽子までかぶっている私のスタイルをとても良いねと褒めてくれたし(お世辞にしてもね!)、私がこうして 髪の毛が無くなってしまっても、とっかえひっかえファッションの一部にしているのを目の前で見て、私のアプローチが素敵だと喜んでくれる。うれしい。ありがとう。

[ 抗がん剤終了後27日目] 髪の毛が生え戻ってきている。うれしいうれしい。つま先と、指先は、相変わらず ピリピリしている。脚は歩いたせいか、少し筋肉痛。ゲップがほとんど出ない。気持ち悪さもほぼなくなっている。味もほとんど戻ってきている。

 

2 CommentsLeave a comment

  • お!この髪の色もいいねー。
    生まれつきこの色です!って感じもするよ^^

    正直、毎日ツラい思いで治療している人が
    こんなにおしゃれにイキイキした姿でいると、
    逆にこっちの方がパワーもらうよ。ありがとう!ほんとに。

    髪が生えてきたんだ。そりゃ嬉しいね。爪はどうなの?伸びにくくなったり、弱くなったりするのかな?

    ps 
    薄切り肉、普通のお店じゃ売ってないんだね。へ~。厚切りのガッツリ肉がそちらの国にはよく似合う^^

    • ふわっち

      びっくりびっくり、爪は ごくごく普通に 抗がん剤治療中も育っていたので、私も感心して 爪眺めてました。
      ただ、少し 紫っぽい 爪の根元。
      足の爪は すごく紫の部分が 一部出てきたけど、治療も終わったから、そのうち なくなるといいな~と。

      パワー届くと 言ってもらえると ますます やるきになっちゃうわよ!
      ありがとう。

Leave a Reply