Neulasta is a shot, that I need to have 24 hours after each chemotherapy.  The shot prevents my white blood cell counts from going down, that relates to my immune system.  Weak immune system can expose me for infection and it can damage me bad.  That shot arrived today safely with a shipment.  This shot is my third one.

My husband is getting to be an expert of giving me shots.  He had never done those before my treatments.  I had my eggs retrieved before starting my chemotherapy.  For two weeks, he had given me a daily shot.

This Neulasta is run by a Monopoly company, Amgen.    I teach Economics and I am going to use this shot as my Monopoly example of pricing.  For the last shot, my husband spend hours everyday to deal with our insurance company.  They gave us a hard time to arranging the shipment.  In fact, two weeks did not solve their situation on time, they override the system and I could pick that up at my pharmacy.

It turned out that the shot cost, the insurance company was telling us, $8,000 a shot.  A tiny shot is $8,000 each!  Wow, I did not expect the price to be that high.  Luckily, we have the insurance that covers the shot and our co-payment is $25.   I googled some topics discussing about the price of the Neulasta shot.  The price widely vary from a location to location, without insurance somewhere between $3,000-$9,000.  Even with co-payment, some people pay about $100 each.  Without the insurance, 8,000×6=$48,000 for 6 shots I needed.  This system can bankrupt people.  I hope there are some more good economic system to deliver them to the market.

15209272691_ba672036d7_z

Such a precious shot arrived at our door with such a care.  Very tiny shot, it came with 5 packs of ice with very thick formed box.  Yes, it cannot be wasted.  I stored it in refrigerator immediately.  I will take care of it first if we encounter a blackout in this area until the next Thursday.

[physically]  I had nausea in the morning.  I took an anti-nausea medication.  Late afternoon, I always feel nausea again, but the medicine is supposed to last for 12 hours and I should wait until 7 or 8 PM to take the next one.  A lot of burping.  Appetite is back, although things taste strange.

[emotionally]  I was OK.  I spend most of my day without wearing anything on my head when I am at home.  There were many visitors and just for that, I thought it was simpler if I have something to cover my bald.  I just did not explain each time what is going on.  I am still partially bald and partially buzz-cut.

今日は、Neulasta という注射が無事 予定通りに届いた。抗がん剤治療は、白血球の数が減り、免疫力が落ち、菌を拾って感染が起これば、これまたそちらの治療にも時間がかかってしまうことが懸念される。Neulastaという注射は、白血球の数を減らさないような働きをする、抗がん剤治療の後に打つ注射のことである。今までに2度抗がん剤治療とNeulastaの注射を打っている。今回の注射は3度目の抗がん剤治療用である。

この注射は、私は家で打つのだが、ハズバンドがその役目を買ってくれている。一人で住んでいるのだったら なにも文句も言わずに自分で自分に注射をするのであろうが、やっぱり、目をつぶっている間に 人にやってもらうのがありがたいと思う。私は抗がん剤治療に入る直前に、受精卵保存をしている。受精卵保存のために、2週間ホルモン注射をうったのだけれど、そのときも、毎日ハズバンドが注射してくれていた。ハズバンドには、注射をする経験もこれまでなかったので、何事も初めてだったけれど、今は平気で(?)うってくれる。

さて、Neulasta という注射は、独占市場の典型である。もうこの際、今後私の経済学の授業では、Neulastaの薬を例にして 独占市場の授業をすることに決めた!そのせいもあってか、この薬を前回、取り寄せるのに、ハズバンドは2週間ばかり、毎日数時間ずつ 保険会社とやり取りをしていて、大変そうだった。これが 病気で一人で、抗がん剤治療から回復しつつ、保険会社とやり取りを毎日数時間をやらないといけないと思うと ハズバンドにとても感謝する。結局、2週間の時間がかかっても、送ってもらうには時間がなくなり、私の使っている病院付属の薬局で受け取ることになったぐらい。

なんと、この注射の保険なし値段が 半端がない。2度聞きしたぐらい。一本の注射は8000ドル、日本円にざっと換算しても 一本80万円の品物。そして、6回の抗がん剤治療なので、ざっと計算しても480万円かかる。そう保険会社が伝えてきた。運よく、私の保険会社はカバーしているものなので、1本25ドル 2500円ぐらいで買うことが出来ている。グーグルで検索してみると、値段にも差があり、場所によっては 3000ドルから9000ドルほどで売買されている。保険があっても、保険対象外という保険もあるようだし。保険が利いても1万円という人もいる。もう、この際、自分の服が 5ドル安くなったとか、10ドル高く買ってしまったとか、そんなこと なんと小さいことに見えることだろうか。製造会社は、かなりの利益を上げているそうである。そういう利益が上がるときがあるから、投資がお金を出して研究が進んでありがたいと喜ぶべきか、必要不可欠な人たちからお金を巻き上げて 投資家が豊かな生活を楽しんでいると苦しむべきか。政府が介入しても良さそうな。オバマ ケアの動きで保険の仕組みが変わって、多くの人が カバーされるようになってきていることを願ってやまない。

そんな高い注射が 朝一番に届いたので、早速冷蔵庫に入れる。分厚い発泡スチロールの箱に、5つもの保冷財が入っていた。だめにしてはいけない薬なので、停電になったら まず一番にあの薬のことを心配しようと心に決めている。あんな小さな薬なのに、とても大きな箱で来た!

[体調] 朝から 今日は 気持ちが悪くて、薬を飲んだ。夕方になると再び気持ち悪くなるのだが、12時間おきに飲む薬なので、午後7・8時ごろまで飲めない。食欲は出たけれど、げっぷがすごい。相変らず、味がおかしい。

[心理] 今日は、まずまず。普段 坊主頭で過ごしているんだけれど、やっぱり人が来たときに、いろいろ説明したり 疑問に思われたりするのも、面倒なので ウィッグや帽子を玄関そばにおいている。そういう意味で、珍しくセールスや宗教勧誘の人たちが3人ほど来て めんどくさい 一日だった。

 

 

 

 

 

2 CommentsLeave a comment

  • OMG!!!!! This is really infuriating, that someone with no insurance is out of luck for the medications they need. I can’t imagine that the materials and even the know-how that went into it is *that* expensive.

    • Susan,
      I know! It was so shocking to find out about this.
      People without insurance or its coverage for this medicine would drive hours to save thousands of dollars on the next day of chemotherapy.

Leave a Reply