For the last 3 days, I was doing fine.  Not great, but just fine.  Nausea had it’s peek on 2nd to5th days after the chemotherapy.  Today, not much.  Occasionally, there was some moments I was thinking, “oh, I can feel it.”  It is extremely mild today.

Once as I feel recovered, almost!, from the last one, now I can see my next chemotherapy 2/6, second one out of 6, coming up on Wednesday, August 27.  Now I know how I will respond to it, I started to prepare for it, mainly 2 things I have to do before next Wednesday.  1: prepare for my fall semester teaching material.  2: Give my son some summer treat.

Being a breast cancer patient while kids are still young, it is difficult to find a good balance.  Here I need to focus on me, while it is recommended to maintain a kid’s life as “normal” as possible.  How do I do that?

1. Keeping up with daily routine schedule for a kid (my son 8 years old)

I could not do it alone!  If you are the one who manage, kid’s scheduling, it is a good time to give the schedule to husband/partner/sitter ahead of time.  Assure him/her to trying to keep it up with the daily routine as scheduled.  Well, I still do participate, because I care about it a lot.   But there were times, when I devoted myself studying about my disease and treatments.  I also had to look for professionals whom I can trust.  I needed to discuss or just talk with my family and friends over coffee or the phone for hours (in total) to search for different opinions or just for comforting me.  I need to rest and recover.  It has been so helpful when friends take my son out for a play date.  Meanwhile, I can focus on me, not being a mother.  No worries about snack or screen time.

Keeping up with daily routine schedule for a kid can provides him/her a good security feeling.  His mother might be fighting with cancer, but his life does not change, the same as before.  The same old time.  Kids can be also scared when their mother face possibly deadly disease.  Mother’s appearance may change, not being able to move around, or hair loss.

2. Planning play dates with his friends

It looks to me he enjoys a lot to be with friends.  Seemingly worrisome issues are discussed over the phone with specialists, insurance companies, and friends at home, when he has somebody accompany with him, his focus is on the play date.  I made a lot of play dates during this summer.  I could not really go for swimming while my son loves swimming, some friends took him for a pool.  Those play dates have been helpful.

3. Unfortunate summer 2014.  Mini trips, instead, when I can.

We were initially planning to visit his grand parents in Japan for 6 weeks.  We had a plan to sending him to a Japanese public school for 3 weeks.  Unfortunately, I needed to cancel the trip.  Instead, I had to face the cancer.  I know that it is purely a social pressure, but when I hear other families go for VACATION, I felt sorry for my son.  All 9 weeks of summer break, we are in town, wait, almost.  I had my left mastectomy 4 days before my son’s summer started.  We just had to stay around.

I wanted to take him out for some trips.  When I felt good, I tried to take him out for mini trips.  Some highlights are: We visited our friend’s home in beach, a day trip.  We took him out for a theme park. I took him out yesterday for an off-broadway, “iLuminate Artist of Light”.  (So much fun, I really recommend it.  Visually so appealing.  http://iluminate.com/artist-of-light/ ) Maybe this weekend, we will take him out for a hiking (before my next chemo and it is our last summer weekend).  We enjoyed a lot.  I just really wanted to provide him some summertime feeling.

At least, it had been so helpful that my parents from Japan were here to help us out for about 6 weeks.  That was fun for my son.  Thank you, my parents!

[physically]  For the last 3 days, nausea had been almost unnoticeable.  It is there though. Well… once I thought my period was over, it has still going on, very very light.  It has been over 2 weeks.  Pimples are there on my face.  I gained back weight as my appetite is back.  My left underarm has been numb since the surgery and it bugs me.  I keep touching there lightly, hoping my nerve to come back some sensation.

[emotionally] Sort of steady… I now started to feel annoyed that my next chemotherapy is right around the corner… Next Wednesday.  My teaching is coming up next Monday, I am getting ready for it!

この3日、ほぼ普通。たまに、あ 抗がん剤つわり だなと思うけど。抗がん剤入れて2-5日が一番ひどかったけれど、そこから徐々に回復のみでした。ところが、やっと普通になったなと思ったとたん、2回目抗がん剤治療(合計6回)が来週の27日水曜日だなと 陰鬱になる。 水曜日から動けなくなるので、それまでにやらなくてはいけないことに集中しなくては。  と焦り始める。

その中のひとつに、乳がん患者でありながら、世話をしないといけない子供がいると言うのも、上手なバランスをとるのが難しい。ただ言えるのは、出来る限りで 子供に今まで通りの生活を提供しようと心がけたほうが良い。さて、どうするのか。

1.子供の一日の生活リズムは 昔と同じにして崩さない。(私の息子は8歳。)

一人でそれはやりきれないと まずは 諦めること。乳がんの治療は時間がかかる。今まで自分が中心にやっていたとしたら、ハズバンド・パートナー・シッター・親戚の人に 元気なうちに スケジュールを渡して、元気なうちからバトンタッチをしていく。私の場合は、ハズバンドに、出来るだけ このスケジュールには沿ってもらうように確認する。ただ、今まで責任持ってやってきていた分、かかわりたいから つい口が出てる。今も。出来るときは、自分がやっているけれど。出来ないときが必ず来る。

例えば、私の場合は、自分の病気のことを とことん調べ上げたので、調べる時間が必要だった。多くの専門医が私の治療にかかわっているけれど、1専門につき 2人以上の専門家に会い、セカンドオピニオン サードオピニオンを聞きに足を運んだ。アメリカ社会は、病院関連の保険会社や薬の保険会社とのやりとりも、時間がかかる。多くの決定を下していかないといけなかったので、専門家、友達、親戚などと、直接会ったり、電話をしたりして 多くの人の話を聞いたり、私の話を聞いてもらった。術後や抗がん剤投入後の回復期も必要だ。とにかく 自分のことで目いっぱいになり、どうしても家のことや子供のことが 今までのレベルで関われない。優先順位が変わる。もうすぐだけれど、髪の毛も抜けて 外見も大きく変わるかもしれない。

ただ、子供のリズムを崩さないようにするのは 子供にとってとても良い。ただでさえ、恐ろしい会話が電話でされて、いつもと様子が違うママになる。子供が不安を感じるのも無理がない。そんな中、子供の生活が今までと変わらないリズムで流れているのは 些細なことかもしれないけれど、今までと変わらぬ生活があるのは安心感を与えると信じている。なるべく 今までと同じ生活リズムを与えてあげよう。

2.友達に遊んでもらう。

とにかく 息子の友達に遊んでもらう日を設けてもらっている。家の中がひっくり返ったようになるので、友達といつも通りに遊べるのは息子に向いている。余裕があれば、我が家でも受け入れる。余裕がないときは、お願いして 遊んでもらう。息子が楽しい思いをしているのなら、こちらだって 安心して 一生懸命直そうと自分に集中できるものだ。夏の間、プールにすら入れないので、友達にプールに連れて行ってもらって、息子に ザ・夏なアクティビティをしてもらうのもありがたい。

3.2014年 残念な夏休み。小さなお出かけ。

春にチケットをとって、夏休みは日本に一時帰国して 6週間過ごす予定でいた。3週間ほど、息子を日本の小学校に通わせてとも予定していた。全部白紙に。社会的なプレッシャーとでしかないけれど、私の住んでいる地域の多くの人は、バケーションと称して、どこか遠くに何泊かして 家族旅行に行く。日本に一時帰国するのも、こちらの人から見れば、バケーション。多くの友達が バケーションに出かけている中、息子は ほぼ夏休み全部、自宅で寝ている。一日友達の家で、お泊りをしてきて楽しそうだった。私の病気のせいで、出かけられなくなっていると言う負い目が どこかにある。だから、体が元気な瞬間を見計って 小さなお出かけをした。ビーチハウスを持っているお友達の家に日帰り。テーマパークに日帰り。マンハッタンにオフブロードウェイを見に行ったのが 昨日。iLuminate というショーで、物語も飾り程度にあるけれど、物語を聞かせたいわけではないので、言語は重要ではない。とにかく、ビジュアルと、アイディアが楽しいショー。日本から来るなら、断然お勧めです。大人も楽しめると思うけれど、子供なんかは大興奮。暗いのが怖い子は???http://iluminate.com/artist-of-light/ ぜひ。今週末が、仕事はじめ直前&次回の抗がん剤治療の手前と言うことで、最後の週末。体調もいいから、ハイキングにでも日帰りで行こうかなと思ってる。

長期でどこかに出かけられなくて残念だったけれど、でも 日本から6週間ほど 両親が来て 私たち家族を助けてくれた。息子にとって とっても楽しかったし、私もとても助けられた。ありがとう。

[体調] 順調。いったん終わったかなと思われた生理が実は まだ 少しながら続いている。2週間以上経っている。顔の吹き出物もまだ出てくる。体重が 元に戻った。(そして 再び抗がん剤が待っている。)脇の下の感覚が 全くないので、戻ってこないかなと 実は 常に触ってしまう。

[心理] ほぼ 安定しているんだけれど。すでに次の抗がん剤治療のことを考え始めて 憂鬱になってきた。仕事が始まるので、緊張してきている。

            

1 CommentLeave a comment

  • ヨーコちゃん、ヨーコちゃんの子供のことを思う気持ちが痛いほどわかるよ。できること、出来ないことを又また分析しているヨーコちゃんに、泣かないと決めたもののジーンときちゃう。親心だね。歯がゆいなー、子供を連れ出せなくて。この距離を恨む~_~;。8歳って、お兄さんのようで、まだまだ子供だもんね。それでも、子供は、見えない成長していると思うな。
    どんな状況下でも、頭の中はフルアクティブなヨーコちゃん。いつも尊敬しているよ。

Leave a Reply