乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション

I had to think twice before I answered, “I am healthy today,” 3 years after my breast cancer diagnosis.  Have you thought about what it means to be “being healthy?”  New definition is needed, let’s think about that. 日本語は英語の後にあるよ

I underwent surgery on removing a fibroid from uterus, myomectomy, 6 weeks ago.  I had to do some pre-surgery tests.  As I was answering all the questions for my medical condition, almost all the answers were “no” “no”  “no” and “no” for about 30 items such as heart disease, diabetes, drug use, and smoking.  No for all except about breast cancer.

Then, the nurse was excitedly saying: “Oh, you are practically healthy!”

I felt it was such an awkward comment to receive because;

  • I was there for a surgery
  • I once thought I might be dying and went through the horrible cancer treatments.  The side effects of chemotherapy lingered for a really long time.

The first part is OK, having a fibroid itself is not harmful.  So, even I go for the surgery, I am healthy.  Then the second thought was more interesting and that let me wonder about that for awhile.

3 years after finishing my 4 months long chemotherapy treatment, all these times, I always felt I had some side effects remained in my body from the treatment.  Well, partly, I still take a daily Tamoxifen medication for breast cancer treatment, ongoing.  That might add the side-effects feeling, too.   Over time, the side effects were gradually decreasing, such as short memory issues, aka. Chemo-brain, weak muscle, fatigue, neuropathy that I could not go stairs, weaker vision, and some anxiety and loss of confidence in my body appearance with hair and scars.

So, can I really say that “I am healthy” even after harsh cancer treatments?

The answer is probably subjective, but when one can get back to a “normal” lifestyle, we should be able to say “I am healthy” after a major illness.  This normalcy may be a new normal after the illness, but if one can carry on a normal life without thinking about the illness much, then I think we can say “healthy” again.

Thanks to medical progress, our longevity is much longer.  therefore…The chances of getting cancer in a lifetime is very high, 1 in 2 for men and 1 in 3 for women.  I got it when I was 36 years old, no family history, no smoker, little alcohol, 5 days a week cardio exercise, stayed in fit, home grown veggie garden, more veggies than meat homemade meals 95% of time.  I was a proud healthy woman.   My experience was that cancer did not discriminate, people get cancer.  Don’t assume that you don’t get it.  Assume that the chances are really high to get some form of cancer in the lifetime.

Here is my conclusion:

  1. Assume that we get cancer and cancer does not discriminate.
  2. We have to catch it early.
  3. Get it treated.
  4. Get back to a “normal” life (even it may be a new normal lifestyle).
  5. Then we are “healthy” by maintaining the body.

Low cost and easy early detection of a type of cancer, the technology and sciences are making a progress.  This Ted Talk by Jimmy Lin was inspirational and very hopeful to my ears.

Readers who may be in the middle of your battle, I recommend you to focus on the immediate future, one step at a time.  I am hoping that your treatment is working on you the best and I hope you will gain the “normal” in your future.  The science is making progress in cancer research by months, if not by days.  Hang-in there.

乳がん 乳癌 キャッツ洋子 ヨーコキャッツ キャッツヨーコ ファッション

「そう、私、健康なんです」と即答できなかった。乳がん宣告から3年。「健康だ」ってなんですか。私は「健康」なんですか?

今から6週間前の子宮筋腫摘出手術前に 術前検査で看護士さんが私に質問した。そして、ほぼすべての質問に 答えはNO。30項目ぐらい、例えば、心臓疾患があるかとか、糖尿病か、薬物の使用はあるか、喫煙者であるかなど。乳がん以外では全部NO。すると看護士さんが、

「あら、あなた健康なんじゃないの」と手術を控えた私に言うんです。思わず、健康って何なんだろうかと 考えちゃいました。だって、そもそも、数日後には全身麻酔の入る手術を控えているし。3年前には、死ぬかもしれないとも思い、恐ろしい抗がん剤治療もこなしたんですよ。私は健康なんでしょうか。

先日の手術は、そもそも良性腫瘍で残しておいても害はないものを取り除くことだったので、まあこれはいいでしょう。健康で。では「癌治療をしても健康だ」と言い切れるかと 術後のうとうと横になっている回復時に考えてしまった。

4か月の抗がん剤治療から3年目、実は常に何かしらと副作用とは戦ってきていた。まだ、実際にタモキシフェン口径薬の薬を毎日飲んでいて、微妙な副作用も常にある。抗がん剤の副作用で私が戦っていたのは、キーモブレインと俗に言われる 抗がん剤をした後によく起きる記憶障害、全体に体力がなくなり疲れる、手足のしびれがあり階段が登れなくなる、目が非常に悪くなった、精神的に不安定だったり、髪の毛や傷口に自分の外見に落ち込む。これらの副作用は、徐々になくなっていき、3年たった今、やっとほとんどなくなったんです。

では私は、「私は健康なんです」って胸を張って言えるんでしょうか。

答えは、人それぞれにとらえ方もあると思うけど、往々に、「普通に」生活ができると感じたのなら、「自分は健康だ」と言っていいのだと言う所にたどり着いた。だから、大きなけがや病気をしても、その後遺症や副作用を壁と感じなくなったのであれば、再び健康を取り戻したと言っていい。ただ、その普通というのが、昔の元通りの生活ではなくて、新しい普通が生活スタイルかもしれない。でも、普通だと思えれば、健康だと言って良いのです。

医学の発展のおかげで、私たちは長生きをするようになった。おっと、でもそれは、きっと 人が生きている間に癌になるという確率を増やしていると思う。国立がん研究センターによると、2人に1人が生涯に癌になるという研究結果が発表されている。

私は、36歳の若さで癌になった。乳癌の家系ではなく、煙草も吸ったことがなければ、アルコールは少し、週に5日ほど有酸素運動をしてフィットネスに燃えていたし、庭で野菜を育ててたし、野菜中心の食事を95%以上自炊していた。胸を張って健康だと言っていた。この私が癌になったので、癌というのは いつ誰に降りかかってくるかわからないようなものだと感じている。自分は健康だから、運動しているから、癌にはならないという思いは捨てるべき。逆に、生涯で自分が癌になる可能性は非常に高いと自覚するべきだ。

では、最初の、癌になった後でも「自分は健康である」と言えるのか? 答えは YES。

  1. 癌になる確率は高いと自覚する。自分もなるかもしれないという危機感を持つ。
  2. なので、検査を頻繁にして、早期発見をする
  3. 治療をする
  4. 「普通」の生活に戻る。(新しい「普通」かもしれない)
  5. メンテナンスをしながら生きることこそが「健康である」。

最近ラジオで聞いた Ted Talk(リンク先は英語のみ)で テクノロジーと科学の進歩で、安く、なおかつ簡単に どの部分の癌なのかがわかるような機械が開発中であり、この5年にも市場に出てくるだろうと。そうなれば、早期発見が簡単になり、治療可能な段階でがんが見つかり、多くの人が普通の生活に戻れる。人は癌にはなるものなんだから、体をメンテナンスしながら生きればいい、そういう生き方こそが「健康である」。

癌の治療後、今の私は 再び「健康である」。癌患者さんが読んでくださっているなら、再び健康であると言える日が来ますように、今の治療が効果が出ますように祈っています。

 

Leave a Reply