フェイスブック 妊娠 乳がん
This following is a copy of my facebook post.

24 mins · Edited ·

Keith Kuder breast cancer story

Keith Kuder breast cancer story

I am crying for this blessed family and especially for the mother how it must have been very very difficult in so many layers. この写真を見て衝撃を受け、涙を流す。

I am a mother, too. Now I go through breast cancer treatments.

Pregnancy made me happy, but I was worried many things as my body changed over time. At the early stage of my pregnancy, I thought I caught a cold and I took cold medicine without knowing that I was pregnant. That simple cold medicine that I took once made me so worried for the baby through out my pregnancy. Carrying a pregnancy and pushing a baby out was not always easy, either.

Now, undergoing a mastectomy, taking chemotherapy, what it does to my body, let alone, made me scared. Those are only the physical challenges, but it has been very difficult for me mentally, too.

I cannot imagine those extremely difficult choices the mom had to make for herself and the baby. She would be the one who thought of the baby’s health the most. But she had to do the chemo so that she can be there for the baby as he grows up. I am guessing through my experiences, her heart broken choices or not, she got to do what she had to do at her best whether she was strong or not. I thank them for deciding to document this moment and sharing it with the world.

言葉が無くとも 写真が語りかけてくる。ステージ3の乳がんが 妊娠20週目あたりでわかり、妊娠中に、全摘出と抗がん剤治療をする。妊娠36週目に薬で 早く出産をさせ、彼女の残りの治療を再開する。(子供のためになるべく遅くに、母のためになるべく早くに。)そういう 記事が元の記事。以下は私の思い。

私は、母である。そして、現在は、乳がんで全摘出をして、抗がん剤治療を終え、まだ分子標的治療に飲み薬5年の治療を続けている。

妊娠は、とても喜ばしいことではあるが、日々変わる自分の変化に心配することもある。妊娠だと分かる前に、風邪を引いたのかと思い、風邪薬を飲んだ。ずっ と、その薬の影響が悪く子供に出るのではないかと、妊娠中気が気でなかった。 知らなかったとはいえ、もう後戻りできない。子供を出産するのも容易ではない。

そして、乳がん。全摘出の手術から回復や、何か月にもわたる抗がん剤治療が  自分の身体に与えるダメージの大きさに恐怖を覚える。神経がダメージを受けて、坂道が登れなかった。でも、それは具体的な身体的ダメージだけ。実際に は、精神的にとことん落ちるところは、実際になってみないと想像しがたいものがあるかもしれない。

この写真のお母さんが、どれだけ酷な選択を迫られてきたことだろうか。妊娠と乳がん治療を同時に進めないといけなかったのだ。妊娠中、たった一度の風邪薬 で心配をした妊婦の私。世の中には、妊娠中、体に良いものを食べましょうねと努力する妊婦さんたちが大勢いる。写真のお母さんが、どういう思いで 抗がん 剤を受けないといけなかったことだろうか。彼女は、とにかく、どんなに心が引き裂かれる思いであっても、目の前の治療でベストなことをするよりほかにな かったことだと思う。そう思うと私も胸が苦しい。だからより、この写真の瞬間がまぶしくて涙が出る。この男の子の成長をお母さんが近くで末長く長く見守れますよう に。

 Below is the original post by Keith Kuder’s poste

“This is the definition of strength, love, and pure raw beauty. Mom was diagnosed with stage 3 breast cancer halfway through pregnancy with her surprise gender baby. She had one breast removed and underwent chemo while carrying her miracle baby. She was induced at 36 weeks in order to receive more treatment. Baby BOY was born ready to prove to the world his strength he inherited from his strong mommy. He latched on to her remaining breast all on his own and the room erupted in so many emotions. Breastfeeding is such a sacred bond, and this one just makes my heart break and swell at the same time. I am beyond blessed to have met and gotten to know this woman and her family, and so honored she asked me to be there to document these precious moments. Please share, and continue to pray for this family as they go into their next journey together!”
-Katie Murray Photography

Like + Shares to Show this Mom some Love

4 CommentsLeave a comment

  • 本当に、自分の体に抗がん剤が入っていく間、その間でもどんどん自分のお腹の中で大きくなる子に、どれだけ無事で生まれてと願ったことだろうね。
    この赤ちゃんは本当に強い生命力を持って生まれてきたんだね。

    • 本当ね、小さくって 壊れないようにそっと扱わないといけない赤ちゃんが、抗がん剤の環境の中を育ちぬいて、お母さんに会いに出てきてくれたね。

      将来、抗がん剤の治療が過去のものとなる日が 一日も早く来ますように。

  • 赤ちゃんが一番お母さんの気持ちを胎内で感じてるのかもね。
    もし僕がこの胎内の赤ちゃんだとしたら、このお母さんであったことを幸せに思う。

    • ふわっち
      そうね、体の中で 一緒に お母さんと戦ってきたものね。
      お母さんの 負けるわけにはいかないときだっただろうなぁと。

Leave a Reply