Day 1: (for a record)

[physically] I could move around, but by the afternoon, I took a nap.  I felt some mild nauseous and I took medicine in the morning for that.  I took anti-anxiety and anti-nausea pill before I went to bed.  I can still taste food.  Some appetite, but not my usual level.  My feet swollen.

I did not do it intentionally, but I took my steroid medication only half the amount I had to take.  I did not realize I needed to take 2 tablets.  A nurse told me “you cannot do that, medicines are there for reasons.”  I totally agree with her.  I did not forget to take them.  I remembered to take them on schedule.  I just did not realize that I was taking only half of it at each time.  There was a remedy, fortunately, and at the chemotherapy, they injected me with an extra steroid to compensate.  The major reason to take the steroid sounded by the nurse was that to prevent permanent feet swollen which can happen to me.  So, I was afraid.  I remembered wearing a pair of special socks for preventing the swelling.  I looked for them and I found them!  I have been wearing them since then.

[emotionally] I know what to expect.  I dropped the idea of “I have to do,” rather, I do what I can.  Stable.

 

Day 2: after my 2nd cycle

[physically] My neck sours.  My side of left breast reconstruction somehow feel pain when I push softly.  I could move around.  My nauseous is more severe.  I took a medicine in the morning to prevent that.  Most of the day, I was in bed reading or taking a nap.  I guess, I taste food OK.  Some appetite, I eat, because I should.

[emotionally] Stable.  I try to take things easy.  I notice a lot of things to do, but try to ignore them.  Some visitors at door, and I realized I should have a scarf or something handy to put it on before answering the door.  Too tired to explain what is going on all the time.

記録として 抗がん剤治療2回目終了後、1日目。

[体調] あーー 思い出した、あの気持ち悪さだ。という程度。朝 一応 気持ち悪くならないように薬を飲む。夜寝る前にも、睡眠導入剤入りの 気持ち悪くならない薬を飲んで寝る。まだ 味はわかる。ただ 食欲が多少少なくなる。脚がむくむ。

どうやら、勘違いをして 処方されたステロイドの薬を 半分の量しか飲んでいなかったらしい。抗がん剤を入れ始めた時に、看護師さんの確認で、判明。「薬っていうのは、理由があって処方されているんだから、勝手に変なことしないで!」とご指摘が入る。。。ちゃんと忘れずに、時間になったら ステロイド飲んでたんだよ。忘れずに。ほかの薬が全部一錠づつなので、2錠取らないといけないなんて 考えもしなかった。そして、ステロイドを飲んでいないと、「一生脚がむくんだままになる可能性がある」んだからねと、言われる。

あー、たった1日半、朝 夜3回分 のステロイドを半分 飲み忘れただけで、私の脚は一生浮腫んだままになるのかな。と気を落とす。少ししたら、看護師さんが、点滴で 足りなかった分を体に入れるということになり 解決する。だから、夜に脚が浮腫んだのは怖かった。手術時にもらった、脚が浮腫まない靴下を探してきて 履いて寝ている。

[心理] 前回もしているので、少し落ち着いていられる。やらなければいけない というアイディアはなくして、やれることだけやる にシフトする。

 

2日後。2回目抗がん剤投与後。

[体調] ぼちぼち動ける。ただ 気持ち悪いので、薬を飲みながら。ほぼ 一日 ベッドに横になりながら、必要になれば起きる。全摘出している左胸側の 体のサイドが 軽く押すだけで痛いのが気になる。シャワーを浴びる以外、ほぼ ずーーっと ワイヤー入りのブラジャーをして生活している。再建途中の胸の形も気になるし、サポートがある方が、過ごしやすい。でも、24時間ほぼその状態で 毎日毎日過ごしているのも 窮屈である。首がやたらと痛い。肩こりがする。普段肩こりなんて しないのに。食欲が少なくなってくるが、まあ 食べられる。味も そこそこ 期待している味がする。生姜が 気持ち悪さに効くという話だから、生姜入りのものを買ってきてもらったり、差し入れしてもらう。ありがとう。ゲップが出始める。

[心理] 諦め状態?落ち着いている。まあ どうにかなるようにしかならない。日曜日に 両親が来てくれる。車が壊れたので迎えに行けない。リムジンを手配するよと 伝えてあるけれど、勝手に公共交通機関を使って、家までたどり着く冒険をしてくれると言ってくれる。元気と勇気のある 両親がいることに 心から感謝する。本当にありがとう。

2 CommentsLeave a comment

Leave a Reply