乳がん 生理 タモキシフェン Tamoxifen  ブログ ファッション 帽子 Yoko Katz キャッツ洋子 キャッツようこ

My periods have changed to horribly heavy periods after chemotherapy and being on Tamoxifen medication for breast cancer.  

Some of you might remember that I was very excited to have my periods back after chemotherapy.  I had been waiting anxiously when it would come back, or it would never come back.  Never come back of these periods meant that I had to face menopause at age of 36.  Could I have another baby?  Would I feel not sexy about myself, while knowing that average menopause is around 50 years old?  I welcomed my periods back to me again with full of happiness!  … that was then…

Nov., 2014: Last chemotherapy

June. 2015: My periods were back

July 2016: … I am complaining that my periods are too heavy for me to go out…

Since my periods started again, it’s been very irregular.  My cycle happens every 40 to 90 days.  But that is not the worst part.  The worst part is that when it happens, the periods are extremely heavy.  It is so extreme that I hesitate to go out.  I use a combination of an “extra super” absorption tampon + a super absorption incontinence pad with maximum volume (or a 10-hour leakage protection periods pad for night time and use it for during day time).  I have to change them every hour, because otherwise, it leaks through cloth.  Every hour.  If I cannot change it for what ever the reasons are, it leaks.  The tampon and the pad are fully soaked.  I double pads, plus I put extra towels underneath on bed, then try not sleep on side way for the night.

At the last check up at my doctor’s office in June, 2016, my doctor sent me for ultrasound of my uterus.  Tamoxifen pills for hormone based breast cancer treatment, which I have to take one pill a day for 5 years, are known to make uterus wall thickened, it could thicken as much as double if the normal thickness.  According to my doctor,  well, theoretically, that very thicker wall sheds off at periods.  It is theoretically plausible to think that the periods must be heavier to shed the double the size of normal thickness wall.  My uterus ultrasound came out to be “normal,” as very thick wall as my doctor expected with Tamoxifen.

When I teach, I hate to be worried about it all the time.  My course meets once a week, but each class lasts for about 3 hours, a break in between.  It had not happened yet, but it would be unthinkable to leak in front of my students in class!!!  How embarrassing that will be…  When I dress with camouflaged patterned skirt or a big pair of pants, that means I came prepared for the just in case leakage.  (well, not always, but it could be!)

乳がん キャッツ洋子 ヒールインヒールズ

This is my favorite pants, but this color will be hard to tell with leakage. このズボンは履き心地がよくて、よく着ているんだけれど、こういう色合いだと、漏れてしまったりしても スポットが見つけにくいので、こういうのを着ていると良い。

I was very excited of having my periods back, but I started to get annoyed about it as I could not have normal activities during my periods.

I could not find any academic/medical research on this topic, but other survivors are discussing about it in a community board here.

(The top picture was taken in Japan early May.  Photo credit to an art-director and Nagoya office hancho Junsuke Iida of  ut-Factory! Nagoya)

せっかく戻ってきて喜んでいた抗がん剤治療後の生理が、憂鬱になるほどに重く、量の多さが半端ないので、外に気楽に出られない。抗がん剤治療後と乳がんの薬タモキシフェン口径薬と生理の話。(一番上の写真は、5月に日本にいたときの写真。ポップでお気に入り。ウェブデザイン会社ut-Factory! Nagoya の支社長でありアートディレクターの Junsuke Iida の写真)

抗がん剤治療後に、戻ってこないかもしれないと覚悟も決めていた生理が ある日戻ってきて とても喜んだものである。36歳にして閉経を覚悟した抗がん剤治療。子供はもう一度産めるのだろうか。36歳は普通の女性はまだ生理が普通あるので、そういう意味で36歳の女性としてのアイデンティティはどうなってしまうのだろうか。心配だった分、生理が戻ってきてとてもうれしかった。

2014年11月:最後の抗がん剤治療

2015年6月:生理が戻ってきた。喜ぶ。

2016年7月:生理が来るのに覚悟して構えてしまう。外に出るのも出られずに。

戻ってきた生理は、とにかく不定期。大体40日から90日ぐらいの間をあけて やってくる生理。不定期なことはまだ我慢できる。最悪なのは、生理がとてもとても重いことである。あまりに重いので、外出するのを躊躇する。

なんと、最も重いとき用の一番吸収率のあるタンポン と、10時間ナイト用生理ナプキンを両方使っても、1時間後には、しみだして したたるほどに 溢れてきてしまうのである。ナイト用ナプキンは、最近は、大人のおむつの尿取パッドを代わりに使ってみている。それでも、1時間ごとに取り換えないと 溢れてしまう。あちこちの椅子に 赤いマークを付けて回る。全く持って恥ずかしい。

寝るときは、ナイト用を2枚おしりの方まで重ねて、そして、ベッドの上にタオルを何枚か重ねて その上で そーーーっと 動かない様に寝る。それくらいひどいのである。

実は、先月の腫瘍内科の先生にあった時に、(再び)重い生理を相談し、先生に進められて 子宮の超音波検査をしてきた。私が5年間にわたって飲み続けないといけない、1日1錠の口径薬のタモキシフェンは、ホルモン系の乳がんの治療法の一つ。このタモキシフェンは、どうやら、子宮の壁を厚くするらしい。大体2倍には分厚くするらしいので、先生曰く、この2倍の壁が生理のたびに剥がれ落ちてくるわけだから、生理が重くなるのは、論理的には(残念ながら)特におかしいことではないとのこと。その子宮超音波検査の結果も、「通常通り」子宮の壁がかなり分厚くなっていて、だから「普通」である との結果。普通で「よかったね、(以上ではなくて)」と言うのか、だから生理が大変なのは仕方がないので困ったね となるのか 難しい結果だった。

私が教える授業は、週に一度教室に集まって 途中休憩を入れて 合計約3時間の授業である。黒板に向かったときに、赤いスポットが出てきていたら 恥ずかしい。やっていられない。何とか、多少漏れちゃっても ごまかせるようなスカートやズボンを履いて、万が一漏れてしまっても と 戦闘態勢で生理中を過ごさないといけない。

確かに、生理が戻ってきてうれしかったんだけれど、まさか こんな大変だったとは。1年経っても、重さが変わらないので、検査までしたけれど タモキシフェンを飲んでいれば通常範囲。まあ 確かに生理が戻ってきたのはうれしいんだけれど、やってられない。

このトピックの医学研究論文は、見つけられなかった。ただ、アメリカの乳がん患者の集うインターネット掲示板では、同じことで悩んでいる人がいるようなのは分かった。後姿で漏れていたら、こっそり 教えてくださいませ。赤くてまぶしいって。乳がん 生理 タモキシフェン Tamoxifen  ブログ ファッション 帽子 Yoko Katz キャッツ洋子 キャッツようこ

Leave a Reply