乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション 子宮筋腫

After 2 weeks of the recovery time, I went back to work.  During these recovery days, I had basically no social life, no make-up and no hair-do.  Some friends pop-up to check up on me, and that cheered me up!  But otherwise, I was getting a low self-esteem over time.  So, dressing up brought back my good energy!  I really needed that effect from the styling.

 

I took my teaching easy on my first back to campus day.  But once I was in front of my students, I was so excited and became so energetic.  I felt myself was coming back again and so good.   I am happy to be able to be back again!

I still had some restrictions on how heavy I can carry, so I went to work super light.  I ware sneakers.

腹腔鏡子宮筋腫除去から2週間の術後リカバリータイムを経て、お仕事復帰!リカバリーの間、社会との関係が無くなり、メイクもしなければ、髪の毛も適当。時に、お友達が立ち寄ってくれて「どう~?大丈夫~?」とのぞいてくれたのはうれしかったけど、寝たまま対応。

段々、鏡に映る投げやりでげっそりした自分の中年姿に   気持ちが滅入ってきていた。乳がん宣告の36歳の時は、20代の延長で美意識も高くやる気いっぱいだった。3年後の今日までに、抗がん剤を経験し、乳癌用に飲んでるタモキシフェンを毎日飲み続け、妊娠4か月程の大きさとなる子宮筋腫を抱えていたのをやっと取り、「美意識」よりも、「生きること」が重要となり。。。と回復中にはいろいろ考える。動けないし、食欲もないし、やる気もないし、投げやりでどうにもならないこの中年姿にがっかり。どうしてこうなっちゃったんだろう。

そんな私に、お仕事タイムが迫ってくる。再び人前に立たないといけないとなって、再びおしゃれに取り組む。だんだん気分が乗ってきた!メイクをして、ドライヤーをかけて、お洋服をスタイリングして。重いものがまだ持てないので、ほとんど手ぶら出勤。そして、自分の理想を追求するよりも 体をいたわって、スニーカーの選択。

無理をしない授業をしようと思っていたのに、生徒の前に立つと エネルギーをバリバリ感じる。うれしい、段々元の自分が戻ってくる。うん、やっぱり こうやって外に出て気分転換をすると、気分も変わってくる!出来る範囲で うまく気分転換をして病気は乗り切りたい!

Leave a Reply